個別記事の管理2015-10-31 (Sat)
220px-DeadWinterDead.jpg ★★★ JP盤

アメリカン・パワーメタルバンドの10thアルバム。

ロックオペラ「Streets」を発表してからというもの、このバンドからは目が離せなかった。

バンドの中心人物であるジョン・オリヴァ(Key)が一時、バンドから離れるという時期もあったが、彼らの特徴でもあるオペラ的な要素はなくなることがなく、出すアルバムすべてが感動をもたらせてくれるものばかりだった。
今作から新たなギタリストとしてアル・ピトレリ(G)が加入し、ここに、「Streets」以来となるコンセプトアルバムが完成した。

ストーリーはボスニア紛争の話らしいが、民族紛争の愚かさや悲壮感が音楽から滲み出てくるかのような、アレンジが見事なアルバムと言えるだろう。

アルがそれまでどんな仕事をしてたか、知らなかったが、アルバムのストーリーに乗せてギターがここまで心に響くのもこれまたすばらしい。ただ、ちょっと弾きすぎのような感も無きにしも非ずなんだが...。
前作までは、ジョンが奏でるキーボードがストーリーに息吹を与えていたが、ギターが中心とまでは言わないまでも、かなり目立ってます。

クラシック音楽の前奏曲のような幕開けで①Sarajevo がスタート、イントロが終わるとピアノの伴奏でナレーションを喋るかのような歌メロが始まる。②This is the time は、咽び泣くギターフレーズのイントロから曲のテンポが変わらずにバンドアンサンブルとなる、なんだか、エピローグのような雰囲気のある曲だ。③I am⑥Doesn't matter anywayジョンがリードヴォーカルをとるヒール役的雰囲気の曲、配役によってヴォーカルを替えてるみたいだ、どっちもジョンの声質にぴったりの曲で、ドハマり。スローテンポの④Starlight でのギタープレイも自由奔放だなぁ、ほんでもって凄く野太い音を出しやがる。⑦Mozart and madnessは、モーツァルト曲とベートーベン曲を拝借するインストソング。⑨One child には、もうお約束になった感のある輪唱パートがあります。⑩Christmas eve はイントロでのヴァイオリンだかヴィオラかわからんが、弦楽器とフルートの音色が美しいインストソング。最後の⑪Not what you see は、力強い勇気づけソングだ。

1995年は、珠玉のストーリーアルバムが多く出た年だ。
この年、就職活動に失敗したおっさんはプー太郎としてアルバイトで稼いだ生活費をアルバム購入費にあてていた。
一人暮らしを始めていたおっさんは、八王子の1Kアパートでひとり、このアルバムを聴きながら泣いていたのである。まあ、どうでもいい話だ。
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by 某音楽馬鹿
初めまして!、今時サヴァタージやユーライア・ヒープを熱く語っていらっしゃるブログ偶然見つけて楽しく読ませていただきました。
拝見させてもらったところ私と同世代か少し年上の方かな〜って思いました(どちらにしてもお互いおっさんなんですが・・・)、またちょくちょくお邪魔させてもらうと思います〜。
当方、四国の田舎でメタルへの愛を叫んでます(笑)〜。

メタル最高!! * by フライヤーズポンタ
某音楽馬鹿様
コメントありがとうございます。

自分も自由気ままに愛を叫んでおります。
声高に世間に訴えているわけではなく、あくまで未来の自分への備忘録としてつづっているわけDeath。

メタルを卒業できない、かつ、古いものしか知らないおっさんメタラーの生の声を今後もお聞かせください。

ヘェーヴィー、メタッ!!ヘェーヴィー、メタッ!!

個別記事の管理2015-10-28 (Wed)
heepcitta.jpg

URIAH HEEPの来日公演がアナウンスされて、時間がたったが、皆さんはいかがするでしょうか?

今回は、デビュー45周年を記念したツアーで、「Look at Yourself」を中心としたライブになるらしい。

70年代を実体験していないおっさんは当然、駆けつけるべきだが、クラブチッタなのに全席指定で12000円もしやがる。

そもそも、現メンバーは、ミック・ボックス(Vo/G)バーニー・ショウ(Vo)フィル・ランゾン(Key)ラッセル・ギルブルック(Drs)デイヴィ・リマー(B)となっている。
特に、思い入れのある人はいない。

最近10月モスクワでのセットリストは、

①Gypsy  「... Very 'eavy... Very 'umble」
②Stealin'  「Sweet Freedom」
③Rainbow Demon  「Demons and Wizards」
④Sunrise  「The Magician's Birthday」
⑤Sweet Freedom  「Sweet Freedom」
⑥Circle of Hands  「Demons and Wizards」
⑦The Magician's Birthday  「The Magician's Birthday」
⑧Rain  「The Magician's Birthday」
⑨Wise Man  「Firefly」
⑩Tales  「The Magician's Birthday」
⑪Bird of Prey  「Salisbury」
⑫Look at Yourself  「Look at Yourself」
⑬The Wizard  「Demons and Wizards」
⑭Paradise  「Demons and Wizards」
⑮The Spell  「Demons and Wizards」
⑯Free Me  「Innocent Victim」
⑰July Morning  「Look at Yourself」
⑱Easy Livin'  「Demons and Wizards]」

⑲Lady in Black  「Salisbury」

え!?
Demons and Wizards」ばっかじゃん。
こんときは、リー・カースレイクケン・ヘンズレイがゲスト参加したスペシャルショウだったみたいだから、こうなんであって、おっさんとしては、こっちの方がいいな。

うーん、どうしよう?
12月までのドイツツアーがどうなるかを待ってみても良さそうだ。

気持ちはスルーに傾斜しているが、保留にしとこ。
Theme : 音楽的ひとりごと * Genre : 音楽 * Category : 暮らしの日記
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

傾斜してますね(笑) * by グラハムボネ太郎
私もユーライア ヒープは好きですけど、12000円はダメだ(~_~;)
行きたい、最近のヒープもめちゃくちゃかっこいいですからね!
頑張れ、おじさん達・・・おじいさん達かな・・・(^_^;)

がんばれ、ジジイ * by フライヤーズポンタ
大昔のメンバーであるはずもないんだけど、生で聴いてみたい。

ジジイならこの値段でも来るって魂胆なんだろうけど、高いですよね。
スタンディングにして、1万円なら即、行きまっせ!!

個別記事の管理2015-10-24 (Sat)
220px-Endgame_album_art.jpg ★★ JP盤

スラッシュBig4バンドの12thアルバム。

じつにMEGADETHらしいアルバムだ。
インテレクチュアル・スラッシュを標榜するバンドとして、昔から変わらない気概を持ったアルバムが完成したと思う。

おっさんにとって、MEGADETHは5th「Countdown to Extinction」までだった。
その後の色んな騒動を横目にとっくに興味を失っていたはずだが、前作「United Abominations」の評判を耳にするや、再びアルバムを手に取ろうと思ったクチだ。
前作を気に入ったおっさんは、当然、このアルバムも大いに期待して手に取った。
期待通りで、メガデス節満載の良質なアルバムと言えるだろう。

このアルバムは、BURRN!読者人気投票アルバム部門チャンピオンにも輝いている。
その当時を振り返るため、ちょっと過去のBURRN!を眺めてみると、このアルバム発表時には表紙に起用されていないことに気づいた。
BURRN!で表紙&巻頭カラーで援護射撃されることのなかったのにチャンピオンになったんだから大したもんだ。
2006年12月号で第1回 LOUD PARK出演時の記事としてANGRAキコ・ルーレイロと一緒に表紙になってから、2010年6月号のTHE BIG 4ツアー関連とデイヴィッド・エレフソン(B)の復帰記事としての表紙掲載までまったくないのである。
まあ、ただ単に取材を受けたくなかっただけかもしれませんがね。

①Dialectic chaosでいきなしやってくれる、新ギタリストとなったクリス・ブロデリック(G)とのギターバトルの応酬でアルバムの幕開けとなる。②This day we fight!では、指がつりそうな小技の応酬となる疾走系リフが目まぐるしくフルスロットルで駆け抜ける。③44 minutesでは、無線交信がSEとして使われるが、もうお馴染みですねっていうか、ワンパターン?④1,320も疾走系のイントロを持つ曲で、3rdアルバムの“502”を思い出すなぁ。⑤Bite the hand⑥Bodiesのソリッドさは、「Countdown to Extinction」に通じる部分があるなぁ。⑦Endgameでは、曲展開のふり幅が絶妙だ。⑧The hardest part of letting go... sealed with a kissのイントロでは、アコギとキーボードによるオーケストレーションでメランコリックに聴かせてくれる、皮肉たっぷりのしゃがれボイスで唄うデイヴ・ムステイン(Vo/G)の声との真逆性がたまらんね。⑨Head crusherは1stシングル曲となったもので、ヘッドバンギングソング。⑩How story endsでは、リズムと歌メロがずれてるような錯覚に陥る曲で、プレイするのが難しそうだ。

