2021/07/25

メタル喰い at ナルトもメンマもないけれど in 関内ラーメン横丁

すっごく久しぶりに関内に用があったので、帰り道にラーメンでもつつくかってことで、ふと目に飛び込んできたのが関内ラーメン横丁という文字。

ラーメン甲子園とかの類はよく見かけるが、ちょっと行ってみたくなって、一等地にありながら今まで入ったこともないビルの6階へと誘われた。

横丁とはいえ、ラーメン店は4つしかない。

汁なし担々麺系が食べたかったが、定休日だったりでナルトもメンマもないけれど。に決定。

店主さんはラーメン界の異端児だそうで、ファンも多そうな雰囲気。

看板には、広島ラーメンと書いてある。聞いたことないフレーズですが、説明文には豚骨ベースのようなことが書いてある。メニューもラーメンのみというシンプルさ。まあ、いいや、1杯800円のラーメンを注文。黙って食べます。


KIMG0177202007181.jpg


うまい!!これは、うまい。甘口の醤油でしょうか?まろやかな豚骨で、昔流行ったポタージュ系豚骨のようなイメージですが、こっちは獣街道まっしぐら、ガツンとくる豚骨。かと言って、やさしいまろやかさがある。大大大満足の一杯でした。

チャーシューはハムのような感じで、麺は特に何も主張してきませんでしたけど、異端児が店主なんだから、きっとこだわりはあるはずだと思います。


続いて、帰りは京急で帰るので日ノ出町に足を延ばして、たつ屋全部のせ豚骨ラーメンを食す。


KIMG0176202007182.jpg


こっちは、個性が引き立つものではなく、ごく普通の豚骨。しっかし、おっさんにはちょっとしょっぱいかな。でも、おいしい。空腹時には、至極の幸福感を味わえるんではないでしょうか?席には、自由に食べていいおつまみが置いてあったりしたので、のんべえ向きのお店かもね。



極めつけは、伊勢佐木家G郎ラーメン


KIMG018120201223.jpg


これって、この店のご近所に位置するラーメン二郎のインスパイアですよね?これ以上は、ノーコメント。おっさんは、家系は嗜好には合ってないみたいです。



口直しに日の出ラーメンガッツ麺デラックス


KIMG019120210203.jpg


混ぜろ!混ぜろ!混ぜろーーーー!!うんめぇーーーーー!!


ごちそう様でした。