個別記事の管理2014-11-03 (Mon)
220px-Accept_-_Restless__Wild.jpg ★★★ 08リマスター/ARG盤

ドイツ産正統派メタルバンドの4thアルバム

前作「Breaker」で鋼鉄正統派HMへと大きくイメチェンして成長をとげた後の第2弾がこのアルバムということである。

もうすぐACCEPTが来日する。
セットリストを確認すると、当然新作「Blind Rage」からの選曲が多く、続いて多く選曲されているアルバムはこのアルバムからのようだ。
現在セカンドギタリストとして活躍しているハーマン・フランク(G)はこのアルバムから参加している。

代名詞とも言える曲①Fast as a shark、ラジオから流れる民謡からチューニングを変えると、かな切り声のスクリームに続いて光速リフが繰り出される、リフは単純明快なフレーズ、コーラスはライブでも大合唱になること間違いなし、けっこう速くて長いんで着いてこられるように練習しとかなきゃね。②Restless and wild、リズミカルなリズムとパワーコードのリフに続いて会話調の歌メロが続くかと思いきや怒鳴り声だかガナリ声の絶叫が繰り出される、サビのコーラスは勇壮だ。③Ahead of the packもまたコーラスで叫ぶところがあり、この曲は2014年のツアーでもプレイしているので、これまた覚えておきましょう。④Shake you heads、重いギターリフレインがツインギターで奏でられ、これまた重いリズム隊が軍隊の行進するブーツの足音のように刻まれていく、ソリッドなギターリフがザクザク入ってきたら歌メロのスタートだ、様式美を感じちゃう雄大な曲だな。ムーディーなギターアルペジオで始まる⑤Neon nights、メロウな雰囲気をぶち壊すかのように邪悪なひずんだギター音が割り込んでくる、ドラムの合図でミドルテンポのリフがスタートします、全体的に重い曲ですが、ギターメロディは哀愁に満ちています。⑥Get readyではウド・ダークシュナイダー(Vo)の高音域歌メロが終始して、HMの権化としてのヴォーカルを楽しめます。⑧Flash rockin' manのドライヴ感あふれるリフはクールです。叫ばずにはいられない男気あふれる⑩Princess of the dawn、クラシック曲のフレーズを曲中に挟んでいます。

このアルバムの音の悪さは史上最悪レベルじゃないかってくらいのものだった。
折角の質のいいアルバムを台無しにしていたので、リマスターに当然買い直した。その結果、印象は変わった。
ただし、劇的なほどのクオリティアップにはなっていないと思います。
まあ、聴けるアルバムになったなと。

音圧は若干上がり、各音の分離もやや良くなった気がするが、音像がクリアになったかというとそうでもなく、こもり感は残っているように思えます。
マスターの段階で録音状態が悪かったんだろうからこれ以上の進化は望めないでしょう。
ACCEPTの肝であるソリッド感は、ギターにおいては伝わるように改善されていると思います。
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |