個別記事の管理2015-02-28 (Sat)
Janis_Joplin_-_In_Concert.jpg ★★★ US盤

68年に行われた BIG BROTHER & THE HOLDING CO. と70年に行われた FULL TILT BOOGIE BAND でのライブ音源。

臨場感がハンパない出来のライブアルバムで、魂の叫びを聴きたければこのアルバムということになる。
プレイの出来不出来を言ったら切りがない。
彼女が残した名曲をベスト選曲で集めたオムニバスであって、まあ、手っ取り早い。

①Down on meから ⑧Ego rock までが、BIG BROTHER & THE HOLDING CO.。③All is lonelinessでのかすれ声で絶唱を絞り出す歌声なんてセクシーだなぁ。④Piece of my heart の出来は、「Cheap Thrills」の方が数段上だな。⑦Summertime の出来は、「Cheap Thrills」とほぼ同じレベルだな、それにしても心にガツンとくるジャニス・ジョップリン(Vo)のヴィブラートが凄いね。⑨Half moonから ⑭Ball and chain までが FULL TILT BOOGIE BANDでのライブ。いきなり、プレイの質が上がります、特にギタープレイね、そんでもって、ピアノとオルガンで二人のキーボード奏者がいるもんだから、音も分厚くなります。スズキワゴンRのコマーシャルでお馴染みの⑪Move over もちゃんと入ってます、CMでは、松尾レミさんが唄ってるそうですが、比べてみてはいかが?最近、娘がこのコマーシャルが流れると、この曲の何たるかをまったく知らないのに一緒に絶唱するんですよね、困ったもんだ。⑭Ball and chain は、「Cheap Thrills」よりこっちの方が数段上ですね。

① Down on Me
② Bye, Bye Baby
③ All Is Loneliness
④ Piece of My Heart
⑤ Road Block
⑥ Flower in the Sun
⑦ Summertime
⑧ Ego Rock
⑨ Half Moon
⑩ Kozmic Blues
⑪ Move Over
⑫ Try (Just a Little Bit Harder)
⑬ Get It While You Can
⑭ Ball and Chain


全体を通して、ジャニスのMCもちゃんと入っていて、それが邪魔に感じることもまったくありません。

Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |