個別記事の管理2015-03-26 (Thu)
IMGP0247201503241.jpg  ブートレグ盤

行ってきました、96/02/09、武道館公演。

自分がその場にいた時の海賊盤は思い出深くていいもんだ。

No Quarter」を発表したLED ZEPPELIN再結成もどきバンドは、単発のプロジェクトに終わることなく、世界ツアーへと繰り出すこととなった。
当然、日本ツアーも組まれ、なんと、武道館で6日間プレイした後、大阪、名古屋、大阪、福岡と計10公演も組まれていた。
そして、全公演の海賊盤が存在し、おっさんは関西でのブートも所持していたが、既にリストラしてしまった。
セットリストは毎回違い、きっとマニア諸氏は、全部揃えないと気が済まないに違いない。

おっさん、どうやってチケットをゲットしたかまったく思い出せないが、よく1階席をゲットできたもんだ。
真の再結成ではないにしろ、レジェンド2人組を実体験できる絶好の機会であり、日本ではちょっとした大事件であったわけだ。
今思えば、PAGE & PLANT UNLEDDEDの2ndアルバムでのツアーで日本ツアーは確かなかったはずだから、これが最後の日本でのLED ZEPPELIN体験であったわけだ。
見逃さなくて良かった。

この日は、どこかマジックがあったような気がする。異様な雰囲気に包まれた武道館で、まだか、まだかと2人を待ってると、暗転したステージのストールにおもむろに2人が座り、D1-①The rain songのアコースティック・ヴァージョンが始まる。オープニング曲としてはぜんぜんふさわしくない曲だが、会場全体が息を凝らして聴きこむ。うしろに陣取るオーケストラも演奏の邪魔をするわけでもなく、まるでクラシックコンサートに来たみたいな厳かな雰囲気が幻想的だ。うわー、HR/HMを好きで良かった。D1-②No quarterでもストールに腰かけたままじっくりとプレイ、ロバート・プラント(Vo)は往年の歌唱力はないもののエコーに助けられて新解釈の不気味さを演出できている、ロックのコンサート会場とは思えないほど会場全体が静まり返って聴きこんでいる緊張感がハンパない。D1-③Babe I'm gonna leave youで、ロックの世界へと引きずり込む、マイケル・リー(Drs)のドラミングには度肝を抜かれた、ボンゾを比較するのは可愛そうだが、シンプルなドラムセットを駆使して体全体で叩き込む姿は圧巻だったし、迫力があった。D1-④The wanton songD1-⑤Heartbreaker~Ramble on、もうこれはゼップの再結成以外の何物でもない、ジミー・ペイジ(G)が楽しそうなのがすげぇよくわかる。D1-⑥Hurdy Gurdy solo、これがまた生音で聴かなきゃこの楽器の良さがまったく伝わりません、すごいんだから。D1-⑦Gallow's poleD1-⑧Whole lotta love、前半のハイライトですな。D1-⑨Tea for one、おっさんにとって馴染みのない曲だったので便所に行ってしまいました。
ロバートによるメンバー紹介の後、D2-①Dancing days-②Yallah-③Four sticksとリズム系新解釈ヴァージョンが続き、パーカッションソロタイムのようなものがあって、ロバートの雄叫びの合図でD2-④In the eveningへと雪崩れ込む。本編最後は、D2-⑤Kashmir
アンコール1曲目は、D2-⑥Black dog。最後はもちろん、D2-⑦Rock and roll

KC3H0005201705133.jpg
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-03-25 (Wed)
Page__Plant_-_No_Quarter.jpg  JP盤

LED ZEPPELINは偉大なドラマーであるジョン・ボーナムの死を持って、バンド活動に終止符を打った。
怪物バンドであったがゆえに、ボーナムJr.をドラマーに据えて再結成されることを願うファンは多かった。
それでも彼らは安易な再結成は絶対しなかった。そのことが、ゼップをさらに神格化されることとなった。

録音技術の向上に伴って、そんなに音が悪いという感じはしなかったが、ゼップの全カタログがリマスター再発されることになったのが1994年のことである。
そこへ、なんと再結成の話が全世界を駆け巡った。

完全後追いのおっさんも、全カタログを揃えてゼップの再結成を待ちわびた。
ふたを開けてみると、そこに、ジョン・P・ジョーンズジェイソン・ボーナムも存在しない。
バンドはロバート・プラント(Vo)ジミー・ペイジ(G)に加え、ROBERT PLANT BANDのチャーリー・ジョーンズ(B)とLITTLE ANGELS、THE CULTに在籍していたことのある、同じくROBERT PLANT BANDのツアーメンバーでもあるマイケル・リー(Drs)であった。

