個別記事の管理2015-06-30 (Tue)
220px-Jpstandclass.jpg ★★★ 01リマスターUK盤

メタルゴッドの4thアルバム

前々作「Sad Wings of Destiny」と前作「Sin After Sin」までの様式路線から曲をよりソリッドにすることで贅肉を削ぎ落した正統派HMとしてさらなる進化を遂げていくことになる。
それでも随所に心にグッとくるギターメロディを織り交ぜ、リフ一辺倒にならない曲作りの妙も見せているところが凄い。

このアルバムからドラマーにロジャー・グローヴァー以下パープルファミリーと仕事をしたことのあるレス・ビンクス(Drs)を据えるわけだが、新ドラマーの紹介も兼ねたようなドラムロールのイントロからファストなリフが劈く①Exciter、1曲目としては破壊力抜群の曲だ。②White heat, red hot はリフ、リフ、リフのガッツソング、たぶんビンクスのツーバスと思われるドコドコ音が心地よい。③Better by you, better than me は、SPOOKY TOOTH のカヴァーなんだけど、自分のものにしちゃってるところが凄い。④Stained classでは、イントロのリフワークがこれまた素晴らしい、前作までに見られた様式系の曲展開も垣間見られてドラマチックに仕上がっている。⑤Invaderでは、サビのコーラスが美しい。⑥Saints in hell では、重金属音ギターリフの上に粘りつくベースラインが重さを強調、ぜひライブで聴いてみたい曲だ、ロブ・ハルフォード(Vo)の伸びやかな歌唱も見事だ。⑦Savageでのイントロのロブのスクリームは尋常じゃない。⑧Beyond the realms of deathでの陰陽のドラマに酔いしれたまえ。⑨Heroes end でのロブが声色を変えて一人二役をやってるところが面白い、これもドラマチックだ。
以下、リマスターボートラで、⑩Fire burns below は急に曲調と時代的なものがガラッと変わる、それもそのはずで「Ram It Down」制作時のアウトテイク、何でここに入れるかね、グレン・ティプトン(G)がスパニッシュギターを披露してて、曲としてはけっこうアメリカンドライな感じで決して悪くないな。⑪Better by you, better than me は「Painkiller」ツアー時のライブ音源、ロブのヴォーカルが危なっかしく、裏返っちゃうこともあります。

プリーストって、どのアルバム聴いても想うんだが、アルバムを一枚のアートとして作り上げる完成度がハンパないね。
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-06-29 (Mon)
220px-Moving_Pictures.jpg ★★ 97リマスターJP盤

カナダ産プログレバンドの8thアルバム

ごめんなさい。
おっさんには、RUSHの良さがなかなか理解できない。
感想文を書くのが非常に難しいバンドだと思います。

圧倒的な演奏技術と音数の多い巧みな楽曲センスなんか、どんなバンドでも真似できない凄さはわかるんですが、なんだろ?
グッとくる何かが足りないんだな。
音だけ聞いてると、その凄さがヒシヒシ伝わってくるんだが、アルバム全体を聴き終えた時に残るものが少ないんです。

よく言われるのが、歌詞世界と音像のトータル的なコンセプトが見事だってこと。
おっさん、ほとんど歌詞を気にしない。
英語圏で暮らすことのない日本人は同じような感想をお持ちの方が多いんじゃないだろうか?
だから、小難しいって印象を持っちゃうのかな?
たぶん、RUSHのアルバムはすべて同じような感想文を今後も書いていくと予想されます。
じゃあ、手放しゃいいのにって思うんだが、そうするには勿体ない音世界でもあるんだよなぁ。
おっさんにはこういうバンドを聴く耳は持ってないんだろうな、くっそー。

シンセサイザー音がモワーンって音を立てて先の見えない音世界へとグングン誘われる①Tom Sawyer、タイトル名から田舎っぽさを想像したが、シンセ音は宇宙的だ。それにしても、各楽器の演奏技術は驚愕に値する。手数の多いニール・パート(Drs)のドラミングは凄すぎるの一言で、それなのにすげぇタイトなんだよねぇ、実はニールはおっさんのフェイヴァリット・ドラマーです。②Red barchetta の歌メロはポップなのにバンドアンサンブルが凄いんだ、神秘的なフレーズもあって形容しがたい曲だなぁ。③YYZ は次から次へと音世界が変わっていくインスト曲。④Limelight はラジオ向けしそうなポップ感があるねぇ。⑤The camera eye は11分もある長い曲、うーん、何も残らない、70年代にやってたゲディ・リー(Vo/B)の甲高い金切り声とも言えそうな絶叫で迫る起伏の激しい曲展開が懐かしくなってしまうんだわ。⑥Witch hunt は空間の広がりがハンパない。⑦Vital signs からは80年代を象徴するポップカルチャーの音が聴こえてくるねぇ、それって、カルチャークラブ?

わざとなのかな、ほとんどの曲が4分そこそこにまとめられている。
とっつきにくさの解消を狙ったんだろうな。
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (0) * Trackback : (1) |
個別記事の管理2015-06-28 (Sun)
sunagitune.jpg

とあるHPを閲覧してて、そこのアクセス解析が気になって開いてみた。

開いて驚いた、ぶったまげた。


おっさんは、自分のブログの訪問履歴(訪問者リスト)すら見ないほうなので、他人のも見るつもりはないが、アクセス数が気になって押してみたら、そこのHPの訪問者履歴一覧がズラッと出てきた。


それは、Web-Stat という会社から入手することのできる「Streaming Details」というプラグインのようだ。


一覧にはこんなことが表示される。

●Visit #: アクセスナンバーに何曜日、何月何日、何時何分の訪問かが表示される。

●Status: New/Return、要するに新規訪問か再訪問かってことでしょ。

●Referrer: 訪問方法、サーチエンジンからか、ダイレクト訪問なのか。

●Keywords: サーチエンジンのキーワードには何を入力してたか。

●Entry page: どのページから入ってきたか。

●Visitor location & IP: IPアドレスと郵便番号、市までの住所、どのサーバーを使ってるか。

●O.S.: 使ってるOS。

●Browser: 使ってるインターネットブラウザーはどこか。

●Scr. Size: 閲覧してるモニターサイズ、PCか、スマホか。


うわぁーーーー、気持ちわりぃぃぃぃぃぃーーーー!!
郵便番号なんか出てきたら、どこからのぞいてるかがほぼ特定されんじゃんよぉ。


もしかして、FC2の訪問者リストもこんなことできちゃったりします?
Theme : おすすめ情報 * Genre : 日記 * Category : 暮らしの日記
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-06-26 (Fri)
行ってきました、2015/06/25、渋谷ツタヤO-イースト。

HELLOWEENのフォロワーとしてドイツからデビューし、パワーメタルに乗せてファンタジックワールドを繰り広げるブラガは日本でも多くのファンを擁する老舗バンドだ。
そんなバンドが前回のLOUD PARK 07 出演のための来日から8年ぶりにやってきた。しかも、今回は単独公演。
なのに、あまり騒がれることなくその日がやってきた。

一昔前なら、現地海外取材として、BURRN!誌がライブの予習として海外での模様を取材してくれてたのに、それもまったくなし。
BURRN!の部数が今、どれほどあるか存じ上げないが、海外取材をする予算なんてほとんど皆無に等しいんだろうな。
古臭いバンドだから無視しますよっていう理由では決してないはずだ。

ライブの予習なんて、今じゃインターネットで簡単に手に入る時代になった。
YouTubeを見れば、ないライブ映像を探す方が難しいだろうに。
こんな時代に未だにアナログ世界でタイムリーじゃない情報を提供するBURRN!を守り貫いている編集者とそれを支持する購読者たちは素晴らしい。
で、ブラガ来日のライブレポってBURRN!の9月号くらいにはちゃんと掲載されんのかな?

4月からの欧州ツアーからオーストラリア、日本で第一クールが終わり、10月より北中南米ツアーが始まる。
ということは、ここ渋谷がひとまずの千秋楽、きっと何かがある。

スカスカの会場なんじゃないかという不安と、千秋楽に込めた期待を胸に渋谷へと向かう。

会場に着くと、予想に反してけっこう客入りが進んでいる。

開演間際になってもうほぼ会場は埋め尽くされたんじゃないだろうか。

PA0_000120150626.jpg

開演時間通りにあの新作「Beyond the Red Mirror」のオープニングのSEが鳴り響く。
パラパラとメンバーが定位置について①The Ninth Wave がスタート。

まあ、音が悪い。ハンズィ・キアシュ(Vo)のパワフルな歌唱もバンド音にかき消されることもしばしば。
誰だか知らんが、5弦ベースを速いピッキングワークでルート音を鳴らしているであろうベースの音とキーボードの音なんか聴こえやしない。
残念なのが、フレドリック・イームク(Drs)のドラム音。彼はシンバルを駆使していい仕事してるのに、音が生音からはほど遠い電子音で勿体ない。
まあ、きっと会場の問題なんでしょうかね。

ファストチューン②Banish from Sanctuaryの登場で2曲目にして大狂乱とすさまじいクワイア隊で耳が痛い。
③Nightfall でもコーラスばっちり。
④Fly はリズムが取りにくい可愛い曲なんでちょっと小休止。
⑤Tanelorn (Into the Void)
⑥Prophecies
⑦The Last Candle のアウトロでは、“Somebodies out there”の大合唱。これが、ドラムに合わせて会場だけで唄わされるんだが、なかなか終わらない。会場の意気込みを試すかのようにハンズィもまだまだって顔をしてしまいにはメンバーたちは座り込んで聴きこんでいる始末。会場がひとつになった瞬間だったね。

ピアノの伴奏に合わせてハンズィが素晴らしい歌唱を披露する⑧Miracle Machine は見事だね。ハンズィがベースを手放したのは正解だよな。

ハンズィが次は「Battalions of Fear」からの曲で、なんかMCを始めると会場から“Majesty---”って声が上がって、ハンズィも困惑顔。予習ができちゃう世の中もアーチスト泣かせだな。
⑨Majesty
⑩Welcome to Dying
⑪Journey Through the Dark
とクラシックソングを立て続けにやって、
⑫Imaginations from the Other Side ここで本編終了、時間は20時半を指していた。


第二編の始まりを告げるSEが始まるとアンコール1曲目は⑬Wheel of Time、続けざまに⑭Twilight of the Gods
⑮Valhalla のアウトロでも“Valhalla - Deliverance/Why've you ever forgotten me”の大合唱を延々とやらされる。もう、声がでねぇ~!!
⑯The Bard's Song - In the Forest
⑰Mirror Mirror
⑱Barbara Ann
で終了。

ここまでで時計は21時10分。

千秋楽でも特別なことはなかったが、メタルファンで良かったって思わせるライブでした。
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : ライブレポ
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by へべれけ
フライヤーズポンタさんこんにちは!
ブラガ僕も予定通り行きました!
往年のアルバムからの選曲に対する会場からのコーラスの声が大きくてメンバーがニンマリしたシーンも多く見受けられましたね!
僕はImaginations~以来のブラガのコンサートの参加でしたが本当に満足でした!

メタル最高!! * by フライヤーズポンタ
へべれけさん、こんにちは。

おっしゃるとおりの大満足のライブでしたね。
短髪のハンズィが頭振るのはちょっとカッコ悪かったですけどね。

今後もライブを楽しみましょう。

個別記事の管理2015-06-25 (Thu)
220px-Rush_self_titled.jpg  97リマスターUS盤

カナダ産プログレバンドのデビューアルバム

白状しよう。
これ、つい最近買いました。

世間一般では、このアルバムは、ニール・パート加入前のもので、あまり薦められないアルバムということである。
なので、おっさんも右に倣えで、手にすることはなかった。

ある日、暇だったんで、BURRN!創刊30周年記念特大号を眺めていたら、奥野先生が「代表作ではないがアタック感のあるリフとリズム、高音VoがLED ZEPPELINを彷彿させる本作が音的には最もヘヴィでメタリックであることは間違いない。」と仰っている。
うぉーーーー、買わネヴァ、ネヴァーーーーー! ってことで買ってみた。これを勢い買いといいます。

ギターリフでガンガンに進行する①Finding my way、次作以降のプログレバンドに通じるものが既にこの曲に表現されている、単純なHRバンドとしてスタートしてません。②Need some love はロックンロールなんだけど、たしかにゼップに似たフレーズがあるのがわかる。③Take a friendTHREE MAN ARMY的な70年代英国HRの薫りがしますね。④Here again はブルージーかな、にしては7分もある長い曲でプログレ臭もプンプンするんだよね、デビューから一辺倒ではいかないバンドだってことがヒシヒシと伝わってきます。⑤What you're doingもゼップ的なリフワーク。⑦Before and after のイントロのメロディは秀逸だなぁ、そこに被さるあっちこっちに跳ぶベースラインがゲディならではのもので、演奏技術の高さには惚れ惚れいたします、って感心してるとドンドン曲調がメタリックになっていく、もう既にプログレバンドじゃーん。⑧Working manでもギターソロを弾きまくるところがあるし、IRON MAIDENを連想させるリフワークもあるしで、やっぱこのバンド、デビュー作からプログレメタルですよ。

うーん、...。

ゼップ型のHRをやるには、ゲディ・リー(Vo/B)のヴォーカルは高いだけで強さが伴ってないように思います。
だからなのか、やたらエコーをかけて歌メロをバンドに負けないように工夫してるように感じます。
次作以降でプログレ色を強めていくことは、ゲディの声質を考えると正解だったんでしょう。
それは、歴史が証明してますよね。

やっぱ、ここは無視して2ndからでいいんじゃないか?
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |