個別記事の管理2015-11-12 (Thu)
行ってきました、1992/02/20、東京ドーム。

KC3H002420150929.jpg

当時の大喧騒を想えば、よくチケットが取れたな。
しかも、アリーナ席。
どうやって、取ったんだっけ?

世界的モンスターバンドとなって、2度目の来日公演となったわけだが、このバンドを体験するのはこのチャンスを置いて他にないってくらいにハラハラしながら公演日を待っていたのを憶えている。
もう、ゴシップネタが多すぎて、このバンドが永く続くなんて誰も想ってなかったんじゃなかろうか?

また、ファンを無視するステージング話が後を絶たないバンドであって、どんな大事件を起こしちゃうのかと不安を抱きながら会場へと向かうわけだ。

おっさんにとっては、東京ドームでのライブは初体験。

席に着くと、けっこうステージから近い位置でのアリーナ席であってビックリ。
ダフ屋から買った覚えはないんだが...。

ドームのデカさに目をきょろきょろさせてると、①It's So Easy が始まった。
この時のツアーは、ホーンセクションとコーラスのお姉ちゃんたちがついていて、ゴージャスなステージングとなっている。
まあ、音が悪い。ドームでの音の悪さは覚悟していたが、ここまで悪いとは思わなかった。想像以上だな。
アクセル・ローズ(Vo)も下手くそだねぇ。これこそ個性って言えば、それまでだが、七色の声色を持つヴォーカリストなんていう文句が大嘘じゃんか。
それでも、当時のビッグバンドがどんなショウをしてくれるのかと期待を込めて2曲目以降を待つ。

②Mr. Brownstone
③Locomotive
④Bad Obsession
⑤Live and Let Die


⑥Attitude は、MISFITSのカヴァーで、ダフ・マッケイガン(B)がヴォーカルをとってました。

この後も名曲が続くんですが、曲間がスムーズじゃなく、ダラダラとショウが進んでいくんですよねぇ。
すんげぇ、ダレるなぁ

⑦Don't Cry
⑧Nightrain
⑨So Fine
⑩Patience
⑪Welcome to the Jungle
⑫Double Talkin' Jive
⑬Civil War


そして、その時がやってきた。
アクセルが突然、マイクをステージに叩きつけて、裏へと引っ込んでしまった。
ドーム中が騒然となったわけだが、PAシステムの不具合だったのか、改善後にショウは再開された。
これって、大袈裟な演出のひとつだったのか?何事もなかったかのように再開されたぞ。

⑭November Rainアクセル様が気持ちよくプレイした後、ドラムソロ、ギターソロをダラダラとプレイして、⑮Sweet Child O' Mine、会場は大狂乱でしたよ。
⑯Move to the City
⑰You Could Be Mine
⑱Knockin' on Heaven's Door


アンコールは、⑲Paradise City

ちゃんとアンコールまでプレイしてくれたんで、満足のいくライブだったんじゃないだろうか。
青春の1ページですよ。

Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : ライブレポ
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by 某音楽馬鹿
このライヴ観られましたか!、伝説のライヴですよね、いいなぁ。
アクセルさんの途中退場は演出にしてもシャレになりませんよね(笑)色々とやらかしてる前科あるんで・・・。
今のガンズが来てもこの当時みたいにお客集まるかといえば、怪しいですかね〜、この前の新作も騒ぎの割にはその後話題にならないし・・・。
このライヴのメンバーさんで来てもらえると結構集まるんでしょうけど。

ドーム会場は一度だけ京セラ・ドーム行きましたが(エアロスミス)、帰りの大混雑がトラウマになってて今は避けてます、ライヴハウスが一番落ち着くという困った性格なんで・・。

あ、それとサイトのご訪問ありがとうございます〜。

メタル最高 * by フライヤーズポンタ
バンドがデカくなると、いろんなことでデメリットが多くなることがありますよね。

昔ほどのメタル全盛期ではなくなったので、新人でもホールとかいうあり得ない現象がなくなってよかったです。

やっぱ、ライブハウスですよね~。