個別記事の管理2014-09-22 (Mon)
angralive.jpg ★★ GER盤

2013年サンパウロでのライブ。

おっさん、実はバンドが空中分解した後のANGRAには興味を失っていて、新たなヴォーカル加入後の再スタートも後追いだったんですよね。何せ、アンドレ・マトスのSHAMANが良かっただけに...。

過去にライブ盤は「Holy Live」を持っていたが、食傷気味だったんでリストラしてしまいました。
そんな中、出たライブ盤がこれ。
ヴォーカルはRHAPSODYのファビオ・リオーネ(Vo)ときたもんだ。

地元でのライブということで、会場の熱気は熱い。会場の煽りからD1-①Angels cryがスタートするわけだが、これキー下げてるよね?ちょっと違和感。ファビオのヴォーカルは無難だが、苦しそうな部分も当然あるね。そんなに無理してメタルスクリームを絞り出さなくてもいいのにって。ファビオはゲストミュージシャン的な扱いなんでしょうか?バンドもファビオに気持ち良く唄ってもらおうとしてるのか、すごく丁寧にプレイしてるように聴こえます。逆にそれがリハーサルっぽく聴こえてしまうのはおっさんだけでしょうか?D2-②Stand awayでは、元NIGHTWISHのターヤ・トゥルネンが登場し、まるでオペラ歌曲を聴いているかのような演出になる。この演出いる?まあ、20周年を記念してのものなんだろうな。ターヤD2-③Wuthering heightsでも唄ってます。

おっさんはアンドレ時代のライブを98/12/05の東京厚生年金会館で実体験してるだけに、何かあの時の興奮から考えると物足りなさを感じてしまうライブ盤でした。

まあ、無難なライブ盤といったところですが、鬼気迫る迫力みたいなのは皆無かな。
今度、「Rebirth World Tour」のライブアルバムでも買ってエドゥ・ファラスキがヴォーカルのライブと聴き比べてみよっかな。
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |