個別記事の管理2014-07-12 (Sat)
遂に長年愛用していたミニコンポが壊れてしまった。

使っていたコンポはケンウッドのAVINO(RD-VH7)

おっさんは小市民であって、オーディオに金はかけない。
当時使っていたパソコンがSOTECだったため、デザインが一緒だったということと併せ、HDCDが聴けるというふれこみだったのでこれにしたが、これで充分だった。
ちなみにHDCDが聴けるからと言って、HDCD規格のソフトでないとその効果はないので、他機種より音が良いなどということはなかったと思います。ちなみに、HDCD規格のソフトで出てるアルバムなんてちょびっとしかありませんでした。

大学を卒業後に購入したからもうかれこれ20年も使っていたことになる。
数年前から突然スピーカーから音が出なくなるという現象に悩まされていた。
どうもスピーカー端子の接続が内部で不具合を起こしてるみたいで、端子ごとグリグリやれば直っていたが、もう限界でした。

そこで、またケンウッドを買ってしまった。

KC3H0002.jpg

今度はK-531

おっさんはコンポに金をかけない。
決め手は、価格ドットコムでの満足度ランキングと安さである。こだわりは特にない。
通販で買えば、送料・税込で24000円だったが、何せすぐに手元に置きたい性質なので、近所のヤマダ電機で29700円で買った。
5000円も余分に払うのはやっぱり癪に触るので、ポイント付かずの29800円のところ、ポイント付けてさらに100円まけてもらった。ありがとうヤマダさん。

今、IRON MAIDENの「The Number of The Beast」を聴きながら記事を書いている。
いいんじゃない?AVINOよりは格段に進歩してると思うし、何より音質調整でAVINOではBASSとTREBLEしかいじれなかったが、この機種ではMIDとD-BASSもいじれるようになってんじゃん。
いじりまくって自分好みの音でメタルを聴いてます。

おっさん最後の機種になるんだろうな。

終活としてのレビューをこのコンポでガンバロっと。
Theme : 音楽のある生活 * Genre : 音楽 * Category : 暮らしの日記
* Comment : (0) * Trackback : (0) |