個別記事の管理2017-04-26 (Wed)
actodeath.jpg ★★★ DVD盤

2009年12月のハマースミス公演。

アリス・クーパー(Vo)劇場へようこそ。
アリスの魅力はやっぱりライブ。最高のエンタテイナーだ。

世間評では闇に埋もれている「From the Inside」の世界観がちょっぴり顔を出している最近のライブがこれだ。
だからこそ、ゲットした。

バンドメンバーは、デーモン・ジョンソン(G)ケリー・ケリー(G)チャック・ギャリック(B)ジミー・デグラッソ(Drs)である。

ステージのカーテンが開いてハットから足元まで黒づくめの衣装を纏い、ステッキを手にしたアリスが登場、1曲目は①School's Out②Department of Youthでハットを投げ捨て、若さみなぎる渾身のヴォーカル。ただ、歳とって濁声ぶりが増してはいますけどね。聴けないほど酷い唄では決してありません。
③I'm Eighteenでは、早くもジャケットまで投げ捨てボーン型松葉づえを駆使して熱唱。乗馬鞭を振り回す④Wicked Young Manでのアクションはナチ風ですか?黒子をマイクスタンドで串刺しにすると、アリスが捕らえられて拘束衣を着せられる。で、いつもの⑤Ballad of Dwight Fryへと進むんだが、ストーリー的にはちょっと強引だなぁ。
そして、ギロチン処刑されると、⑥Go to Hellへと雪崩れ込む。黒子に元の衣装に戻されて両手にマラカスを持ったアリスが何ともセクシー。間髪入れずに⑦Guilty、まったく隙がない。若いなぁ。

⑧Welcome to My Nightmareアリスから逃げ回るティファニー・ロウ嬢が登場。キャリコ嬢じゃないのね。
⑨Cold Ethyl では、ティファニー人形とダンス。
⑩Poisonを唄い切ると、ナース・ロゼッタに薬物を注射されて崩れ落ちる。

ここからは役者アリスを堪能せよ。⑪The Awakening~From the Insideでバーボン片手に千鳥足で唄うアリス、後方ではナースがその姿を見ながらメモを取っている。ナースにアリスが連れていかれるとバンドのソロタイム。面白れぇなぁ。⑫Nurse Rozettaに入るとパジャマに車いすのアリスが連れてこられて、その横でナースがグラインダープレイ、この無理やりさが喜劇だ。

⑬Is It My Bodyでナースに掛け合うとナースに逃げられ、忘れ物の聴診器を振り上げて唄うアリスがたまらなく笑える。
⑭Be My Loverでナースが再登場し、スクリーンの後ろで生着替え。脱ぎ捨てられたストッキングをアリスが被って唄いつつ、もう片方のストッキングでナースの首を絞める。一時の静寂から膝にナースを抱えたアリスが椅子に腰かけバラードをささげる。⑮Only Women Bleed、突然ナースを投げ捨てると絞首刑台に連れていかれたアリス⑮~I Never Cryを唄いだす。唄い終えずに処刑されると⑮~Black Widowのインストからバンドソロへと雪崩れ込む。

パワーリフトに乗ったスパイダー・アリスが再登場し、⑯Vengeance Is Mine
⑰Devi's Foodでは小細工なし。
⑱Dirty Diamondsでは、ネックレスを客席に投げ入れる。
⑲Billion Dollar Babiesでは当然、サーベルに突き刺さったお札を客席にぶちまける。金銀財宝に座した赤子の首をサーベルでハネちゃうんだから、もう、R15指定でもいいでしょ。その生首を高らかに掲げながら⑳Killerを熱唱してると、今度はIRON MAIDENに捕らえられて串刺しの刑が執行され、⑳~I Love the Deadでリードをとるのはチャック

㉑No More Mr. Nice Guyで会場が大合唱。
㉒Under My Wheelsでバンドメンバー紹介。
1曲目とは違い、銀ピカの衣装を纏って㉓School's Out (Reprise)を会場と大合唱しつつ巨大バルーンを割るのはいつものお楽しみです。

これは、絶対LOUD PARK 17では実演できない。お願いですから単独を追加でお願いします。
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |