個別記事の管理2015-04-28 (Tue)
220px-Black_Sabbath_-_Paranoid.jpg ★★★★★ 09リマスターEU盤

英国HMバンドの2ndアルバム

暗黒世界からやってきた魔王のようなイメージで、デビュー作は衝撃的だっただろう。
イメージだけでなく、繰り広げられる音楽は緻密そのもので、単純なリフから広がりをもった空間を作り出す音世界はアートそのものであった。

2ndも前作路線そのままに、雰囲気は徹底した陰鬱・妖艶な風景が広がる。
前作ではインプロヴィゼーション的なバンドアンサンブルが聴かれ、組曲のような曲もあったが、今作では曲それぞれが独立したものとなっていてわかりやすい。

①War pigs、この曲を知らなきゃBLACK SABBATHを楽しめないと思われる超有名曲で、ライブでは歌メロを会場で大合唱しなければならない、っていうか、したくなるはず。②Paranoid も有名曲、単純なギターリフの上で、ベースを掻き毟るかのようなプレイが踊りまくる。③Planet caravan はサイケデリック調とでも言おうか、オジー・オズボーン(Vo)のヴォーカルはエフェクト処理で別人のような声となり、民族音楽のようなパーカッションがトリップ感を誘う奇妙な曲。④Iron man はリフでの作曲の教科書のような曲だ、手数の多いビル・ワード(Drs)のドラミングにも注目してほしい。ワウペダルを使った浮揚感をもったギターリフが印象的な⑤Electric funeral はコッテコテのドゥーミーソング。⑥Hand of doomでは、静と動のシンコペーションが魅力的で、後半に進むにつれてどんどん全身が煽られる曲構成が見事だ。⑦Rat salad は⑥の続きのような曲で、ドラムソロを基本としたようなインストゥルメンタル曲。⑧Fairies wear bootsでのギーザー・バトラー(B)のベースプレイはベース弦を叩きつけるような尋常じゃないスタイルだ、曲は横揺れのスインギング・ソング。

BLACK SABBATHを象徴する曲が並ぶアルバムだからこそ、人気が高いんだろうな。
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |