個別記事の管理2015-09-08 (Tue)
行ってきました、2015/09/06、クラブチッタ川崎。

LOUD PARK 14に出演し、好評を博したRIOTが再びやってきた。
おっさんは、LOUD PARKは参戦していないので、その時のことはよくわかりませんが、単独公演とあっては行かないわけにはいかない。

開場時間ちょうどに会場に到着すると、雨が降り出した中、傘をさした中年メタラーたちが順番待ちでごった返している。
この日は日曜日なので、川崎にお出かけしてた家族連れもその辺を行きかっていたので、さぞ、奇妙な光景に見えたに違いない。

いつも思うが、クラブチッタほど客入りと客だしがスムーズにいかない場所はない。
きっと、これ開演時間になっても全員入れねぇんじゃねって思いつつ、入場を無事に終える。

ステージを見ると、白い幕で覆われてステージ上が見えない。
珍しいな、なんて思いながら開演を待つこと20分強。

開演時間を5分過ぎて、会場が暗転。
白い幕にマーク・リアリの往年の姿が映し出される、あー、こういうことね。
過去のアルバムで使われたSEを織り込んだBGMが流れ、思い出のスナップ写真が次々に映し出される。
おっさんは、マーク存命時のライブを観たこともないので、思い入れなんかないはずなのに、なぜか目頭が熱くなる。
そして、①Narita がプレイされ始めると、白い幕が上がってバンドが登場。
いきなりインストかよなんて、予習の時に思ったが、スナップの演出と相まって凄く鳥肌が立ちましたよ。

続けざまに②Ride Hard Live Free がプレイされると、トッド・ホール(Vo)が登場、自慢の高音域ヴォイスを高らかに歌い上げる。
この人、凄いね。アルバムを聴く限り、ちょっと力強さがないかなって思ってた自分が恥ずかしい。
アルバム通りの澄みきった高音をパワフルに、かつバンドのけたたましさに負けない歌いっぷり。
容姿もカッコいい。小顔でブルーアイの大きな瞳。新宿行ったら、モテるだろうな。
欧米の人たちからしたら、美少年って感じなんだろうな。

③Fight or Fall では、合いの手で会場がひとつに。
④On Your Knees では、アルバムで聴かれたホーンセクションがないから味気ないかと思いきや、ライブヴァージョンの破壊力はハンパない。
それに続く⑤Metal Soldiersへの流れはこの日一番の鳥肌でした。
⑥Johnny's Back

⑦Wings Are for Angels では、リズム感覚が難しいイントロからスピードチューンへと突入するところもばっちり決めてチョーカッコいい、これぞHM。

HRバンド時代の⑧Fire Down Under がこのバンドで聴けるなんて嬉しい限り。
けっこう、メタルソングに聴こえてくるからこのバンドの上手さがわかるってもんだ。
冷静に考えると、ただのカヴァー・トリビュート・バンドなんだけど、そこはマークの遺志を継ぐ跡目として本物感たっぷりなんだな、これが。
そうは言っても、「Restless Bleed」からの⑨Hard Lovin' Manって必要かね?

⑩Metal Warrior でドラムを注目すると、けっこう凄いってことに気づく。
ボビー・ジャーゾンベクを観たことないんで比較できませんが、打点は力強くはないんだが、手数の多い素早い動きで複雑なリズムをこなしてたんだよねぇ。音もいい。
後半は、みんなで拳を振り上げて、“Hea-vy Me-tal Thunder---------!!”

⑪Sign of the Crimson Storm、トッドのスクリームがすげぇのなんの、バンドの音がデカいもんだから、耳がやられてきた。それとも、音そのものが悪くなってきたか?
このメタル音の洪水と波動がたまんねぇーーーー。

⑫Fall From the Sky の光速リフが速すぎてコーラスを入れるのを忘れちまったー、待ってくれー。
⑬Outlaw
⑭Black Leather and Glittering Steel
⑮Still Your Man
⑯Angel Eyes
⑰Altar of the King
⑱Flight of the Warrior
⑲Bloodstreets

⑳Take Me Back では、みんなでジャンプ、ジャンプ、ジャンプ。
オールドアンセムソングの㉑Road Racin'、なんてカッコいいリフなんだぁーーーー、身震いしちゃうね。

ここで、スペシャルゲストとしてオリジナルメンバーのLAクヴァリスが呼ばれる。思い入れはありませんが、大拍手。
彼がリードギターとなって㉒Tokyo Rose㉓Rock City㉔Warrior
これで本編終了、ちょうど19時だった。

KC3H00252015090607.jpg

アンコール1曲目は、たぶん日本でしかプレイされることのないだろう㉕Land of the Rising Sun

日本思いの彼らに心を熱くしていると、トッドがおもむろにマークが使っていたと思われるギターケースを掲げ、ドン・スタバーン(B)がテキーラかバーボンをかけてあげる。そう、曲は㉖Swords and Tequila

最後はもちろん、㉗Thundersteel、会場の大狂乱をご想像いただけますよね?


時計は21時15分、2時間強のライブでした。
長いライブだが、この日やってたミスチルのライブは3時間半やってたんだよね?
比べちゃいけねぇか。

大大大大大満足のライブでした。あー、疲れた。

会場に集ったピュアなファンの皆様お疲れさんでした。
このバンドを今後も応援しましょう。
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : ライブレポ
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by へべれけ
フライヤーズポンタさんこんにちは!
私も当日参加していました!
往年の名曲も新曲も新生RIOTに相応しい演奏のしっぷり歌いっぷりでした。
Warriorでは涙が出てきましたね!
今後も積極的に活動を続けて欲しいです!

メタル最高 * by フライヤーズポンタ
へべれけさん、お疲れ様でした。

2時間、あっという間。
ぜんぜん中だるみしませんでしたね。

次作も楽しみです。

個別記事の管理2015-09-05 (Sat)
220px-Bruce_Dickinson_-_Accident_of_Birth.jpg ★★★ JP盤

元IRON MAIDENのシンガーによる4thソロアルバム。

メイデンを抜けた時のブルース・ディッキンソン(Vo)への風当たりは可愛そうなものだった。
HMを象徴するようなバンドからバンドの顔が半ば強引に去っていくわけだから、ファンを敵に回すことになるのは当然のことなんだが、ブルースの今までの貢献にリスペクトして送り出す風潮があっても良かったような気がする。
スティーヴ・ハリスの怒りが尋常じゃなかったから、ファンも同じ気持ちになるのも無理はないが...。

そう言ってるおっさんもメイデン在籍時からでもブルースのソロ作なんかまったく興味がなかった。
なので、3rdアルバムまではまったく知りません。

どんな歴史のいたずらなんでしょうか?
あのメタル再生請負人ロイ・Z(G)が素晴らしい仕事をしてくれました。

ロイは今でこそ、再生請負人だが、ブルースにとっては、前々作「Balls to Picasso」(94年)で一緒にコラボレートした旧知の仲だ。
HMから遠ざかっていたブルースを再びHMの世界へと引きづり戻したこのアルバムからロイは、再生請負人として有名になるのである。

メタルが多様化しすぎて、正統派HMが完全に死につつあったこの時代に、同じく元IRON MAIDENのエイドリアン・スミス(G)と手を携えてピュアメタルを再構築したとあっては、おっさんメタラーたちが狂喜乱舞しないわけがないでしょうに。

ギターの不協和音のようなフレーズから重いリフへと突入する①Freak、相変わらずブルースの歌唱には惚れ惚れする、中間部のリフなんてBLACK SABBATHのようなウネリの効いた重さだ。③Starchildrenでも重さは変わらない。アコギの調べでしっとりと歌い上げる④Talking the queenでは、ヴァイオリンとチェロがお目見え。ドラマチックに仕上がった⑤Darkside of aquariusは、最もメイデン風な曲と言えるかもしれない。⑥Road to hell⑩Welcome to the pit の2曲がエイドリアンとの共作で、いかにものガッツソングと、このアルバムの作風通りな重さを強調した曲となっている。ピアノの弾き語りで始まる壮大なイメージを持つ⑦Man of sorrowsブルースひとりのペンによるもので、元々は映画とのタイアップ曲だったそうだ、書いた直後に映画は実現しなかったそうだが、のちに映画「Chemical Wedding」として上映されたそうな。⑪Ghost of cain は日本盤ボーナスだが、US盤にも入ってます、これもエイドリアンとの共作です、メロディ作りが秀逸だね。⑫Omegaは④と同タイプで、哀愁漂うギタートーンで聴かせてくれます。スパニッシュギターのような音色で始まる⑬Arc of space はエンディングソングとしては雰囲気充分、胸にグッときます。

ここからメイデン復帰へのレールが敷かれ、そもすれば、第二のメタル黄金時代(特にヨーロッパでの)への序章として位置づけられるアルバムかもしれない。
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-09-01 (Tue)
ついにブラウン管テレビから液晶へと買い替える。

悩みに悩んだ。

結局、大型量販店より通販の方が最新機種が安いので、安心・安全・迅速のアマゾンで購入することに決した。

アマゾンライダー

後悔のないように、吟味に吟味をして注文確定ボタンをクリックする。

税込で¥48,495.

アマゾンは迅速だ。
注文から2日後に荷物が届く。
ただし、テレビはなく、外付けHDDのみ届く。

どういうことだ?

メールを確認すると、こんなメールが届いていた。

『誠に申し訳ございませんが、以下のご注文商品について、入荷の見込みがないことがわかりました。そのため、やむを得ずご注文をキャンセルさせていただきました。

なお、Amazonマーケットプレイスの出品者が商品を販売している場合は、そちらからご購入いただけます。

このたびは、ご注文商品を入手できず、お客様に大変ご迷惑をおかけしたこと、また、ご期待に背く結果となりましたことを深くお詫びいたします。』

は!?

在庫状況は10個近くあったんだから、入荷の見込みがなくなったなんてあり得ないだろ??

アマゾンは入荷してないものを売りに出すのかよ?

入荷先とのトラブルか?

何の説明もないので、またアマゾンを開いてしまう。

これって、架空注文をさせて、他のアマゾンマーケットプレイスの出品者より買わそうとするフィッシング詐欺のようなもんか?

通販大手でもこんなことすんのかよ!!

チクショーーーー、こうなったら、価格.comから最安商品を買ってやる。

CDの店頭同時販売で売り切れちゃうってのは納得できるが、なんで注文キャンセルになったのか説明してくれよ。

皆さんのアマゾンでのトラブルをぜひお聞かせください。


おっさんは怒ってるんですよ!!
Theme : ネットショッピング * Genre : ライフ * Category : 暮らしの日記
* Comment : (0) * Trackback : (0) |