個別記事の管理2014-11-25 (Tue)
Are_You_Experienced_-_US_cover-edit.jpg  93リマスター/リイシューUS盤

ギター革命児ジミヘンの1stアルバム

ジミヘンとの出会いは、LED ZEPPELINを聴くようになってギターヒーローを追求してみたくなった時からだろう。
HMとは遠い存在だが、ジミヘンがいかにしてギター革命児として尊崇されているのかをチェックしてみたくなるわけである。
ジミヘンがシーンで活躍してたのは短期間であり、彼の死後、色々な解釈がされてアルバムも色んなヴァージョンがあって消費者を悩ませる。
発表当時も英盤と米盤では選曲も曲順も違っている。
おっさんが持っているヴァージョンは英米盤を混ぜて、曲順を変えて、シングルB面曲を追加した17曲入りのものです。

結論から言うと、ギターを弾けないおっさんにとってジミヘンは鳥肌が立つほどの革命児かどうかは判然としない。
ただ、映像を観る限り、やっぱり凄い。ギターをまるで自分の体の一部のように駆使する狂気じみたプレイはきっと神懸かり的なんだと思います。
ジミヘンだけを注目する傾向があるが、実は周りを固めるプレイヤーたちも凄いんです。
この時代はジミヘンに限らず、どのバンドも個々のプレイヤーが職人なんですよね。そして、バンド内で火花を散らすみたいな、ね。

①Hey Joeジミ・ヘンドリクス(Vo/G)は決して上手いシンガーだとは思わないが、低音でセリフのように唄うメロディーがけっこう味があって、おっさんは好きです、この曲はギタープレイよりもノエル・レディング(B)のベースラインとミッチ・ミッチェル(Drs)の叩き方のパターンの多い小気味よいドラミングこそが主役だと思います。②Stone free、カウベルに乗って弾かれるジミのギターリフが印象的。③Purple hazeメタルファンなら誰でも知る曲、リフ進行がメタルっぽいんでしょうね。④51st anniversaryは③のシングルB面曲、これアルバムに入れない方がいいと思います。⑤The wind cries Maryは物静かな曲なんですけど、ジミが弾くコード進行が素晴らしい。⑥Highway chileはチョーキングで攻めまくる曲。⑦Foxy lady、この曲が最もサイケ調かな?⑧Manic depressionもドラムリズムがドカドカうるさくて大好きです。⑨Red houseAEROSMITHジョー・ペリーライブでよくカヴァーする曲、ブルージーこの上ない。⑪Love or confusionはエコーのかかった歌メロと印象的なフレーズの多いギターワークが特徴。⑫I don't live todayジミが繰り出すギターの一音一音がきれいなこと、どう表現していいかわかりません、リズムも身を委ねて聴くには最高なんだよね。⑭Fireはこ気味良いリズムの曲で、低音がすごく響くベースラインとディストーションのあまりかかってないジミの乾いたギターが対照的で不思議なんだよね。⑮Third stone from the sunはナレーションのようなものがあるインスト曲、派手ではないんですが、やっぱりリズム隊が目立ちます。⑰Are you experienced ?では逆回転テープが多用され、トリップ感がたまりません。
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |