個別記事の管理2015-06-19 (Fri)
220px-Aerosmith_-_Honkin_On_Bobo.jpg ★★★ US盤

2004年発表、ブルーズソング・カヴァー集のコンピレーショアルバム。

おっさんはコンピはコレクションしない。
が、これは例外で、待ちに待ったアルバムなんだな。

Just Push Play」で期待を大いに裏切ってくれて、「あばよ!!エアロ」とまでボヤいてしまった。

このアルバムを一聴するやいなや、完全にノックアウトされた。
これを待ってたんですよ。
カヴァーアルバムなんで、複雑な気持ちだが、グルーヴ全開のエアロ節満載で、物凄い音圧でスピーカーからスティーヴン・タイラー(Vo)の大口が飛んでくる。
音が良すぎて、うるさいくらいだ。

こんなことができるんだから、このバンドは無視できない。
各自の個性を尊重してみんな仲良く、オリジナル・フルアルバムをどんどん作ってほしい。

参加ミュージシャンも豪華だ。

チャック・ベリーとも仕事をしていたジョニー・ジョンソン②Shame, shame, shame⑩Temperatureでピアノを披露している。これまた、オーティス・レディングなど伝説の人たちとの仕事でも知られるThe Memphis Horns⑤Never loved a girl でブラスを担当している。また、最近の人では、オルタナティヴ・ミュージシャンとして有名なトレイシー・ボーナム⑥Back back trainジョー・ペリー(G)とデュエットし、⑫Jesus is on the main lineではコーラスに参加しています。
⑧The grind は、なぜかオリジナルの新曲が収録されています。⑪Stop messin' aroundジョーが「Get a Grip」ツアーからプレイするようになった持ちネタで有名ですよね。

ここから8年も新作「Music from Another Dimension !」を待たされることになるとは想像もつかなかったよ。
バンド活動って、難儀ですね。
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |