個別記事の管理2014-12-13 (Sat)
220px-DioHolyDiver.jpg ★★★★ JP盤

BLACK SABBATHを脱退したロニー・J・ディオ(Vo)が自身のバンドを立ち上げて制作した1stアルバム

若手のギタリスト(現DEF LEPPARDのヴィヴィアン・キャンベル)をバンドに据えて、正統派HMとしてのディオ・ワールドを追求してBLACK SABBATHよりもよりストレートな、どちらかというとRAINBOWで提示した様式美をコンパクトに表現するメタルに仕上がっていると思います。

コッテコテのHMリフが刻まれてリズム隊が重いリズムを叩きつけてくる①Stand up and shout、RAINBOWでも一緒に様式美HMを構築していたジミー・ベイン(B)ここにありというベースラインも劈く、ギターソロが若さあふれててカッコいいね。風の音に耳を澄ますと妖しいキーボードの音色、テンポの遅い重めのリフが始まるのはタイトルトラックでもある②Holy diverだ、スローテンポの中でヴィニー・アピス(Drs)が小技を随所に入れてくる。オルゴールのような音色でギターアルペジオが奏でられる⑤Don't talk to strangersディオの美しくも物悲しい歌声を聴かせてムードを高めておいてディオのスクリームとともにメタルワールドへと突入、これぞメタルだ。重いリズムとリフの⑥Straight thgough the heart、リフにちょいちょい入れてくるピッキングハーモニクスなんか若いねぇ~、この頃はギター奏法をみんなで競うような風潮があったもんね、こういうのを許しちゃうディオは懐が深い。⑦Invisible、腹から絞り出して唄うディオのこういう唄い方好きだなぁ。キーボードの音色が目立つ⑧Rainbow in the dark、正統派です。オオカミ(コヨーテ?)の遠吠えからギターが怪しいメロディを奏で、重いリフが始まる⑨Shame on the night、もうディオの説法を聞いてるような楽曲群のたたみかけで、お腹いっぱいです。

とにかく、ディオの歌声はパワフルだ。
おっさんはディオの生声をライブで体験したことはない。何度か機会があったにもかかわらず、スルーしてしまった。
ディオはもうこの世にはいない。
ライブを体験できなかったのは、おっさんの痛恨の極みです。
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

これも名盤ですね * by グラハムボネ太郎
DIO、素晴らしいです。私は3作目までは間違いなくお気に入りです。4枚目もいいですけどね、その後がアカンです

メタル最高 * by フライヤーズポンタ
自分は、初期3枚でジエンドでした。

5枚目以降は聴かず嫌いということもあるんですが...。

うーん、情けない。