この後の13thと14thアルバムは特に話題にならなかったんで、手を出しませんでした。

そんで、キコが加入したアルバムって、マーティ・フリードマン効果を狙ってるわけ?
ちょっと、楽しみ~。
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-10-21 (Wed)
今日は伊豆に小旅行。

何食べよっか?って、魚に決まってんじゃん。

で、いろいろ調べていくうちに、稲取のキンメは他と違うという噂を耳にした。

それじゃってんで、徳造丸にキンメを食べに行った。

KC3H0026201510191.jpg

国道135号を熱川を過ぎて、アニマルキングダム手前に突然現れる。

駐車場が広くていいね。


KC3H0027201510192.jpg

これが刺身盛り合わせ定食の刺身。


KC3H0028201510193.jpg

これが金目づくし定食。
煮付けに、刺身に、焼き物だ。


ごはんは郷土風味で、ゆずがどうたらこうたらって言ってたが、おかわり自由だから、3杯も食べてしまった。

肝心のキンメだが、すごく肉厚で、脂が乗っている。

ただし、ブランドなのか、なんだか知らんが、すごーくお高い。

この日は、1匹7500円だそうだ。普通に手が出ない。

あと、荒煮定食も食べたが、アラとは言えないほどの肉付きのボリューム満点なんで、そっちの方が安上がりかも。


房総でもよくキンメの煮付けを食べるが、千葉の方が安いし、味付けも房総の方が好きだなぁ。


何がどう他と違うのか、よくわかりませんでした。
Theme : こんな店に行ってきました * Genre : グルメ * Category : グルメ/旅
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-10-17 (Sat)
220px-Wreckingeveryhting.jpg ★★ GER盤

2002年、ニュージャージーで行われたライブ音源。
そもそも、ビデオ映像(DVD化されてるはず)として完全版が直後に出されたので、そっちの方がいいかも。

11th「Bloodletting」発表後のライブということになるが、このスタジオアルバムは聴いたことありません。
THRASH DOMINATION 2015でのライブがすんごくて、買ってしまいました。
だから、完全に後追いです。

OVERKILLは、スタジオアルバムから尋常じゃないほどのハイテンションを繰り出すバンドであって、これらをライブでプレイされると、どんな狂気に満ちたものになるのか、凄く興味をそそるバンドだと思う。
スラッシュ、パワーメタル、パンクだのとカテゴライズするのがアホ臭くなるほどのならず者メタルとして、すべてを凌駕してしまうほどのテンションがここにある。
ただ、オーディエンスの反応は聴き取りにくい。

なんてったって、「The Years of Decay」から3曲選曲されてるんで、それだけで満足。

DVDの曲順と比較すると、

① Necroshine – 「Necroshine」
② Thunderhead – 「Bloodletting」
③ E.vil N.ever D.ies – 「The Years of Decay」
④ Deny the Cross – 「Taking Over」
⑤ Wrecking Crew
⑥ Powersurge
⑦ Gasoline Dream
⑤ I Hate – 「The Years of Decay」
⑨ Coma
⑥ Shred – 「Under the Influence」
⑪ Hello from the Gutter
⑦ Bleed Me – 「Bloodletting」
⑧ Long Time Dyin' – 「From the Underground and Below」
⑨ It Lives – 「From the Underground and Below」
⑩ Battle – 「The Killing Kind」
⑯ Spiritual Void
⑪ The Years of Decay – 「The Years of Decay」
⑫ In Union We Stand – 「Taking Over」
⑬ Overkill – 「Feel the Fire」
⑳ Horrorscope
㉑ Rotten to the Core
㉒ Elimination
㉓ Fuck You/War Pigs

こうやって見てみると、以前のライブ盤「Wrecking Your Neck」と選曲がかぶらないようにしているのがよくわかります。
CDから漏れたのは、すべて「Wrecking Your Neck」で聴けるもんね。

ってことは、DVDだけ持ってれば、「Wrecking Your Neck」も「Wrecking Everything」もいらないってことじゃーん。
「Wrecking Your Neck」での選曲基準であった6th「I Hear Black」と7th「W. F. O.」の曲に興味のない人はその方がいいかも。
ん!?それって、自分のことじゃん。
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |