個別記事の管理2015-02-26 (Thu)
220px-Livecreamii.jpg ★★ US盤

68年3月と10月にサンフランシスコとオークランドで録音されたライブアルバム。

サンフランシスコで録音されているあたり、この時代、いかにサンフランシスコがフラワームーヴメントの聖地だったってのがよくわかる。

Wheels of Fire」のライブ盤では満足できませんっていう人が進むアルバムなんでしょうね。
やってることはほとんど変わらないんで...。
って言うか、④と⑥に至っては同日テイクの曲だし、同じ場所で録音されてた「Wheels of Fire」のアウトテイク集だと思ってもいいんでしょう。

こっちは、そんなに曲が長くなってません。

①Deserted cities of the heartエリック・クラプトン(Vo/G)のワウペダル奏法がそのまんま再現されている②White room③Politician が3rd「Wheels of Fire」収録曲。トリオ編成でこんなに音を立体的に繰り出せる凄さが伝わってくる④Tales of brave ulyssesと会場のヴォルテージが一気に上がる⑤Sunshine of your love が2nd「Disraeli Gears」収録曲。⑥Steppin' out はブルーズ・インストソングのカヴァー。

短命で終わったスーパートリオのライブがちゃんと録音されていて、世に発表されているのは大変喜ばしいことだと思います。
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |