個別記事の管理2015-05-24 (Sun)
220px-The_Scorpions_LatFS.jpg ★★ US盤

独産HRバンドの9thアルバム。

正直に言おう。
おっさんは、このアルバムが苦手である。

世間一般では、SCORPIONSの傑作中の傑作と言われることもある名盤で、大ヒットを記録したアルバムとしても有名。
なのに、おっさんはピンと来ない。おっさんの耳はこんなもんなのである。

アメリカ征服に向けて、洗練されたHRを作るようになった彼らは、このアルバムでさらにその手法を研ぎ澄まさせた。
緻密にアルバム制作に取り掛かったであろうと思われる節が見て取れるかのような作りだ。
まったくもってして、スキがないのである。だから、一般受けする優れたアルバムなんでしょう。

相変わらずギターオリエンテッドで、クラウス・マイネ(Vo)も唯一無二のうまいヴォーカル技を魅せ付け、哀愁を帯びたメロディも忘れない。
こんな良質なアルバムのどこが苦手なのか?

おっさんは、SCORPIONSの暴虐性が好きなんだ。デスメタルと勘違いしないでね。
クラウスの喉が張り裂けんばかりに張りあげる高音ボイス、ルドルフ・シェンカー(G)の耳を劈くリフの応酬、などなどがおっさんの心に響いていた。
それが、大衆受けするためにすごく丁寧になっちゃってるところが苦手なんだろう。
別に嫌いじゃないし、良質なアルバムだと思うが、「Blackout」と比較すると、評価は2スターになってしまう。

いきなり、エディ・ヴァン・ヘイレンかと思っちゃうかのようなギターリックが轟く①Bad boys running wild、キターー!!と思いきやミドルテンポの普通のHR、サビのコーラスなんかライブ受けするように考えたんだろうな。今度こそルドルフのカッティングが冴えわたるリフがイントロの②Rock you like a hurricane、あれ?超有名曲なのに、これもミドルテンポですか?これもっとテンポ速くすれば、もっとインパクトのある曲にならないかな?でも、マティアス・ヤプス(G)のギターソロはカッコいいなぁ、真似したギターキッズも多くいたことだろう。③I'm leaving you⑥Big city nights とか⑦As soon as the good times roll なんか、モロAORソングだよなぁ。出たーーー、彼ら得意の子守唄④Coming home、と思いきやテンポの速いHRへと大変身。⑤The same thrill はギンギンのギターソングで、合いの手なんかACCEPTかと思っちゃうよ。⑧Crossfire はおっさんのフェイヴァリットソング、これだけのために聴いてるアルバムとも言えるかも、マーチングドラム風のリズムで起承転結のある曲構成も大好きです。そして、スコピのバラードの中で最も秀逸なバラードと言われている⑨Still loving you、うーーーん、そうかい?クラウスの歌唱は物凄く芝居がかってて雰囲気が出てますが、スコピ史上最高かなぁ?

なので、2015年に発表された、世間で評価の高い新譜「Return to forever」を買おうという気が起きない、おっさんでした。
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

人ってそれぞれですねぇ * by グラハムボネ太郎
私はこれと前と後という3作がどれも好きです。で、どれを聴こうか迷うと『WORLD WIDE LIVE』を引っ張りだす次第で

危険なお誘い * by フライヤーズポンタ
ボネさん、そんなお誘いもうやめてぇ~。

そのライブ買いたくなっちゃったでしょうがぁぁぁぁぁ。

もう、罪な人ねぇぇぇぇぇぇ。

個別記事の管理2015-05-23 (Sat)
220px-Tokyotapesalternate.jpg ★★★ JP盤

78年、中野サンプラザで行われたライブ。

初来日公演であって、バンドもその嬉しさをステージ上で爆発させているのがよく伝わってくるライブ。
ウリ・ロート(G)在籍時唯一のライブアルバムがこれなんで、貴重なライブとなります。

おっさんが持ってるのは、旧盤であって、リマスター時に収録された“Hound dog”“Long tall sally”“荒城の月”“Robot man”の4曲は入ってません。
これから買おうっていう方は、ぜひ、リマスター盤を購入してください。
旧盤でも音質は最高の部類に入ると思うんで、おっさんは買い直しません。

なんか、日本でライブ収録すると音質がいい傾向にないだろうか?
BB&A「BB&A Live」、DEEP PURPLE「Live in Japan」、などなど挙げるといっぱい出てくるんじゃなかろうか。
これは、日本サイドの技術スタッフが優秀だったのだろうか?
例えば、「Tokyo Tapes」のエンジニアはYoshida Tamotsu とある。
あるいは、日本で調達した機材がいいのか?
だから、日本でライブ録音するバンドが多いんだろうか?
それとも、オーディエンスが静かだから?オリエンタルな奇異な場所でロックを演奏する不思議さから?
誰か、この辺を考察した人はいないだろうか?って、本人たちに聞くのが一番手っ取り早いよな。

1曲目の①All night long を一聴して、ルドルフ・シェンカー(G)のカッティングがちゃんと耳へ届いているのがよくわかります。④Polar nights のイントロはやたら長いな、ウリのちょっとしたソロタイム。でもって、クラウス・マイネ(Vo)ってライブでも力強くて透明感のある見事な歌声ですね。ロニー・ディオよりクラウスの方がうまいような気がするなぁ。⑧In search of the peace of mindでの歌唱を聴いてごらんなさいよ、こぶしきかせちゃってますよ。そして、⑨Fly to the rainbowへとつながる流れ、もう最高です。でも、⑫Top of the bill を聴くとよくわかるんだが、あのスタジオ盤で出てた荒々しさが削がれて、ソフトになってるのも事実なんだよな、この曲中にはドラムソロがあります。

① All Night Long
② Pictured Life
③ Backstage Queen
④ Polar Nights
⑤ In Trance
⑥ We'll Burn the Sky
⑦ Suspender Love
⑧ In Search of the Peace of Mind
⑨ Fly to the Rainbow
⑩ He's a Woman, She's a Man
⑪ Speedy's Coming
⑫ Top of the Bill
⑬ Steamrock Fever
⑭ Dark Lady
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-05-22 (Fri)
220px-John_Sykes_Bad_Boy_Live.jpg ★★ JP盤

2004年、日本でのライブ。

この頃、ジョン・サイクス(Vo/G)は、THIN LIZZYを再結成させて、精力的にツアーをしていたと思うが、日本にはなぜかソロ名義でやってきた。
メンバーはマルコ・メンドーサ(B)トミー・アルドリッジ(Drs)DREAM THEATERにいたこともあるデレク・シェレニアン(Key)という顔ぶれ。

特にアルバムを発表してたわけじゃないんだが、きっとそれなりにお客は集めたはず。
ただ、渋谷-AXで1回きりの公演だったんじゃないかな?

このライブアルバムは「Screaming Blue Murder」に比べ、音がクリアだ。
なので、ジョンが弾きまくっている様子が手に取るようにわかるし、ドッカドカのトミーのドラムもやたらうるさいです。
ただ、当日のコンプリートじゃなく、切り貼りなので、曲のつなぎでいちいちフェードアウトするので、ライブ感が薄くなってしまっています。

① Bad Boys
② We All Fall Down
③ Cold Sweat
④ Crying in the Rain
⑤ Jelly Roll
⑥ Is This Love?
⑦ Look in His Eyes
⑧ I Don't Wanna Live My Life Like You
⑨ Please Don't Leave Me
⑩ Still of the Night
⑪ Thunder and Lightning

特筆すべきは、④Crying in the rain⑥Is this love におけるジョンの歌唱かな、けっこう唄えてますよ。⑨Please don't leave me はキー上げたかな?「Screaming Blue Murder」の時は唄いにくそうだったけど、こっちは普通に唄ってます、でも、華がないんだよな。⑪Thunder and lightning は、やりなれてる感がハンパないね。

ジョン・フリークなら楽しめるライブ盤なんですけどね...。

WHITESNAKEのバラードをデイヴィッド・カヴァデイルの歌唱と比較してみたくなります?

「Screaming Blue Murder」とどっち取るって言われたら、こっちかな。
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-05-21 (Thu)
220px-Bluemurder-screamingbluemurder1.jpg ★★ JP盤

93年、日本でのライブ。

ジョン・サイクス(Vo/G)が自身のバンドを組んで2枚のアルバムを出した後の日本公演だから、会場が盛り上がっているのがよくわかるライブ。
というより、ジョンのルックスによるところが多いんだろうが、黄色い声援が目立つね。

このライブアルバムのサブタイトルはなぜだか、「Dedicated to Phil Lynott」とある。
ジョンがTHIN LIZZYを経て、WHITESNAKEで飛躍後にBLUE MURDERを結成したのは周知の事実なわけだが、ジョンフィル・ライノットへのリスペクトは相当なものがあるらしく、THIN LIZZYを再結成させてツアーをしていたのはご存じだと思います。

それだけではなく、THIN LIZZYって、やっぱ日本で凄く人気があるバンドだったんだよね。
そして、決定的なのがPRETTY MAIDS が92年に発表した「Sin-Decade」なんだな。
そのアルバムに収録の⑧Please don't leave meフィルジョンのコラボを再評価するきっかけとなって、ジョンもひたすらフィルへの想いを語るようになったっていう図式なんじゃないかな。
そういうのに乗っかった商魂みたいなのがプンプン匂ってきますね。

このライブ盤は若干音がこもっているというか、ジョンって、もしかしたらこういう温かみのある音が好きなのかもしれない。
レスポールのまろやかな音を際立たせるための音作りなのかもしれません。
そうは言っても、各楽器の分離はできてるので、マルコ・メンドーサ(B)のフレットレスベースの独特な音色がちゃんと伝わってきます。

①Riot から始まるんだけど、イントロの演出が物凄くゴージャス時代のWHITESNAKEの手法に似てるんだな。⑤Save my love でのコーラスはきれいだね。おっさん、オリジナルの⑧を聴いたことがないんだけど、ジョンが苦しそうに唄ってるのは、フィルの低音が出しづらいってことかな?すごく退屈な曲に聴こえるんだけど...。⑨Still of the night での会場のヴォルテージは高いね、ファンはこっちを期待してるんじゃね?

① Riot
② Cry for Love
③ Cold Sweat
④ Billy
⑤ Save My Love
⑥ Jelly Roll
⑦ We All Fall Down
⑧ Please Don't Leave Me
⑨ Still of the Night
⑩ Dancing in the Moonlight


この時のジャパンツアーでは、“Blue murder”や“Thunder and lightning”もプレイしていたみたいだから、収録しといて欲しかったですね。
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-05-20 (Wed)
220px-Live_at_the_Marquee_Reissue.jpg  00リマスターUS盤

80年、ロンドンでのライブ音源。

ソロ3rdアルバム「G-Force」発表後のライブで、メンバーは LONE STAR のケニー・ドリスコール(Vo)、THE KINKS にいたアンディ・パイル(B)、PAT TRAVERS BAND のトミー・アルドリッジ(Drs)とお馴染みドン・エイリー(Key)

ゲイリー・ムーア(Vo/G)のソロ作は、おっさんちょっと苦手。
ギター職人としてのゲイリーは大好きなんだけど、曲調がダメなんでしょう。

だから、ライブ盤だけでいいやって、似たようなライブを多数持つ羽目になる。
でも、それぞれで毎回メンバーが異なり、凄腕のミュージシャンが集うもんだから、ますますコレクター欲を掻き立てる。

ゲイリードンによるバトルが白熱する①Back on the streetsケニーの声質はゲイリーに似てるが、ゲイリーより線が細いね。③Dancin' だけじゃないけど、ここでのギターソロなんて、指使いがすごく速いよねぇ。④She's got youでは、ゲイリーケニーで順番に分け合って唄ってます、ゲイリーの野太いヴォーカルがはっきりとわかるでしょう。⑤Parisienne walkwaysは歌なしのインストヴァージョンで、これがフィギュアスケートで使われてるはず、これが超がつくほどの名演なんだわ、これ1曲のみを聴きたくてこのアルバムを持っているようなもんです、魂のヴィブラートと天まで届くチョーキングを堪能しましょう。⑥Youでは、ケニーゲイリーのハモリが超キレイに決まってます。⑦Nuclear attack はオリジナルよりもエッジが立ってなく、モッサリしちゃってるなぁ。⑧Dallas warheadトミーの細かい音使いのドラムソロなんだけど、ちゃっかりゲイリーのギターソロもフューチュアされちゃってます。
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |