個別記事の管理2014-12-11 (Thu)
220px-Demons_and_Wizards.jpg ★★★ 93リマスターJP盤

70年代ブリティッシュHRバンドの4thアルバム

よく70年代ブリティッシュHR3大バンドと言われ、BLACK SABBATH、DEEP PURPLE、URIAH HEEPが取り上げられる。

おっさんがヒープに出会えたのは、BLIND GUARDIANハンズィ・キアシュのおかげである。
ブラガが「Imagination from the Other Side」で①The wizardをカヴァーしてくれたからである。
ちなみに、GAMMA RAYも“Look at yourself”をカヴァーしてますが、ブラガの方が圧倒的にヒープの良さを伝えていたような気がします。まあ、決定打といったところでしょうか。
こうやって、過去と未来がどんどんつながっていくのもメタルの魅力なんでしょう。

①、アコギが奏でるメロディに誘われてヒープ風ファンタジックワールドに突入です。②Traveller in time、バンドアンサンブルに隙がないんだよね、オーケストラでもないのにただのHRバンドがよくこんな曲構成ができますね、緻密です。③Easy livin'の主役はキーボードなんだけど、派手なことはやってません、あくまで歌メロが曲表現の肝となります。オルガンの音色に導かれて⑤Circle of handsがスタート、まるで教会音楽のようで目をつぶりたくなること請け合い。⑥Rainbow demonはヒープ風暗黒世界で、重苦しい雰囲気の曲。⑦All my lifeではツインギターが主役となる。⑧Paradiseでは、アコギがコード進行を爪弾くんだけど、その裏を支えるゲイリー・セイン(B)のベースがもう凄いんだな、ベースの単音が伸びやかなんだよね。で、その余韻に浸る間もなく、前曲にかぶせるように軽快なロックンロール曲⑨The spell がスタートしたかと思うと、いつの間にか曲がメロウになって、コーラスに合わせて弾かれるギターメロディーで雰囲気がガラッと変わります。
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |