2018/02/14

JUDAS PRIEST 「Turbo」

220px-Judas_Priest_Turbo.jpg  01リマスターJP盤

英国HMバンドの10thアルバム。

完全に後追いです、っていうか、周りの評判に従う形で持つ必要のないアルバムとつい最近まで理解していたアルバムであって、本来なら語る資格もない。

シンセサイズドギターを大胆に取入れて、こんなのプリーストじゃないっていうあの評判のやつね。

でも、「Priest... Live!」で聴くことのできる今作収録の曲たちって、曲としてはぜんぜん悪くないっていうのは昔からおっさんが抱いていた紛れもない事実であったりするわけで、ちょっとオリジナルを聴いてみたくなったから買ったというのがきっかけなんだな。

で、やっぱ思い入れもないわけで、書くべきネタが何もないのも事実だ。

えーいっ、こうなったら他人様の記事をパクっちゃうかっ!!

日ごろから親身にコメントをくださり、私にとってはネット世界における恩師のような存在で、また、新譜や旧譜を買うにあたり必ず参考にする神サイトを運営なさっている某音楽○○様が今作についての記事をお書きになっているので、無許可ですが、リンクを貼らさせていただきます。某音さん、ごめんなさい。

今作の感想はこちらをお読みください⇒The emptydancehall 様

はい、これで終わり、ってこれじゃ盗作じゃん。

今作制作当初は、ダブルアルバムとする予定だったそうで、曲もたくさん書き上げられていたようだ。
だから、旧譜群のリマスター時にそこかしこに今作のアウトテイクがボーナストラックとして散りばめられていたり、次作「Ram it Down」に回された曲やベスト盤で日の目を見る曲や未だにお蔵入りの曲もあるみたいだ。

問題作なのかもしれんが、制作サイドとしては、相当気合が入っていたに違いありません。

狙い通りだったかどうかはわからないが、今作の売り上げは好調だったみたいだし、チャートの伸びがいまひとつだったとしても、何をもって問題作とされるのかがいまひとつわからない現象だよね。
でも、当時のBURRN!誌での酒井康氏によるレビューでは、94点という高得点が点いてたってのはご存知でした?

ディスコ音楽のような音、これがシンセギターか、ドラムも打ち込みじゃねぇだろなって具合な音の①Turbo loverが初っ端に始まるわけなんだが、大仰よりな雰囲気にキャッチ―なコーラスなど曲自体は紛れもないプリーストだよね。うへぇー、シンセ音そのもののギターがギュイーンじゃないな、フゥイ~ンって唸って腰砕けちゃう②Locked in、若かりし自分ならこれ聴いてストップボタン押しちゃうだろうなぁ、メタルゴッドはどこ行った?パワーコードでリフをつくる③Private propertyの拳を握って天高く突き上げることのできる勇壮さにホッとすることしきり。④Parental guidance⑤Rock you all around the world の親しみやすさなんて、のちにプリーストアンセムソングになっても良かったのにね、21世紀のライブで取り上げても盛り上がりそうな曲だけど。大仰に始まる⑥Out in the cold がツアーでの1曲目になるのがよーくわかります、もう、音云々の話は忘れて今作の虜になってても不思議ではないパワーソングだ。⑦Wild nights, hot & crazy daysはバブリー時代を象徴するアリーナロックだね、カッコいいよ。⑩All fired upはアウトテイク。⑪Locked in は86/05/23、セントルイスでのライブ、ってことは30周年ボーナスのライブはこの前日のカンザスシティでのライブだから別テイクだね。

うーん、そうね、やっぱ今作を持ってなくてもライブ盤で収録曲を聴いときゃいいのかな?って言ったら、怒られるかな?