個別記事の管理2015-04-22 (Wed)
220px-Ackiller.jpg ★★★ 11リマスターSHM-CD/JP盤

シアトリカル・ロックの帝王の4thアルバム。

前作「Love it to Death」発表後の約8か月後、続けざまにこの新作を発表するという離れ業をやってくれた。
と言っても、この時代、1年に2枚のアルバムを出すことなんて普通にあったことなんだな。

前作はややチープ感はあったもののシアトリカル・ロックを標榜するようなストーリーソングもあり、アリス・クーパー(Vo)が進むべく道を端的に表現されていた。
今作においてもそれは変わることなく、音作りがややビッグプロダクションになっていて、陳腐なHRで終わっていないところがこの人の魅力でもある。

GUNS N' ROSESもカヴァーしていたことで知られる単純明快なHRソング①Under my wheelsで幕を開ける、ブラスセクションも入っていることから、前作発表後に製作予算が増加したんだろうと想像できる出来だ。②Be my loverなんか聴くと、アリスって歌下手だなぁ、なんて思うんだけど、このダミ声がまた味があるっていうかねぇ。どことなくスペインとか南米チックな③Halo of fliesなんか、HR百面相とでも言うべきアリスの様々なジャンルに染まっちゃういいところが凄く出てていいんだよね、アリスによると、この曲でKING CRIMSONみたいなこともできるんだぜって証明したかったらしいが、8分もある長い曲だけど、そんなにプログレ色はないけどなぁ、最近のライブでは、この曲でドラムソロをやるんだけど、それ無茶苦茶カッコいんだぜ。④Desperadoは、このアルバム発表年に亡くなったジム・モリソンに捧げたものらしい。⑥Yeah, yeah, yeahでは、アリスが吹くハーモニカが聴けます。⑦Dead babiesはアメリカンパワーバンドのICED EARTHが「Tribute to the Gods」でカヴァーしてるそうですが、最初のヴァースはオドロオドロしいホラー映画のような曲で、ライブ映像をぜひ観てほしい、ベビーカーから赤子を天に突き上げて、みんなで “Dead babies!! can't take care of themselves. Dead babies!! can't take things off the shelf”って叫ぶのよーん。そして、絞首刑台かギロチンを用意せよ!!さあ、⑧Killerの始まりだ。

私は決してトチ狂ったテロリスト集団とは何ら関係ありません。
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |