個別記事の管理2015-04-25 (Sat)
220px-Actrash.jpg ★★★ JP盤

シアトリカル・ロックの帝王の18thアルバム。

おっさんがアリス・クーパー(Vo)と出会ったのは、このアルバムである。
当時、AEROSMITHの虜になっていたもんだから、エアロの面子やBON JOVI などが参加しているアルバムと聞いて手を出さないはずがない。
しかも、ヒットメーカーのデズモンド・チャイルドがプロデューサーときたもんだ。
前作「Raise Your Fist and Yell」では、マイケル・ワグナーを起用していただけに、いかにアリスにとってプロデューサー選びが大切かがわかるだろう。

いかにもアリーナロックを意識したかのようなギターフレーズで始まる①Poison、この曲がアリスのアンセム曲として代名詞的存在となる。この後もギターオリエンテッドなHR曲が続く。粋なコーラスで始まる③House of fireでのギターソロはジョー・ペリー④Why trust youでのアリスの歌唱は鬼気迫るものがあるぞ。⑤Only my heart talkin' では、スティーヴン・タイラーとのデュエットが聴ける、これアリススティーヴンも名演だと思いますよ。⑥Bed of nails には、あのダイアン・ウォーレンの名がクレジットされているが、バラードではありません。⑧Trashでのベースはトム・ハミルトンで、ドラムはジョーイ・クレイマージョン・ボン・ジョヴィの歌声も聴かれる。⑨Hell is living without you は、ジョンリッチー・サンボラとの共作曲。⑩I'm your gunでは、それまでバンドメンバーで、その後WINGERとしてデビューしたキップ・ウィンガーがコーラスで参加してるが、キップの特徴であるセクシーかつ力強い声が捉えられてないので、ちとわかりづらい。
⑪Cold ethyl⑫Ballad of Dwight Fry は日本盤ボーナスで、いつのものかわからないが、アメリカでのライブ音源。

こうしてみると、すげぇー豪華なアルバムですね。
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |