個別記事の管理2015-09-26 (Sat)
220px-Album_the_triumph_of_steel.jpg ★★★ JP盤

米国産パワーメタルバンドの7thアルバム。

デビューから一貫して大仰路線を貫いてきた男気バンドが行き着く先は組曲である。

レコードが主流であった時代、プログレ連中がよくやっていたのは、アルバム1枚丸ごと組曲か、A面かB面を組曲にするか、色んな選択肢があったと思うが、このアルバムはA面が組曲となっている。

①Achilles, agony and ecstacy in eight parts が組曲なんだが、これ約29分もある大作なんだよね。
HELLOWEENの“Keeper of the seven keys”とIRON MAIDENの“The rime of the ancient mariner”も大作として有名だが、どちらも約13分なんで、こっちが断然長いわけだ。
LPレコードの収録可能時間は約46分(だったよね?)だからして、この曲はA面に収まるんだろうか?
このアルバムが発表されたのは92年なんで、とっくにCD主流の時代になってると思うので、もしかしたら、レコードでは発売されてないのかもしれない。
ちょっと調べてみたら、CDの売り上げがLPを抜いたのは、86年だそうです。

話を戻すと、いきなり冗長な組曲を聴かされるもんで、このアルバムを好きになれないファンも多いみたいだが、前作「Kings of Metal」路線の男気メタルが組曲以外で多く聴かれる高品質なアルバムだと思います。
「Kings of Metal」の続編と想っていただけたらいいはずです。
サムライなら、全曲正座して聴くべし!!

①はオーソドックスなマーチングソング“Prelude”から入り、激しくてズシリと重いリフが印象的な“Hector storms the wall”、オルガンの音とゴスペル的なコーラスが響く“The death of Patroclus”、2本のギターがメロディをユニゾンで奏でる“Funeral march”、“Armor of the gods”はドラムソロ、激しいドラミングに続くのは真逆の静かな曲でナレーションの入る“Hector's final hour”、ファストソングの“Death hector's reward”、“The desecration of Hector's body(Part 1 & 2)”はベースソロ、全身全霊でバンドがぶつかり合う“The glory of Achilles”で最後を飾る、もう、飽きました?
②Metal warriorsでは、絶唱がバンドを引っ張るというエリック・アダムス(Vo)の歌唱に悶絶するべし。③Ride the dragonでは、左右のスピーカーから交互に声色をやや変えて繰り出すヴォーカルが目立つんだが、前作から本作でも多用しているので、マンネリちっくなところもあるんだけど、熱いよな。④Spirit horse of the Cherokee は、インディアン虐殺の逸話がテーマ、エリックのシャウトが凄いんだから。⑥The power of thy swordもドラマチックな曲で、オペラ歌劇のようだ。アルバム最後を飾るのは珠玉のパワーバラード⑧Master of the wind、さあ、みんなでリフレインしよう、
“Fly away/to a rainbow in the sky/gold is at the end/for each of us to find/there the road begins/where another one will end/here the four winds know/who will break and who will bend/all to be the master of the wind”

このアルバムを引っ提げて、1993年1月に初来日を果たすことになる。
その時、まだ出会ってなかったおっさんは、歴史的瞬間を逃すこととなってしまった。

あー、行きたかった。
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-09-23 (Wed)
KC3H002320150905.jpg

健康診断の結果が返ってきた。

日頃の不摂生がたたって、空腹時血糖の精密検査を受ける指示が入っていた。


そういえば、オヤジは糖尿病だ。

おっさんも近い将来インスリンのお世話になる日が来るのか?


でも、毎回健康診断前には、カフェラテを飲んでるし、そもそも尿糖は出てんのか?

最近の健康診断の項目に尿糖検査はないみたいだから、わからん。

2次検査は自己負担なんで、今回はパスしよう。


健康第一ってのは理解できるが、身体に浸みついた悪習慣はなかなか治らない。

っていうか、意志が弱い。

あー、情けない。


BLACK SABBATHのファイナルツアーがアナウンスされた。

2016年1,2月はアメリカで、4月はオーストラリアとニュージーランドだそうな。

オセアニアを廻るついでに来日してくれんのかな?

オズフェストをキャンセルされて、その半年後に再来日するのもオジー・オズボーンとしては腹立たしいよな。

でも、オジーのことなら半年前に来日してたことなんて忘れちゃうかもしれないな。


何はともあれ、自分の健康を気にしつつ、サバス来日の夢でも見て妖怪。
Theme : 糖尿病 * Genre : ヘルス・ダイエット * Category : 暮らしの日記
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-09-20 (Sun)
行ってきました、1999/10/09、赤坂ブリッツ。

KC3H0007201705134.jpg

時代は、ミレニアムで何かと色んな問題が生じるんじゃないかって世間が騒いでいたころの話。

ヴィンス・ニール(Vo)が「Generation Swine」で出戻った後、今度はトミー・リーが脱退してしまった。
そんなことにめげることなく、ベストアルバム「Greatest Hits」を発表し、OZZY OSBOURNEでも活躍していたランディ・カスティロ(Drs)をドラマーに据えて「Greatest Hits Tour」なるものをしていた。

あの、モトリーがオリジナル・ラインナップではないとは言え、ライブハウスでのライブでっせ。
行くっきゃないでしょ。

すっごく、綺麗で壮大なライティングがステージを彩り、“In the Beginning”のテープが大音量で流れると、ショウのスタートだ。
この時の興奮と言ったら、もう忘れられない。

ノッケから大合唱の①Shout at the Devil でもう、すでに昇天です。

②Girls, Girls, Girls が始まって落ち着いて聴こうとすると、音が割れててすべてのパートが聴き取りにくいのがよくわかってしまった。
それでも、こいつらのカッコよさと言ったら、ハンパない。

③All in the Name Of...
④Looks That Kill


キターーーーー!!⑤Wild Sideトミーのド派手なドラム遊園地はありませんが、興奮は最高潮!!

このバンドって、誰かが特別に目立つのではなく、均等にみんなが注目を分け合っているような印象がするなぁ。
意外にもミック・マーズ(G)が特に目立っているような気もしますが...。

⑥Live Wire
⑦Home Sweet Home
⑧Don't Go Away Mad (Just Go Away)
⑨Red Hot
⑩Same Ol' Situation (S.O.S.)
⑪Primal Scream
⑫Kickstart My Heart


ヒットソングのオンパレードなわけだが、曲間のブレイクが毎回のようにあって、興奮が途切れ途切れになっていて、乗り切れないところがあったのも事実です。

アンコール1曲目は⑬Dr. Feelgood
⑭Teaser
最後の⑮Anarchy in the U.K.では、ニッキー・シックス(B)がベースクラッシュ、何をやっても様になる姿はカッコ良すぎますね。
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : ライブレポ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-09-17 (Thu)
行ってきました、2008/02/15、パシフィコ横浜。

KC3H0008201705131.jpg

IRON MAIDENは、ブルース・ディッキンソン(Vo)エイドリアン・スミス(G)が出戻ってからというもの、破竹の勢いでHMの頂点へと登りつめた。
ファンの支援に感謝するかのように、アルバムを出すだけに留まらず、過去の名曲を披露するライブをするためだけにツアーが組まれて、ファン層をさらに拡大していた。

その最たるものが、「Eddie rips up the world tour」である。
メタル支持層が枯渇していた日本には来てくれなかったツアーである。理由はいろいろあるだろうが、このツアーを待っていたファンは多かったはずだ。
その時のセットリストを見れば、絶対行きたくなるはずだ。

①The Ides of March~Murders in the Rue Morgue
②Another Life
③Prowler
④The Trooper
⑤Remember Tomorrow
⑥Where Eagles Dare
⑦Run to the Hills
⑧Revelations
⑨Wrathchild
⑩Die With Your Boots On
⑪Phantom of the Opera
⑫The Number of the Beast
⑬Hallowed Be Thy Name
⑭Iron Maiden

⑮Running Free
⑯Drifter
⑰Sanctuary

そして、第二弾スペシャルライブとも言うべき、「Somewhere back in time world tour」なるライブを日本でもやってくれることがアナウンスされた。

行くに決まってんでしょ!!

このワールドツアーの模様は、「Flight 666」としてライブ盤が出てるので、見逃した人はDVDを観るべきでしょう。


寒い真冬にパシフィコに到着すると、Gジャンを羽織ったゴツいメタラーたちで溢れ返っており、一緒に世界を旅してるのか、外人の姿もやたら目につく。
コイツら、自国の旗を誇らしげに振りかざすもんだから、本場のライブ感満載だったんだな、これが。

会場に入ると、何やら靄がかかって辺りは真っ白だ。
スモークのリハーサルかと思ったが、たぶんこれ加湿だな。
乾燥する日本、ブルースの喉を気遣ってのものだろう。会場に元々ある装置なのか、それとも、メイデンが持ち歩いてる装置か?
それにしてもデカい会場を真っ白にする加湿器のパワーは凄いな。

会場にあのチャーチル首相のスピーチが流れてショウが始まった。この感動は忘れない。
1曲目は当然、①Aces High
間髪入れずに②2 Minutes to Midnight
Live After Death」とは順番が入れ替わって、③Revelations、フェイク一切なしで唄いきるブルースの凄さに改めて驚嘆するしかない。
④The Trooperでは、国旗が会場中を揺らしてまるで戦場のようだ。

嬉しい選曲だったのは、⑤Wasted Yearsエイドリアンがカッコ良すぎ。
⑥The Number of the Beast
⑦Can I Play with Madness


大作⑧Rime of the Ancient Marinerを完璧にやりこなすんだから、このバンド凄すぎるよ。
⑨Powerslave
⑩Heaven Can Wait
⑪Run to the Hills

⑫Fear of the Dark、この曲を入れるか入れないかでちょっとした議論になってたが、会場で聴く限り違和感まったくなし。オーディエンスも最高に盛り上がってたよ。

⑬Iron Maidenでは、お馴染みの巨人エディの登場だ。今回のツアーでは、巨頭エディが舞台下からセリ出てくる演出がなかったね。ちょっと、ガッカリ。

アンコール1曲目は⑭Moonchild、頭の数小節ブルースデイヴ・マーレイ(G)がやり取りするんだが、その時のおちゃらけぶりもこのバンドらしいね。
⑮The Clairvoyant
⑯Hallowed Be Thy Name


選曲、音、どれをとっても文句なしに素晴らしい。ドラムの音が若干、ひ弱だったかな。

さあ、2015年9月ニューアルバムが登場だ。
今度のツアーでは、どんなサプライズがあるのか今から本当に楽しみである。

2016年4月の来日公演はどこでやる?
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : ライブレポ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-09-14 (Mon)
久しぶりにJR横浜線なるものに乗車する機会が訪れた。

昔から、名前の割には、なんてローカルな路線なんだって思ってたが、車両が小奇麗になっていて新鮮さを感じた。

各車両の先頭には、路線駅にちなんだエンブレムが配されている。

これ、なんだ?

KC3H002620150912.jpg

変な模様をしたシカの背中に下手くそなラスカルが乗っている。

中山駅のシンボルらしいが、おっさんはそこに下車したことないのでさっぱりわからん。

世界名作劇場にちなんだ何かがあるわけ?

このキャラクターはなんだ?


どなたかご存知の方います?
Theme : 気になったニュース * Genre : ニュース * Category : 暮らしの日記
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by Yas
お邪魔します。
たぶんそれ近くのズーラシアにいる何かの動物なんじゃないですかね?
この間娘と行きました。
それが何の動物かは分かりませんが…。

メタルの輪 * by フライヤーズポンタ
Yasさん、ありがとうございました。

これ、動物園のエンブレムなんですね。
全然見当違いな発想をしてしまいました。

ちょっと調べてみたら、オカピっていうキリンの仲間だそうです。
え!?キリンの仲間ってキリンだけじゃないんだ。
世の中、知らないことばかりだ。