2015/11/28

PANTERA 「Reinventing the Steel」

220px-Pantera_Reinventing_the_Steel.jpg ★★★ JP盤

アメリカン・グルーヴメタル・バンドのメジャーデビューから数えての5thアルバム。

HMビジネスが最も華やかだった時代、シーンはオルタナムーヴメントに徐々に浸食され、メタルが細分化されていく時代へと突入していくこととなる。
ビジネス的には完全にアメリカが先導していたわけで、アメリカが沈鬱になっていくと、おっさんとしてはヴェテランとヨーロッパにHMを求める以外になかった。
だから、古い王道バンドしか知らない。

そんな時に登場したのが、ニューメタル群なわけだが、おっさんはまったくついていけなかった。
PANTERAなんか、ただのうるさいギャングメタルにしか思えなかったし、マスクを被った摩訶不思議な連中の音も想像できなかったし、バンド名をどう読んでいいのかわからん連中が増えて、もう完全に時代から取り残されていたわけだ。

こういったバンドを完全に無視していた訳だが、BURRN!誌のインタビュー記事が出れば、わからないくせにマメに読んでいた。
そして、2000年5月号で表紙巻頭カラーで新譜の特集記事が組まれ、それを読んで初めて興味を持つようになった。

インタビュー記事では、しきりに王道メタル、特にJUDAS PRIESTのイデオロギーへの回帰を謳っていたんだな。
へぇー、ってなもんで、視聴コーナーで聴いて、即買ったような記憶がありますなぁ。
そん時は、まさか、これが最後のアルバムになるとは思ってもいなかったわけですよ。

プリーストに回帰って言ったって、ロブ・ハルフォードのようなスクリームが存在するわけではなく、今まで通りのガナリ立てるあの唄い方に変わりはない、ベースを叩き壊すかのようなリズムの裏でヘリコプターが上空を旋回するような雑音からウネるリフが波状攻撃をしかける①Hellbound、ブリッジでの怒り方がハンパない、あっという間に終わって②Goddem electric、どこが王道回帰なのかよくわからんが、曲展開に立体感があるように感じます、この曲にはSLAYERケリー・キングがゲスト参加してます。⑦We'll grind that Axe for a long time なんかを聴くと、JUDAS PRIESTが「Jugulator」で何に影響されていたかがよくわかるよね。⑧Uplift なんか、政治的スピーチのような唄い方をしてて説得力が凄いな。⑨It makes them disappear は、BLACK SABBATHへのオマージュ。

全曲、ハイテンションのまま、クールなパワーコードのリフの応酬で最後の曲まで貫かれます。

フィル・アンセルモ(Vo)は一体、このバンドをどうしたかったってわけ?

アッパレ!!
おっさんのメタルとの付き合い方を見直さなきゃならんと思わせた凄いアルバムでした。
2015/11/25

あま~い、初体験

先日、上島珈琲店なるものを試してみた。

コーヒー豆店かと思っていたが、ちゃんとカフェスペースもあるんですね。

メニュー表をみると、スタンダードなやつは少なく、見慣れない品目が目についた。

普通にカフェオレ系を飲みたかったが、ないので、豆乳ミルクコーヒーを試してみた。

KC3H0031201510243.jpg

飲んでみてビックリ、砂糖も入れてないのに、甘い。

豆乳の甘さが引き立っていて、絶妙な甘さとなっている。

それでいて、ミルクっぽいまろやかさもある。

うまい!!

でも、高い。

これだったら、豆乳飲料のコーヒー味を飲みたいところだが、冬はやっぱホットで飲みたいよな。

また、機会があったら、飲もうっと。
2015/11/21

DREAM THEATER 「Metropolis Pt. 2: Scenes from a Memory」

220px-DreamTheater-MetropolisPt2-ScenesfromaMemory.jpg ★★★★★☆ GER盤

アメリカン・プログレバンドの5thアルバム。

ここからキーボードがジョーダン・ルーデス(Key)となります。

超絶技巧派バンドをとやかく言えるほど、おっさんは音楽の知識に精通していない。
言えるのは、ド素人のおっさんが聴いても、一聴して凄いアルバムだということである。

数多ある過去のロック・コンセプトアルバムをリスペクトしつつ、方法論を熟考した上で、このアルバムを完成させたと、過去のインタビューでメンバーが言及していたと思うが、本当に完璧なコンセプトアルバムだ。
メタルの範疇だけで語られるのは勿体ないアルバムである。
そういう意味では、QUEENSRYCHE「Operation: Mindcrime」を超えたと言えるでしょう。
おっさんにとっては、20世紀最後の超名盤です。

