個別記事の管理2015-06-16 (Tue)
220px-Aerosmith_-_A_Little_South_Of_Sanity.jpg ★★★ JP盤

93年から94年に廻った「Get a Grip」ツアーと97年から98年に廻った「Nine Lives」ツアーの模様を捉えたライブアルバム。

日本でのライブも収録されているらしいが、クレジットもないので、どの曲のことなのかさっぱりわかりません。
噂では、D2-②Last child が98/03/12の横浜アリーナ公演とされているが、その日のブートを聴いて比較してみないとわかりませんな。

AEROSMITHのことを知りたいという若者がいたら、まずはこれを聴きなさい。

CDの帯にはこんなことが書いてある。

究極のライブ・ベスト・アルバム!!
最強のライブ・バンド、エアロスミス。25年の輝ける歴史を総括する2枚組ライブ盤が登場!デビューから現在まで、数々のヒット曲をもれなく収録したスーパー・ライブ・ベスト!

まさに、その通りです。

新旧を織り交ぜた実際のセットリストになぞって選曲されていて、曲順も忠実に再現しているところが自宅でライブ実体験をしているかのような感覚になる親切なライブ盤だと思います。

D1
① Eat the Rich
② Love in an Elevator
③ Falling in Love (Is Hard on the Knees)
④ Same Old Song and Dance
⑤ Hole in My Soul
⑥ Monkey on My Back
⑦ Livin' on the Edge
⑧ Cryin'
⑨ Rag Doll
⑩ Angel
⑪ Janie's Got a Gun
⑫ Amazing

D2
① Back in the Saddle
② Last Child
③ The Other Side
④ Walk on Down
⑤ Dream On
⑥ Crazy
⑦ Mama Kin
⑧ Walk This Way
⑨ Dude (Looks Like a Lady)
⑩ What It Takes
⑪ Sweet Emotion


D1-②Love in an elevator、加齢とともにテンポ遅くなってってない?D1-④Same old song and danceでのスティーヴン・タイラー(Vo)のシャウトから続くトム・ハミルトン(B)の見せ場はライブで聴くと股間にビシバシきますねぇ。この当時、とっくに取り上げられることがなくなっていたD1-⑩Angel のライブヴァージョンが聴けるなんて、意外な選曲だったねぇ。

聴き終えてみると、エアロ特有の毒々しさがなかったことに気が付く。
まあ、歳食ってダンディーな大人のライブをプレイするようになったってことだろうな。
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |