個別記事の管理2015-03-31 (Tue)
220px-Dark_Side_of_the_Moon.png ★★★★ US盤

プログレッシヴ四天王の5thアルバム

前作「Obscured by Clouds」は映画のサントラなんで、オリジナル・スタジオ作には含めてません。なんで、「More」と「Ummagumma」も似たような理由で入れてません、悪しからず。

3rd「Atom Heart Mother」では、オーケストラを大胆に使ったり、各メンバー各々が自由に曲を書いたものを入れ込んだ焦点が絞れてないアルバムを作っていた。
4th「Meddle」でも同様に各メンバーが好き勝手にやってるようなところがあるものの、アルバム全体の流れのようなものがあり、大作“Echoes”で音楽をアートとして昇天させる世界観は見事だった。

おっさんは、なかなかついていけなかったが、この5thは万人受けするアルバムコンセプトになっているに違いない。
これなら、理解できる。

実験的であることに変わりなく、SEがどこかしこに出てきて散在されているのだが、アルバムの流れに完全にマッチしているのである。
わかりやすいからこそ、爆発的に売れたんでしょうね。

メタルとはほど遠い音楽性ですが、この世界観には圧倒されるはずです。

心臓の鼓動がリズムを刻み、色んなSEから人の叫び声が聞こえ、喧騒とは真逆のムーディーなメロディーが流れる①Speak to me~Breath、冒頭から傑作の予感で鳥肌が立つ、歌メロが終わると正確無比なドラムカウントに様々なSEが乗る②On the run がスタート、頭がおかしくなりそうだ。今度はチャイムや目覚まし時計がやかましく鳴る③Time、もうなんなのよ!!デイヴィッド・ギルモア(Vo/G)が野獣のように唄い、ゴスペルのような女声コーラスが彩られる、さながら、美女と野獣じゃん。教会で懺悔するかのような優しいピアノが聴こえてくる④The great gig in the sky、ここでもゴスペルシンガーのようなコーラスで盛り上げる、「おー、神よ。我が犯した罪を許し給え」ってか。ガラッと変わって、レジの音がリズムを刻むファニーソング⑤Moneyが始まる、今度はサックスだ。⑥Us and themの冒頭はオルガンだ、ここでもセクシーでムーディーなサックスが聴かれる、歌メロとコーラスの強弱の対比が壮観だ。インストの⑦Any colour you likeでは、シンセが縦横無尽に音を紡ぐ。⑧Brain damageからはロジャー・ウォーターズ(Vo/B)がヴォーカルを取る、彼らしいセリフを読むかのような歌メロが続く。メドレー形式で⑨Ecripseが始まり、大団円を迎えて、心臓の鼓動で終わる。

おっさん、フロイドはこれだけでいいや。
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-03-30 (Mon)
220px-AtomHeartMotherCover.jpeg  11リマスターEU盤

プログレッシヴ四天王の3rdアルバム

PINK FLOYDは5th「The Dark Side of the Moon」だけでぜんぜんいいんだけど、やっぱこれも聴いてみたくなっちゃうわけだな。
PINK FLOYDって、実験的すぎて、おっさんの単純な脳みそにはなかなかついていけないところがあるんだよね。
でも、このジャケットのインパクトといったら、どんな音楽やってんだろうって思いません?

①Atom heart mother、オーケストラとバンドの共演なんだけど、歌メロもなく、ただひたすら合唱隊がコーラスを繰り返すんだけど、こりゃ大河ドラマのオープニング曲になるくらいの雰囲気を持ったクラシックですな、コーラスが終わるとオルガンとベースがラインを維持する傍らでデイヴィッド・ギルモア(Vo/G)の情感たっぷりのギターソロタイムとなる、ギターが終わるとまた合唱隊が入ってきて冒頭のオーケストラに戻る、そして、今度はチンプンカンプンのSEぶちまけパートがやってくる、最終的にはオーケストラと合唱隊で締めくくられます。②If では、ロジャー・ウォーターズ(Vo/B)がアコギで牧歌的な曲を弾き語っています、子守唄だな。③Summer '68 では、リチャード・ライト(Key)がピアノで弾き語っていますが、途中から激しさが増していきます、ここでもオーケストラが活躍します。④Fat old sun で唄うのはギルモアギルモアはこの曲のベースもドラムも自分でやっちゃってるらしいんだけど、このバンドって仲悪いんですか?⑤Alan's psychedelic breakfast の伸びやかなギターの音を聴けば、ギルモアがギターヒーローとされる一端がのぞけるかも。

で、これって何がテーマでどんな主張があるんだろうか?
おっさんは、アートの世界をまったく理解できない凡人ゆえに、この凄さがわからない。
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

お久しぶりです * by グラハムボネ太郎
ピンク フロイドってその深いところまで考えちゃうと難しくなるんですよね。
で、私は言い方悪いですけど子守唄的に聴いてます。だからタイトル曲以外は睡眠中という不届き者です(笑)

ありがとうございます。 * by フライヤーズポンタ
考えちゃだめですね。
流れてくる音楽をそのまま受け入れて、アートを楽しみましょう。

個別記事の管理2015-03-29 (Sun)
JimmyPageLiveAtTheGreekcover.jpg ★★★ JP盤

PAGE & PLANT UNLEDDEDプロジェクトが2枚のアルバムを残して終了してしまったジミー・ペイジ(G)は、サザンロック風HRで一世を風靡したTHE BLACK CROWESと組んで、LED ZEPPELINトリビュート・バンドでライブツアーをすることとなった。
99年ロスでのライブの模様を捉えたものがこれ。

ゼップトリビュートはそれこそ多くのバンドがやっており、中でもGREAT WHITE「GREAT ZEPPELIN」は秀逸なトリビュートライブであった。
それを凌ぐライブがこれであって、まぁ、本人が参加してるんだから話題もこっちの方が上なのは当然か。

THE BLACK CROWESは、ヘアメタルたちの勢いも止まり、グランジブームが巻き起こった時代、誰もが重さを追求し始めて、シーン全体が暗くなりかけていたころに、ピュアなサザンロックバンドとしてもてはやされていた。
おっさんは、そこに乗ることはなく、THE BLACK CROWESに関しては何も知らない。
ゼップ曲を完璧にやりこなしているという触れ込みだったので、買ってみた次第であります。

これが、凄いんだ。
ジミーのプレイに関しては、手癖でなんとか弾きこなしているものの、若い連中においてけぼりにされそうになる不安さはあるが、サウンド・プロダクションが最高品質のライブ盤なんだな。
今やIRON MAIDENのお抱えプロデューサーになってしまったケヴィン・シャーリーが手掛けたもので、音質、音像、臨場感どれも最高な出来に仕上がっている。

日本に来ることがなかったのが残念ですな。

D1-①Celebration dayからショウがスタート、跳ねるジミーのギターリフからクリス・ロビンソン(Vo)の歌声が聴こえてくるが、高音はきつそうだ、それにしても疑似ロバート・プラントとしては申し分ない個性を持っている。D1-③What is and what should never beで聴けるベースライン、ジョン・P・ジョーンズとやっぱり比較してみたくなっちゃうんだけど、スヴェン・ピピエン(B)のプレイは優しい音色で聴いてて気持ちのいい響きとなっている。D1-⑤Woke up this morningB.B.King-⑥Shapes of things to comeTHE YARDBIRDS-⑦Sloppy drunkジミー・ロジャースのカヴァー。
D2-⑤Mellow down easyウィリー・ディクソン-⑥Oh wellFLEETWOOD MAC-⑦Shake your money makerエルモア・ジェイムスのカヴァー、単なるゼップトリビュートじゃないってことがわかるでしょ?D2-⑪In the lightD2-⑫Misty mountain hopは日本盤ボーナスで、そんなん入れられたら、日本盤買おうって気になるでしょ。

D1
① Celebration Day
② Custard Pie
③ Sick Again
④ What Is and What Should Never Be
⑤ Woke up This Morning
⑥ Shapes of Things to Come
⑦ Sloppy Drunk
⑧ Ten Years Gone
⑨ In My Time of Dying
⑩ Your Time Is Gonna Come

D2
① The Lemon Song
② Nobody's Fault But Mine
③ Heartbreaker
④ Hey, Hey, What Can I Do
⑤ Mellow Down Easy
⑥ Oh Well
⑦ Shake Your Money Maker
⑧ You Shook Me
⑨ Out on the Tiles
⑩ Whole Lotta Love
⑪ In the Light
⑫ Misty Mountain Hop


趣味丸出し、懐メロライブパーティーといったところかな。
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-03-28 (Sat)
おっさんにとってCDを購入するときは、安さが一番である。

新譜は輸入盤。

旧作なら中古でぜんぜんいい。

アマゾンのマーケットプレイスにブックセンターいとうから欲しいCDが出品されていた。

八王子をふらっとすると、たまに店舗を見つけるおっさんの知ってる店だ。

輸入盤でもいいが、注文から2週間も待たされるのは嫌だ。

注文後、すぐに届いた。

IMGP024820150328.jpg

ちゃんと破損防止用の梱包材が使われていて、コンパクトに収まっている。

気に入った。また使おう。

ありがとうございました、って、アマゾンで評価してやんなきゃダメですか?

あれは、がっかりしたとき、悪評を打ち込むときのみに使ってるのよん。

おっさん、根が悪いでしょ。
Theme : 音楽的ひとりごと * Genre : 音楽 * Category : 暮らしの日記
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-03-27 (Fri)
KC3H000120150327.jpg

その辺の公園で咲いていた可愛いくも綺麗な花を見つけた。

なんて花ですか?

興味のないものはまったくもって知識がない。


今年の秋メタルは非常に楽しみだ。
OZZFESTがLOUD PARKへのあてつけのように秋に開催する。

BABYMETAL はどっちがぶんどるかな?
北米、ヨーロッパと廻って、6/21に幕張メッセで今のところスケジュールは終わってる。

SCORPIONS はどっちかな?
5/1に中国でやるらしい。そっから2016年までけっこう埋まってる。
あるとしたら、USからヨーロッパへ移行する期間のLOUD PARKだな。それか、中国ついでに単独だな。

ACCEPT また来ないかな?
新メンバーの紹介として来ないかな?彼らにとっては、旨味はないよな。
一応、9月以降のスケジュールは開いてますけど?

ALICE COOPER は大いにある。
モトリーとのツアーがいつまで続くか知らんが、9/6までのスケジュールしか出てないぞ。
OZZFESTでサバスと同じ舞台に立ってほしいな。

WHITESNAKE
7月までのUSツアーの日程までは出てる。
DEEP PURPLE回顧ツアー!?まぁまぁ、LOUD PARKだろうな、でまた、ライブ録音しちゃう?

MANOWAR
OZZFESTが殴り込みにきたんで、是が非でも集客力があることがわかったMANOWARをおさえに走るはず。
がんばれ!!クリマン!!

皆さんは、どんな顔ぶれを予想しますか?
Theme : 音楽的ひとりごと * Genre : 音楽 * Category : 暮らしの日記
* Comment : (0) * Trackback : (0) |