個別記事の管理2014-11-19 (Wed)
先日、RIOT「Unleash the Fire」を購入した。

おっさんが新作アルバムを買うときは決まって輸入盤だ。

購入先はアマゾンのときもあるが、大抵はレコファンでとなる。

値段を見てビックリこいた。¥2100もする。

日本盤との差は500円じゃないの。

つい最近までは輸入盤なんか、1600円で買えたのに。

まだ円安は進むんだろうか?

円高不況はごめんだが、CDコレクターにはうれしくない方向ですね。
Theme : 音楽的ひとりごと * Genre : 音楽 * Category : 暮らしの日記
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

No title * by おれめたる
こんにちは。

興味深い記事だったのでコメントさせてもらいます。
円安本当にこわいですよね。
私も輸入盤をよく買うのですが今は本当に値段が高いです。
国内盤買おうか迷っちゃいます。
それでも国内盤が出ないようなCDがあったりするんで涙を飲んで高い金払ってます>_<

ありがとうございます * by フライヤーズポンタ
おれめたる様
コメントありがとうございます。
クオリティは断然日本盤がいいし、久しぶりにライナーノーツを読むとその時の時代背景なんかが思い出されてけっこうおもしろいんですが、何せ邦盤は高い。
過去の名盤を廉価盤として出すのが企業努力の賜物なんでしょうが、新作こそ安くしてほしいですよね。