個別記事の管理2015-01-29 (Thu)
TroubleOriginal.jpg ★★ JP盤

パープルファミリーによるロックンロール・バンドの3rdアルバム

バンド名義になってからの1stアルバムなんだろうけど、おっさんはあえて、WHITESNAKEはデイヴィッド・カヴァデイル(Vo)のバンドなんだから、ソロ時代も含めての3rdアルバムとします。

DEEP PURPLEを脱退し、ソロで手応えを得たカヴァデイルは、旧友のジョン・ロード(Key)をキーボードに据えてバンド名義で再出発する。
アクセントの利いたキーボードのフレーズを随所に配したロックンロール・パーティーアルバムに仕上がっている。

メタルロックンロールと呼びたくなるウネリの利いたロックンロールの①Take me with youニール・マーレイ(B)のまろやかでいて縦横無尽なベースプレイが大好きです、次作以降もこのバンドには欠かせないベーシストと言えるでしょう。カヴァデイルお得意のラブソング②Love to keep you warm、いつの時代でもこれと似たような曲をたくさん唄ってます。サビのコーラスが明朗な③Lie downでは誰かとヴォーカルを分け合ってますね。④Day tripper はTHE BEATLES のカヴァーでテンポは遅めで、トーキングモジュレーターを使ったソロがある。⑤Nighthawk は疾走曲であって、歌メロでの息遣いが難しそうな曲で、ジョンによるキーボードソロが最大の見せ場。⑥Trouble はギターソロが秀逸な重厚なHRソング。⑦Belgian Tom's hat trick はインスト曲。⑧Free flightで唄うのは、バーニー・マースデン(G)カヴァデイル並みにけっこううまい。⑩Don't mess with meでは、息の合ったツインリードギターが聴ける、キンキンのロックンロールだ。
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |