個別記事の管理2015-02-22 (Sun)
220px-Iron_Maiden_-_Iron_Maiden.jpg ★★★★★ 98リマスターJP盤

ブリティッシュHMバンドの1stアルバム。

70年代後半、HRは古いという評判が定着していたイギリスで、ある種の革命が起きた。
誰が元祖かはあまり興味ないが、New Wave of British HM というムーヴメントを画策した人たちとバンドたちが競ってHM界に新風を吹き付けた。
そんなバンドたちのいちバンドに過ぎないのが IRON MAIDEN なのだが、このデビューアルバムの衝撃度は凄まじいものがあったに違いない。
おっさんは完全に後追いなんで知る由もないが、この衝撃を体感してみたかった。

目まぐるしく変化する曲展開、曲のテンポをより速く、そして、攻撃的にプレイする新たなスタイル。
何から何まで目の覚めるような輝きを見せているのである。

とりわけ、メイデンのこのアルバムは歴史的に見ても、名盤と呼ぶにふさわしい魅力が詰まっています。

右側のスピーカーからはザクザクの小気味良いギターリフが、続いて左側からはロングトーンでギターフレーズが、と同時に中央からはベースとドラムの叩きつけるようなリズムが聴こえ、酔っぱらいの咆哮のような歌声が始まる①Prowler、このカッコよさはメタルキッズであれば誰もが心酔したことだろう。②Sanctuary はオリジナルにはなかったが、リマスター後に追加されたもので元々はB面曲、オリジナルを知る人でも何ら違和感を感じないと思います、元々ここにあったようにすんなり受け入れられます。③Remember tomorrow は静と動が織りなすドラマチックな曲。ドラムビートに誘われてベースがリズムを奏でると④Running free のスタートだ、コーラス部分はライブ会場で大合唱される。⑤Phantom of the opera のリフは超高速だが、途中でガラッとテンポが遅くなって表情が一変する。⑥Transylvaniaはインスト曲ですが、単なるギターソロとかではなく、ちゃんと起承転結のある曲となっています。⑦Strange world のプレイは凄い、2本のギター、ベース、ドラムがメロウにプレイするということは統一されているんだが、それぞれがまったく違う手法で、空間の隙間を邪魔することなく埋めていく、こんなのただの不良にできねぇよな。⑧Charlotte the Harlot の後半に向かってどんどんテンションが上がっていくところはスリリングだ。⑨Iron maiden はこのバンドのテーマ曲みたいなもの。

ブルース・ディッキンソンが舌ガンだって聞いたからメイデンを選択したが、なんでこのアルバムになったんだ?
このアルバムのヴォーカルはポール・ディアノ(Vo)です。
若い方はお間違えの無いように...。
ブルースのガンは初期だったようで、完治するそうです。あー、良かった。
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-02-21 (Sat)
2015年に日本でOZZFESTが開催される。

皆さんは、顔ぶれをどう予想されますか?

2015/04 にブラジルでMONSTERS OF ROCKが開かれるらしいが、このラインナップが凄い。

morbrazil.jpg

もう既に日本に来てしまったバンドばかりじゃん。


さあ、シャロン・オズボーンさん、引き連れてくるバンドはもう決まりましたか?

BABYMETALは、OZZFESTとLOUD PARK、SUMMER SONIC、どこがゲットしますでしょうか?

おっさんは、予言します。
OZZFEST 2015のトップバッターはふなっしー です。
Theme : 音楽的ひとりごと * Genre : 音楽 * Category : 暮らしの日記
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-02-20 (Fri)
220px-Kiss_first_album_cover.jpg ★★★ 96リマスターJP盤

アメリカンHRバンドの1stアルバム。

AEROSMITHQUEENとともにHR御三家として70年代中期に日本で絶大な人気を誇っていた。

おっさんはキムタク世代だが、KISSをリスペクトする人って、なぜか、おっさんより半回り上の世代の人たちなんだよね。
なんでそうなってるかわからんが、「Young Music Show」が放送されたのが77年であって、おっさんは当時5歳、半回り上の人たちは11歳。
そうか、中学生になってた人たちがリアルタイムにあんな番組をNHKで観せられてしまったからなのか?
HR御三家を知るおっさんと同じ年代の連中はみんな後追いということになるんだな。なるほど。

短いドラムフィルからハードドライヴィングな①Strutterで幕を開ける、AEROSMITHともQUEENともぜんぜん違う乾いたHR曲をたたみかけてくる、エース・フレイリー(G)が弾くソロはこの当時の少年たちのギターヒーローだったってことがよくわかる。ジーン・シモンズ(Vo/B)がヴォーカルを取る②Nothin' to loseでのコーラスなんか、どこかTHE BEATLESを想わせる、ピアノも鳴るところなんか60年代ロックンロールの雰囲気だ。④Cold gin でのヴォーカルもジーン、ミドルテンポのギターリフが際立つ曲だ。リズミカルなHRソングの⑤Let me knowでは、ポール・スタンレイ(Vo)ジーンがヴォーカルを分け合っている、終盤に超カッチョいいギターフレーズが聴こえてきて、ここからギターソロかなんて思ってるとフェードアウトしてしまって残念。ライブ映えしそうな⑥Kissin' timeでは、ピーター・クリス(Drs)も唄ってるみたいで、3人のヴォーカルを楽しめます。⑦Deuce のメインヴォーカルはジーン、え!?、もしかしてKISSのメインヴォーカルってジーンですか?おっさんはポールのセクシーヴォイスが大好きなんですけど...。⑧Love theme from kiss はインスト曲で、タイトル通り本当にテーマ曲のような感じで、核となるメロディがリフレインする。ベースリフから入る⑨100,000 yearsポールがメイン、途中で短いドラムソロとギターの掛け合いみたいなのがある。⑩Black diamond のメインはピーターって、目立ちたがり屋が多いバンドなんだな、最後はギターソロで大々的に終わり、大音量の雑音がディレイ効果で遅くなりつつフェードアウトしていく。
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

私はkissin' time好きですなぁ * by グラハムボネ太郎
それずっとにしても1stなのにこの出来は凄いですよね。音ではなく曲の話。ここから40年も演奏してる曲多いし。
今回は参戦出来ないんですけど、行きますか? 行ったらレポお願いします。

メタル最高 * by フライヤーズポンタ
グラハムボネ太郎さん、こんにちは。

KISSのライブには行きません。
会場で一緒にコーラスに参加したいところですけど...。

車中で歌うこととします。

個別記事の管理2015-02-19 (Thu)
220px-Scorpions-Fly_To_The_Rainbow.jpg ★★★ GER盤

ドイツ産HRバンドの2ndアルバム。

デビュー時にはマイケル・シェンカーが在籍していたが、このアルバムからギターはウリ・ロート(G)となる。

別にウリ信者じゃないんで、大袈裟に言うつもりはないが、このバンド周辺には凄いギタリストがいっぱいいるもんだ。
ウリは凄腕ギタリストとして取り上げられることは当然だが、おっさんはウリの歌声も好きだったりする。

2ndアルバムでは、まだ模索中、過渡期として方向性が定まっていないような捉え方をされるが、ここでもいいメロディが聴けるし、日本の昭和歌謡に通じる哀愁を帯びた曲調も詰まっていると思います。

①Speedy's coming はタイトル通りの疾走曲、クラウス・マイネ(Vo)の高音シャウトが凄いね。アコギをピアノのように奏でるテクで始まる②They need a millionでは、メインがエレキに替わるとカルメン/フラメンコ曲のようなものになっていきます。③Drifting sunでヴォーカルを取るのはウリ、この人が唄う曲はいっぱいあるが、大体が妙な曲なんだな、たぶん、ジミヘン好きが高じてのことだと思うんですけどね、プログレっぽい曲展開であって、こういう曲があるからこのアルバムの印象がわかりづらいものになってるんだろうな。マイケルが作曲に関わった曲は、演歌にしか聴こえない④Fly people fly、朝靄の中に朝日が差し込んでくるかのような情景を思い浮かべるイントロのメロディーが美しい⑥Far away、これまた朝起きて「今日も頑張るぞー」って自分に言い聞かせるような元気づけメロディーをイントロに持つ⑦Fly to the rainbowの3曲みたいです。

うーん、やっぱりマイケルは天才だ。
おっと、2015/02 にウリ時代のSCORPIONS曲をプレイするライブを日本でやるウリに焦点を当てようとしてた記事だったっけか。
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-02-18 (Wed)
220px-ShoutattheDevilCD2.jpg ★★★ JP盤

LAメタルバンドの2ndアルバム。

2015/02 に解散ツアーが日本で行われた。
皆さん、どうでしたか?
さいたまスーパーアリーナ2daysは埋まってましたか?

不良バンドを絵に描いたかのような彼らは、VAN HALENに憧れて、その聖地であるLAにアメリカンドリームを夢見て集ったそうな。
そんなバンドが多くいたもんだから、そこからLAメタルなるムーヴメントが巻き起こり、そのままMTVメタルというアメリカでのメインストリームへと発展していくこととなる。
そう考えたら、VAN HALENの果たした役割ってのは大きなものだったんですね。

ライブの始まりを告げるようなSE①In the beginning から重めのギターリフと“Shout! Shout!”という雄叫びが聴こえると②Shout at the devil の始まりだ、歌メロは金切り声のような高音でまくしたてる、アメリカンパーティーバンドから、実はとっても重いリズムだということに気づくだろうか?③Looks that kill は、拳を振り上げつつリズムをとりたくなるザッキザキのギターリフが印象的、解散ツアーでも前半でプレイされているみたいで、皆さんも“She's got the looks that kill”って叫んだことでしょう、ライブ映えする曲だ。④Bastardでは、イントロでドラムロールからギターハーモニクスのフレーズが疾走するファストチューン。⑤God bless the children of the beast は、オルゴールのような音色をもつインスト曲。⑥Helter skelterはTHE BEATLESのカヴァー。⑦Red hot は、ドラムイントロが長く、ドラムが超目立つ曲、こういうのを聴くと、トミー・リー(Drs)がいかにこのバンドに必要かってのがよくわかる。⑧Too young to fall in loveではコーラスがやたら目立つが、2ndアルバムだからしてまだチープさがあるな。⑪Danger は、トミーのドラミングが聴きごたえ十分なバラード、ヴィンス・ニール(Vo)の歌もうまいんだか下手なんだか微妙な個性で味があるとでも言っておきましょうか。
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |