個別記事の管理2015-03-12 (Thu)
行ってきました、2015/03/11、日本武道館。

おっさん、96年2月のPAGE AND PLANT以来の武道館で、すげぇ久しぶり。

江戸城の田安門を抜けると武道館に出るわけだが、みんなはこの重要文化財を素通りしてるけど、歴史をちゃんと感じてくださいよ。
そもそも、武道館って江戸城内にあるってことご存知ですよね?おっと、いけね。

KC3H000620150311.jpg

もう既に入場が始まっている。

やっぱり、若者は皆無ですな。日本のメタルマーケットは大丈夫?
まあ、引退間近な高齢者バンドだからファン層もそれなりになるんだろうが、けっこう新作「Redeemer of souls」の出来が良かったんだから若者の開拓につながっても良さそうなもんなのに。
高齢化が進む日本、高齢者割引や高齢者席など、真剣に考えたほうがよくないですか?プロモーターさん?

会場に入ると、AC/DCの曲が流されている。開演までずっと、AC/DCなんだな、これが。誰の趣味ですか?

定刻より8分遅れでBLACK SABBATH“War pigs”が音量を上げて流れると、場内が暗転、“Battle cry”のテープが流れて会場のヴォルテージも上がり、血に染まるかのような真っ赤なライトがサーチライトのように会場をめぐって、ついにきたーーー!!あれ?
幕が開かない、プレイが聴こえてこない、ありゃま。
しばらくっていうか、だいぶ待ってから機材トラブルの場内アナウンスが入る。

またまたAC/DCのBGMを聴く羽目になり、立ち上がったオーディエンスも座るわな。

19時28分になってようやく再開、“Battle cry”のテープが流れて今度こそ幕が開き、①Dragonaut のスタートだ。
武道館にしては、まずまずの音質。

ロブ・ハルフォード(Vo)がまるで杖をつく老人のようにステッキをつきつつもっさりと登場、いやはや自虐ネタのようで観てる方はつらい、でも、声はちゃんと出てるし、嫌悪感なく聴ける。声はまだ現役なんじゃないですか?

②Metal gods、いやぁー、かっこいいなー。見た目は老人でもちゃんとレザーに身を包んだ正装姿で畏れ入るが、動きがやっぱりみんな老け込んでんだよなぁ。フォーメーションもいちいち揃ってないしさ。
③Devil's child
④Victim of changes、この曲の美しさはライブでもハンパないね。

なんか、覇気があるのはリッチー・フォークナー(G)だけだな。
オーディエンスを煽るのはこの人だけだし、前に出てくるのも彼のみ。
ギターソロだって、ほとんどリッチーが弾いてるんですけど...。でも、彼ってオーバーアクションしない人なんであんまり派手さがなくて、パッとしないんだな。
グレンがソロをとるときもあるんだが、ハレーションを起こして、明らかにリッチーより音が悪い。
なんか、熱くなれない自分がいる。

⑤Halls of Valhalla
⑥Love bites
⑦March of the damned

巨大バックスクリーンでは、自分たちのアップ映像とかじゃなくて、曲ごとにイメージ映像が使われてるんだけど、⑦のイメージ映像は気色悪いゾンビたちが迫ってくる趣味の悪いもので、シューティングしたくなっちゃうゲーム映像のようです。

⑧Turbo lover
⑨Redeemer of souls

ここで、3.11の大震災のことにロブが触れて、感傷的な⑩Beyond the realms of death がスタート。
イメージ映像は隕石が地球に落ちてきて各国が爆発するんだけど、日本も爆発しちゃうんで、オイオイって。

まあ、みんなスマホや携帯で写真撮ったり、ムービー撮ったりするもんで、アリーナ席だと観えなくてしょうがねぇ。ったく。
警備係がたくさん配置されてんのに、フリーだもんな。
終始うつむいてる観客もいてスマホをいじってる輩もいる。へぇー、ツイッターとかで生中継もどきみたいなことしてるんだ。その場にいない人とライブ中にやりとりして楽しむ時代なんだね。おっさん、ついていけません。

⑪Jawbreaker、サビでのスクリームもちゃんと出てますよ、ロブだってがんばってるんだから。
⑫Breaking the law
ハーレーのアクセル音が大音量で轟き、ハーレーが登場、本編最後の⑬Hell bent for leatherでは、みんなで大合唱。

ここでなんと、リッチーのソロタイムに突入。トリルを駆使して流麗に弾きまくるんだが、ポージングがいちいちランディ・ローズみたい。フライングVを使ってるから、この人ってランディ狂ですか?

機材トラブルがあって時間が押してるからだろう、ほんのちょっとのインターバルでアンコールに入り、“The hellion”のテープが流れ、⑭Electric eye がスタート、皆さん狂喜してますね。アメリカツアーではやってなかったもんね。
アンコール最後は⑮You've got another thing comin'

これまたインターバルなんてないに等しく、スコット・トラヴィス(Drs)が「もっとか?」なんか言いつつ、⑯Painkillerのイントロを叩き始めました。

さあ、とっとと帰ろうと思ったら、今度は⑰Living after midnight、今日はスペシャルな夜なのねー。

さらに、さらに、⑱Defenders of the faith、それまで定位置で体を上下してプレイしていたイアン・ヒル(B)も前へ出てきてプレイ、いやぁ、もう感動の大団円。
すっかり、脇役のようになっちゃったグレン・ティプトン(G)も大満足っていう表情をしています。

結局、目頭が熱くなるおっさんがここにいましたとさ。
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : ライブレポ
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by Yas
プリースト行ってきたんですね。
私は最後と聞いて3年前の来日時に参戦しましたが、
倒れそうでも声はスゴいロブ、
終わりそうで終わらないアンコールと名曲の数々に
やっぱり持ってかれちゃうんですよねぇ。
あと、リッチーは絶対あれランディ・ローズですね(^^)

* by フライヤーズポンタ
彼ら、けっこう「Redeemer of Souls」に対して自信を持っているみたいでした。
まだまだ現役ですよ。