個別記事の管理2015-02-18 (Wed)
220px-ShoutattheDevilCD2.jpg ★★★ JP盤

LAメタルバンドの2ndアルバム。

2015/02 に解散ツアーが日本で行われた。
皆さん、どうでしたか?
さいたまスーパーアリーナ2daysは埋まってましたか?

不良バンドを絵に描いたかのような彼らは、VAN HALENに憧れて、その聖地であるLAにアメリカンドリームを夢見て集ったそうな。
そんなバンドが多くいたもんだから、そこからLAメタルなるムーヴメントが巻き起こり、そのままMTVメタルというアメリカでのメインストリームへと発展していくこととなる。
そう考えたら、VAN HALENの果たした役割ってのは大きなものだったんですね。

ライブの始まりを告げるようなSE①In the beginning から重めのギターリフと“Shout! Shout!”という雄叫びが聴こえると②Shout at the devil の始まりだ、歌メロは金切り声のような高音でまくしたてる、アメリカンパーティーバンドから、実はとっても重いリズムだということに気づくだろうか?③Looks that kill は、拳を振り上げつつリズムをとりたくなるザッキザキのギターリフが印象的、解散ツアーでも前半でプレイされているみたいで、皆さんも“She's got the looks that kill”って叫んだことでしょう、ライブ映えする曲だ。④Bastardでは、イントロでドラムロールからギターハーモニクスのフレーズが疾走するファストチューン。⑤God bless the children of the beast は、オルゴールのような音色をもつインスト曲。⑥Helter skelterはTHE BEATLESのカヴァー。⑦Red hot は、ドラムイントロが長く、ドラムが超目立つ曲、こういうのを聴くと、トミー・リー(Drs)がいかにこのバンドに必要かってのがよくわかる。⑧Too young to fall in loveではコーラスがやたら目立つが、2ndアルバムだからしてまだチープさがあるな。⑪Danger は、トミーのドラミングが聴きごたえ十分なバラード、ヴィンス・ニール(Vo)の歌もうまいんだか下手なんだか微妙な個性で味があるとでも言っておきましょうか。
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |