個別記事の管理2015-03-22 (Sun)
行ってきました、2015/03/21、THRASH DOMINATION 2015

お恥ずかしながら、おっさん、フェスティヴァルかつスラッシュのライブは初参戦となります。

フェスは好きでもないバンドを観るのは疲れるって理由で、スラッシュに関しては、ライブを観るほど熱が入ってないってことで今までスルーしてしまっていました。

そんな気持ちに終止符を打ったのが、何を隠そう OVERKILL「White Devil Armory」なんだな。
本当にこのアルバムは強烈だった。

スラドミのタイムスケジュールを見ると、OVERKILLはトリなのに85分しか持分がない。
もしかしたら、最近のセットリストから数曲削られるかもしれない。

最近のセットリストを確認するに、なんと言っても、2014年のセトリの方が圧倒的に良かったな。
「White Devil Armory」から3曲、「The Electric Age」から2曲も選曲されていたんだよねぇ。

などなど、と考えながらスラドミの聖地川崎へと向かう。

川崎って、乞食の聖地っていうイメージしか持ってなかったけど、ラゾーナができてから変わったよねー。
クラブチッタは1999年のHAMMERFALL以来、16年ぶりだなぁ。たしか、再開発中でいたるところが工事中だったような記憶があるが。

KC3H0007201503211.jpg

いるねー、若者。
ハードコアには若者がたくさんいるんだね。超ベテラン・スラッシャーバンドに若者が群がるなんて面白い光景だが、日本のメタル野郎どもも捨てたもんじゃないね。

ファーストアクトのSODOM から観たが、すげぇ混み具合だ。
出入り口からも人が入れずにあふれかえっている。大入りって言っていいんじゃないでしょうか。

セカンドアクトのEXODUS を観終えてから、前々へと突き進む。
最前列はどかないので、行けなかったが、ど真ん中の前から5列目あたりに陣取って、OVERKILLを待つ。

KC3H0008201503212.jpg

パイロットランプが1台つかないで、あれこれやってるうちに時間が過ぎていく。
きっと、諦めたんでしょう。結局、1台つかないまま突然暗転、XDM のテープが会場に轟き、1曲目は当然、①Armorist

ノッケからモッシュピットが真後ろで発生するもんだから、押される押される。
酸欠になりながらも“Armoryー, Armoryー”と叫ぶ。
おっさん、もう駄目だ、死にそうだ。
ここから離れようにも突き返されて元に戻ってしまう。胸が苦しい。斜め後ろにいた美人な女の子は大丈夫かな?

②Hammerhead、苦しすぎてもうなんだかわからない。
③Electric rattlesnake、ようやく、ど真ん中から右方向へとずれていくことに成功し、息苦しくなくなった。

色んな楽しみ方があるから別に何も言わないが、女性には気を使おうね。スラッシャーのみなさん。

④Powersurgeでは、“Power!! Power”の大合唱。
⑤In union we standライブ映えする曲ですな、この曲ではドラミングがすげぇカッコよかったぞ。

ボビー・エルズワース(Vo)はマイクスタンドを斜めに構えて、長い両手を大きく広げてアクションをとる姿がカッコ良かったし、MCはしゃがれ声なのに、歌唱は見事に声が通っていてスクリームも若々しい。

⑥Rotten to the core、モッシュピットが激しくなってこっちに波及しそうで怖いぞ。
⑦Bring me the night
⑧End of the line、大仰とも言える曲で、DD・ヴァーニ(B)がカッコいいことカッコいいこと、メタルのベーシストっていちいちカッコいいね、ベーシストがセンターを陣取ってんだもんな。

⑨Necroshine のイントロのテープが流れると、第2部がスタートしたかと思っちゃうよな、これまたカッチョイイー!!ボビーのシャウトがカラスみてぇだぁー。これを目の当たりにして、おっさん「Wrecking Everything」を買うことにしました。

⑩Horrorscope

大仰な曲が続くが中だるみなんてぜんぜんしません、あ!?斜め後ろでもみくちゃになっていた女の子がおっさんと同じように右方向に移ってきているのを発見、あー良かった、でも、いまいち顔色が悪いな。

⑪Hello from the gutter、またまたすげぇモッシュピットっていうか、手当たり次第に前の人を突き飛ばしている。
⑫Overkill
⑬Ironbound、本編最後にふさわしいライブ曲だなぁ。

アンコール1曲目は⑭Bitter pill、後半のサバスっぽいところなんかすげぇ、ダウニーでこれまたライブで映えるねぇー。
⑮Elimination、オリジナルよりテンポが速くて、会場はもう大狂乱。
最後は当然、⑯Fuck you!

会場全体で“Fuck you!!”って叫ばせるんだが、ボビーが「日本ではナチュラルな言葉なのか?」って冷やかしたり、「それって、CHINA?」なんて時事問題的アメリカンジョークを飛ばすもんだから、せめて「CHINA? or KOREA?」って言ってほしかったなぁ。
結局、フルセットでプレイして90分強やってたんじゃないかなぁ。

ぬわーーーー、メタル最高ーーーーーー!!

やっぱ、ライブはいいね。
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : ライブレポ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |