個別記事の管理2015-11-09 (Mon)
220px-GnR--UseYourIllusion1.jpg220px-GunsnRosesUseYourIllusionII.jpg 
★★
 JP盤

アメリカンHRバンドの2ndアルバム。

今更、どうでもいいアルバムだが、おっさん世代にとっては、歴史上、欠くべからざるアルバムであって、当時としては、アルバムが発表されたことだけで大事件だったんだな。

デビューアルバム「Appetite for Destruction」が世界で大ヒットを記録し、LAメタルなるものが飽和状態で流行に陰りを見せ始めた時に、突如、新世代のヘアメタル的な捉え方をされて、アメリカのメタル業界が最も華やかな時代へとなっていく。

EPアルバムを挟んで、新作はまだかまだかと待ちに待ったアルバムがこれだ。
バンド内の不協和音が聞かれる中、本当にアルバムの発表がなされるのか話題になったわけだが、ふたを開けてみると、2枚組ではなく、2枚同時発売という離れ業をカマシテくれたわけだ。

どっちかを買うという選択肢なんてあるわけがなく、2枚とも揃えないと気が済まないのは当然だ。
おっさんは、貸レコード屋で予約したものを借りてきて、カセットテープにダビングしました。
そして、CD全盛時代となった時に持ってるカセットをすべてCDに買い直すという作業が待ってるわけだが、このアルバムは買い替えなかった。
別に半永久的に持ってるもんでもないんだろうという理由だったと思う。

アルバムとしては、特に悪いところは見当たらない。
当時言われたのは、曲順が悪すぎるということが散々言われていたが、CDなんだからボタンを押せば、自分で簡単に選曲できるんであって、筋違いのクレームのように思う。

最近、ブックオフで250円コーナーに捨ててあったんで、拾ってあげたっていうだけの話です。
でも、バラエティに富んだ曲が独特のカリスマ性をもって、ギュウギュウと詰め込まれた高品質のアルバムだと思いますよ。

Ⅰ①Right next door to hell は、ベースラインから鋭く切り込んでいく重めのロックンロール。Ⅰ②Dust n' bonesⅠ⑥You ain't the firstⅠ⑨Double talkin' jive では、イジー・ストラドリン(G)がリードヴォーカルをとってます、アクセル・ローズ(Vo)のバッキングの方が目立っちゃってますが...。Ⅰ③Live and let die は、PAUL McARTNEY AND WINGSのカヴァー。Ⅰ④Don't cry は、暗いバラードタイプの曲。Ⅰ⑤Perfect crimeⅠ⑫Garden of EdenⅠ⑬Don't damn meスラッシュ(G)のギタープレイが冴えわたる彼主導の曲。Ⅰ⑦Bad obsessionでハーモニカとサックスを吹くのはHANOI ROCKSのマイケル・モンローⅠ⑩November rainは、オーケストレーションの入る雰囲気たっぷりの曲。Ⅰ⑪The gardenでは、アリス・クーパーとのシンガロングを楽しめます。Ⅰ⑮Dead horseでは、アクセルがアコギで弾き語ってからバンドが入ってきます。Ⅰ⑯Coma は10分もある大作で、スラッシュアクセルの共作なんだが、このタイプの曲はどっちの趣味なんだろ?

Ⅱ①Civil war 冒頭の口笛は真似したくなるよね、この曲でだけスティーヴン・アドラーがドラムを叩いてるみたいよ。Ⅱ②14 yearsでリードヴォーカルをとるのは、イジーⅡ④Knockin' on heaven's door は、BOB DYLANのカヴァー。Ⅱ⑤Get in the ringでの曲中で、アクセルが雑誌編集者への悪態をついてるのが阿呆臭い、アメリカンジョークなんだろうね。Ⅱ⑥Shotgun bluesは、タイトルとは違い、パンキッシュな曲。Ⅱ⑦Breakdownでは、スラッシュがバンジョーを披露。Ⅱ⑧Pretty tied upイジーの曲なんだけど、この人は色んなタイプの曲を書ける人だよね、ガンズの中で最も多才なんじゃないだろうか、アクセルイジーの脱退を嘆くのも頷けるよな。Ⅱ⑨Locomotive はファンクとメタルの融合的な曲。Ⅱ⑩So fineでリードヴォーカルをとるのは、ダフ・マッケイガン(B)Ⅱ⑪Estrangedも10分近くある大作で、アクセル独りで書いてるから、大作指向ってアクセルのものなのね。Ⅱ⑫You could be mine は、「ターミネーター2」の主題歌。Ⅱ⑬Don't cry (Alternate Lyrics) は完全にいらないよね。Ⅱ⑭My world は、インダストリアルソングで、完全にお遊び。

アルバム2枚組ではなく、2枚同時ってのは、単純に多くの楽曲が出来たからすべて出し切りましたって感じだな。
バンドのアルバムではなく、個々のメンバーが好きな曲をなんのコンセプトもなくぶち込んだと言えるだろう。
各々のキャラがはっきりしてて、趣深いんだけど、バンドじゃないよな。
ここから既に、アクセルとその仲間たちになっちゃってるのがよくわかるんじゃね?
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by 某音楽馬鹿
覚えてますよ、懐かしいですね〜、ちょうど同じ時期にブルース・スプリングスティーンさんも2枚同時発売やって「流行ってるんか?、金無いのに勘弁してよ」ってなったり、ブルースさんの方は1枚作った後で急に創作意欲が出まくって2枚になったそうですが、このガンズの方は「絶対何にも考えとらんやろ」ってみんなに思われたり(笑)、2枚入手しましたが、どーしても気に入らない曲があったりで、当時はカセットに入るだけシャッフルして好きな曲だけ聴いてました、だからこの2枚のアルバム通して聴いた事ってあんまりないです、普段はそんな事せずに、全部通して聴いてるんですがこのアルバムだけ何故かそうしてました。
好きな曲は沢山入ってるんですけど、もうちょっとちゃんとしようよ・・・と。

メタル最高 * by フライヤーズポンタ
そうそう、おっしゃる通りで、好みの曲をマイベストにして聴いてた人多いですよね。
あまり聴く機会がないので、過去に捨てましたが、金かけるとある程度良質なアルバムになるってことがわかりますよね。
才能あふれる人がいっぱいいたバンドなのに、一人のおかげでぶち壊しちゃいましたよね。
その人の柵から抜けられずに、他のメンバーたちの未来もパッとしないっていう、悲劇がここにあるよね。