再結成ではなく、ゼップの曲を焼き直したアルバムを発表することになり、これがその第一弾アルバムということになる。
そもそも、MTVの番組企画だったらしく、何曲かは小さな会場でオーディエンスがいる中でのライブ録りです。

静寂の中からドラムが静かにゆっくりとリズムを刻むとアコースティックギターで①Nobody's fault but mine のリフが聴こえてくる、単なるアコースティック・ヴァージョンではなく、民俗音楽的な聴きなれない楽器の音色がいくつも聴かれる、原曲の面影は残るが目を閉じて耳を澄ます音楽に変身している。②Thank you⑪That's the way は原曲通り。③No quarter はどこかオリエンタル調に仕上がっている。尺八のような笛が冒頭に吹かれるアジアンちっくな曲は④Friends、パーカッションもパカパカと打ち鳴らされ、その背景にはオーケストラもいるというごった煮状態の新解釈。何語かわからんアナウンスで、おそらくバンド紹介されると民俗音楽的リズムが打ち鳴らされ、新曲の⑤Yallahaが始まる、ゼップとはほど遠い曲調だが、あってもおかしくないと思うのはおっさんだけか?⑥City don't cryも新曲で、これまたアラビア調っていうのかな、村の祭りの民謡みたいなのがちゃんとコーラスになってて面白い。⑦Since I've been loving you はオーケストラとの共演がウリ。⑧The battle of evermoreでは、アコーディオンのような音色が聴こえ、エスニック調だ。新曲⑨Wonderful oneでは、よく響く打楽器が特徴的。新曲⑩Wah Wah は⑥に似た曲で、完全に村の祭りの中にいるような雰囲気だ。⑫Gallow's poleでは、ハーディガーディという見たことも聞いたこともない楽器が曲に新しい息吹を与えていてワクワクする。⑬Four sticksでは、パーカッションが渇いたリズムを打ち鳴らしていて、ドラムと打ち消しあうことなくリズミカルにボトムを支え、壮大なストリングスが興奮を煽る、こんな大仰でドラマチックな曲だったっけってなるよ。妖しい雰囲気を醸し出すイントロに生まれ変わった⑭Kashmirでもパーカッションとオーケストラが前面に出てきます。

ロバートジミーの単なる趣味に付き合わされるわけだが、歴史的価値は高いと思われます。
ファンでなければ、知らなくてもいい歴史でもあるわけですが...。
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-03-23 (Mon)
びっくり、びっくり。

OZZFEST JAPAN 2015のトリはBLACK SABBATHでしたか。

なんでも、日本でプレイするのはこれが最後となるそうです。

最新アルバム発表からちょっと時間が経ってるし、最近、ぜんぜんライブをやっていないので、正直、何を期待していいのかわからないが、メタルレジェンドを経験せずにあの世へ行くのも嫌だ。

こうなったら、ビル・ワード(Drs)を引っ張り出してくださいよ。

行くっきゃないでしょーーーーーーーーー!!
Theme : 音楽的ひとりごと * Genre : 音楽 * Category : 暮らしの日記
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-03-22 (Sun)
行ってきました、2015/03/21、THRASH DOMINATION 2015

お恥ずかしながら、おっさん、フェスティヴァルかつスラッシュのライブは初参戦となります。

フェスは好きでもないバンドを観るのは疲れるって理由で、スラッシュに関しては、ライブを観るほど熱が入ってないってことで今までスルーしてしまっていました。

そんな気持ちに終止符を打ったのが、何を隠そう OVERKILL「White Devil Armory」なんだな。
本当にこのアルバムは強烈だった。

スラドミのタイムスケジュールを見ると、OVERKILLはトリなのに85分しか持分がない。
もしかしたら、最近のセットリストから数曲削られるかもしれない。

最近のセットリストを確認するに、なんと言っても、2014年のセトリの方が圧倒的に良かったな。
「White Devil Armory」から3曲、「The Electric Age」から2曲も選曲されていたんだよねぇ。

などなど、と考えながらスラドミの聖地川崎へと向かう。

川崎って、乞食の聖地っていうイメージしか持ってなかったけど、ラゾーナができてから変わったよねー。
クラブチッタは1999年のHAMMERFALL以来、16年ぶりだなぁ。たしか、再開発中でいたるところが工事中だったような記憶があるが。

