個別記事の管理2015-01-20 (Tue)
表現の自由というものは当然のこととして、タブーというものもあるはずだ。
人を逆なでする表現、それはすなわち言葉の暴力じゃないか。

尊い犠牲はあったが、発行部数を大幅に伸ばしたことはつまようじ君と一緒じゃないか?

報復の連鎖が止まりそうもない。
これはもうヘイトスピーチを通り越して宗教戦争の再来を想わせる。

かつて、大東亜共栄圏を目指したわが日本も対岸の火事として黙認しているわけにはいかないはずだ。
近い将来の我が家の火事に備えよ。
島国に単一民族として暮らす日本人にとって宗教対立ほど理解しがたいものはない。

そんな人にお勧めなのが、この映画だ。

200px-Mist2007.jpg

日本では2008年に公開されたスティーヴン・キング原作のホラー映画
「ミスト」

キング原作だから面白そうだと思って、暇つぶしに観たらぶったまげた。

あらすじは、アメリカの田舎町の裏山に軍の施設があって、そこから濃い霧が立ち込め、霧に覆われた町で住人達が次々とモンスターに食い尽くされて... という内容。
コッテコテのスプラッター・ホラー映画なんだが、ストーリー展開が目まぐるしく、かつ、様々な人間関係に考えさせられるという人間のモラルを問う内容にもなっていて、視聴者を考えさせる趣向がコンセプトとなっている。

ただの隣人トラブルから、職種間、宗教・宗派・思想、男女間、家族愛、夫婦間、魔女狩り裁判、扇動、リーダーシップ、団結、助け合い、裏切り、もう避けて通りたいトラブルばかりで疲れること間違いなし。

そして、衝撃の結末!!「え!?」
因果応報か、自業自得か、こんな結末は誰も想像し得まい。

人間ほど愚かな生き物は他にいるまいて。でも、そんな人間が大好きです。

博物学者たちは、DNA研究の最新化によって亜種を別種扱いしたがる。例えば、ホンドタヌキとエゾタヌキは亜種違いであって、これが別種だとしたら変だろ?
人間はHomo sapiens sapiens しか存在しない?どう見ても各人種は亜種違いに思えるが、DNA研究が進めば別種扱いになるのか?
科学としてカテゴライズするからややこしくなるんだ。

同種の人間としてお互いをリスペクトしようよ。って、おっさんの主張でした。
Theme : ★おすすめ映画★ * Genre : 映画 * Category : 暮らしの日記
* Comment : (0) * Trackback : (0) |