時計がカチカチ音を立てるとともにナレーションが始まる①Regression、序章なんでしょう、アコギがしっとりメロディを刻み、静かに語り口調で小曲が唄われる。聴いたことあるフレーズがちょっと聴かれると、激しいバンドアンサンブルとなってインスト曲の②Overture 1928 となる、インストでこれだけ多くを語れるバンドって凄いよね。歌メロが始まると、③Strange Deja Vu に突入してます。物悲しいピアノに導かれるのは④Through my words。前曲を引きついで、途中でややダークな曲調と変わるのが⑤Fatal tragedy。ナレーションを挟んで、ヘヴィグルーヴなリフとなるのが⑥Beyond this life。女声ハミングが聴こえてくるのが⑦Through her eyes。アラビアン調の妖しい雰囲気を漂わせながら段々とヘヴィになっていくのが⑧Home⑨The dance of eternity はキーボード主体の弾きまくりインストソング、どのパートもすんげぇことになってます。ピアノが力強くメロディを叩いて導く曲が⑩One last time。静かなピアノのメロディに乗ってナレーション口調で歌メロが始まるのが⑪The spirit carries on。誰かに語りかけてる声から始まるのが⑫Finally free、曲中でも役者の演劇シーンが聴こえてきます。

DTのことを小難しすぎて聴きづらいと思ってる人がいたら、これさえ聴いときゃ、OKじゃん。
おっさんも、そのクチですよん。
2015/11/18

SKID ROW at 武道館 1992

行ってきました、1992/10/08、日本武道館。

KC3H002520151002.jpg

SKIDSは前回の来日時にも駆けつけたが、それから約1年を経て、ワールドツアーの最終公演として日本にやってきた。

Slave to the Grind」で名実ともに頂点一歩手前くらいまでたどり着き、ここ日本でも人気が爆発的なものとなっていた。
限りなく続くワールドツアーの合間をぬって、「B-Side Ourselves」というすべてカヴァーソング5曲入りのEPを出してからの再来日ということになったわけだ。
新作ではなく、5曲入りEPを出せてしまうあたり、そりゃもう、大人気だったわけですよ。

前回の来日時では、酔っぱらった若造どもがただただ勢いに任せてライブで突っ走るというノリで、かなり雑なところもあったわけだが、今回は、WOWOW生中継ということもあるのか、ないのか、ショウマンシップに長けたライブをやってくれた。
ただやっぱ、彼らの暴走的勢いもそのままに、凄く感動的だったことを今でも憶えています。



会場中にBEASTIE BOYSのあの曲が流れると、ショウのスタートなんだが、これがカッコいいんだ、また。

① Slave to the Grind
② Big Guns
③ Here I Am
④ Makin' a Mess
⑤ 18 and Life
⑥ Piece of Me
⑦ Riot Act
⑧ Psycho Therapy
 「B-Side Ourselves」からで、RAMONESのカヴァー。
⑨ C'mon and Love Me  「B-Side Ourselves」からで、KISSのカヴァー。
⑩ Wasted Time
⑪ Psycho Love
⑫ Tornado ~ Mudkicker
⑬ Get the Fuck Out
⑭ Monkey Business


⑮ Holidays in the Sun  「Make a Difference Foundation」からで、THE SEX PISTOLSのカヴァー。
⑯ I Remember You
⑰ Youth Gone Wild


1年前とは、まるで別人かと思うくらい素晴らしいライブでした。

地道にロードサーキットを積んだ成果が表れた結果だと思いましょう。
2015/11/15

BUCKCHERRY 「Rock 'n' Roll」

Buckcherry_Rock_n_Roll.jpg ★★ US盤

アメリカンHRバンドの7thアルバム。

前作「Confessions」は、ひとつのテーマに沿って曲が書かれていたが、今作はその名も「ロックンロール」。
自分たちのバックボーンでもある嗜好スタイルを趣くままに書き上げていったっていう感じなのかな?
全12曲(ボートラ込)、42分で終わってしまう。

特に彼らの音楽的傾向に変化があるわけはなく、そこは安心して聴けるアルバムと言えるだろう。

変わったことと言えば、今回からアルバム制作陣にマーティ・フレドリクセンの名前がないということだ。
あ、ベースも替わってるみたいね。
マーティが関わっていたからじゃないと思うんだけど、彼らの特徴って、青春映画グラフィティのような甘酸っぱい若者チックな感じが満載ってとこだったと思うんだけど、相変わらずアメリカン歌謡曲としても通じる、あのポップ感も満載だ。

①Bring it on backの歌メロが始まると、何も変わらないジョシュ・トッド(Vo)の歌唱に身を委ねて聴きこむ、ここまで何も変わらない姿に現代のAC/DCっていう感じで捉えてもいいんじゃないだろうか。②Tight pantsでは、ホーンセクションが大々的に使われて、ファンキーな作りとなっている。④The feeling never diesは、バラード調でオルガン(キーボード)の調べが心地よい。⑦Woodでは、バックコーラスが派手だね。⑧Rain's fallingのメロディと音作りの背景にURIAH HEEPが見えてしまうのはおっさんだけか?⑨Sex appeal では、スライドギターなんか使っちゃって、まさにロックンロールだね。⑪Cannon ball⑫I've done everything for you はBest Buy Ed.ボーナスで、⑫は日本盤ボーナスにも入っるみたいだが、SAMMY HAGARのライブでの定番曲のカヴァー。