KC3H0007201503211.jpg

いるねー、若者。
ハードコアには若者がたくさんいるんだね。超ベテラン・スラッシャーバンドに若者が群がるなんて面白い光景だが、日本のメタル野郎どもも捨てたもんじゃないね。

ファーストアクトのSODOM から観たが、すげぇ混み具合だ。
出入り口からも人が入れずにあふれかえっている。大入りって言っていいんじゃないでしょうか。

セカンドアクトのEXODUS を観終えてから、前々へと突き進む。
最前列はどかないので、行けなかったが、ど真ん中の前から5列目あたりに陣取って、OVERKILLを待つ。

KC3H0008201503212.jpg

パイロットランプが1台つかないで、あれこれやってるうちに時間が過ぎていく。
きっと、諦めたんでしょう。結局、1台つかないまま突然暗転、XDM のテープが会場に轟き、1曲目は当然、①Armorist

ノッケからモッシュピットが真後ろで発生するもんだから、押される押される。
酸欠になりながらも“Armoryー, Armoryー”と叫ぶ。
おっさん、もう駄目だ、死にそうだ。
ここから離れようにも突き返されて元に戻ってしまう。胸が苦しい。斜め後ろにいた美人な女の子は大丈夫かな?

②Hammerhead、苦しすぎてもうなんだかわからない。
③Electric rattlesnake、ようやく、ど真ん中から右方向へとずれていくことに成功し、息苦しくなくなった。

色んな楽しみ方があるから別に何も言わないが、女性には気を使おうね。スラッシャーのみなさん。

④Powersurgeでは、“Power!! Power”の大合唱。
⑤In union we stand、ライブ映えする曲ですな、この曲ではドラミングがすげぇカッコよかったぞ。

ボビー・エルズワース(Vo)はマイクスタンドを斜めに構えて、長い両手を大きく広げてアクションをとる姿がカッコ良かったし、MCはしゃがれ声なのに、歌唱は見事に声が通っていてスクリームも若々しい。

⑥Rotten to the core、モッシュピットが激しくなってこっちに波及しそうで怖いぞ。
⑦Bring me the night
⑧End of the line、大仰とも言える曲で、DD・ヴァーニ(B)がカッコいいことカッコいいこと、メタルのベーシストっていちいちカッコいいね、ベーシストがセンターを陣取ってんだもんな。

⑨Necroshine のイントロのテープが流れると、第2部がスタートしたかと思っちゃうよな、これまたカッチョイイー!!ボビーのシャウトがカラスみてぇだぁー。これを目の当たりにして、おっさん「Wrecking Everything」を買うことにしました。

⑩Horrorscope

大仰な曲が続くが中だるみなんてぜんぜんしません、あ!?斜め後ろでもみくちゃになっていた女の子がおっさんと同じように右方向に移ってきているのを発見、あー良かった、でも、いまいち顔色が悪いな。

⑪Hello from the gutter、またまたすげぇモッシュピットっていうか、手当たり次第に前の人を突き飛ばしている。
⑫Overkill
⑬Ironbound、本編最後にふさわしいライブ曲だなぁ。

アンコール1曲目は⑭Bitter pill、後半のサバスっぽいところなんかすげぇ、ダウニーでこれまたライブで映えるねぇー。
⑮Elimination、オリジナルよりテンポが速くて、会場はもう大狂乱。
最後は当然、⑯Fuck you!

会場全体で“Fuck you!!”って叫ばせるんだが、ボビーが「日本ではナチュラルな言葉なのか?」って冷やかしたり、「それって、CHINA?」なんて時事問題的アメリカンジョークを飛ばすもんだから、せめて「CHINA? or KOREA?」って言ってほしかったなぁ。
結局、フルセットでプレイして90分強やってたんじゃないかなぁ。

ぬわーーーー、メタル最高ーーーーーー!!

やっぱ、ライブはいいね。
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : ライブレポ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-03-21 (Sat)
OZZFEST JAPAN 2015 のオフィシャルページがカウントダウンボードになりました。

ozzfestcount.jpg


3/23(月)公演詳細・第一弾アーティスト発表!!!だそうです。


前回、BLACK SABBATHをスルーしただけに、おっさん痛恨の極み。


サバスはねぇだろうなぁ~。

さあ、心して待つべし!!
Theme : 音楽的ひとりごと * Genre : 音楽 * Category : 暮らしの日記
* Comment : (0) * Trackback : (0) |