個別記事の管理2015-12-12 (Sat)
220px-Land_of_the_Free_(album)_cover.jpg ★★★★★ GER盤

ジャーマン・パワーメタルバンドの4thアルバム。

おっさんは、こういうアルバムを待っていた。

この手のアルバムだったら、BLIND GUARDIAN「Imaginations from the Other Side」の方が1ヵ月ほど先に発表されているわけだが、元HELLOWEENのカイ・ハンセン(Vo/G)が作り上げたものだからこそ、尚更待っていた。

HELLOWEENファンの中では、カイ派か、マイケル・ヴァイカート派かなんかよく耳にするが、実はおっさんは、どっちがどういうタイプの音楽を作り出しているのか、よくわかっていない。
正直、どっちでもいい。
1st「Heading for Tomorrow」でおっさんの琴線に触れたアルバムを作り上げたカイの渾身のコンセプトアルバムは即買いだし、あの、マイケル・キスクとBLIND GUARDIANのハンズィ・キアシュもゲスト参加してるとあっちゃあ、買わない訳にはいかないのである。

ただ、ラルフ・シーパースが脱退し、カイ自身がリードヴォーカルとなることのみが不安要素であったが、聴いて安心、問題なかったのである。

1曲目はファストチューンではなく、爪弾き系から①Rebellion in dreamland がしっとりと始まり、徐々に盛り上がりをみせていく、雄大なコーラスも勇壮な合いの手も下支えするキーボード(サシャ・ピートらしいよ)も、なんて綺麗なんでしょ、カイの歌唱も上手い部類に入ってるから驚きだ、1曲目からアルバム最長の曲を持ってくるあたり、気合の入れ方がハンパない。そして、2曲目はファストチューン②Man on a mission となる、単なるファストチューンではなく、プログレ的展開も待ち構えているところがカイらしい。⑤Rising of the damned は、キーボードによるオーケストレーションの小曲なんだが、作曲はカイなんだけど、もろサシャ系なんだよねぇ。冒頭でピアノ弾き語りっぽく唄い倒す⑦Farewellダーク・シュレヒター(G)作曲のドラマチックソングなんだが、ここでハンズィ登場、ハンズィが唄うところのメロディはちゃんとブラガっぽくなってるから面白い。⑨Land of the freeでのカイの歌唱は本当に見事で、伸びやか、かつ力強いんだなぁ。⑫Time to break freeで、リードヴォーカルをとるのはキスクだ、ちょっとしたオチャラケソングなんだが、この曲に涙したファンは多いはず。

この12年後に「Land of the Free Ⅱ」っていう続編が出るんだが、買ってないんだよね。
買った方に聞いてみたい。
どうですか?
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by 某音楽馬鹿
買ってます(笑)。
あんまりジャーマン系は得意じゃないというか、過剰に大仰なのは苦手なんですが、ハロウィン関連は買ってまして、このパート1も結構聴きました、パート2も聴きましたが、カイ・ハンセンさんの歌がものすごく上達したとかは無くて、いつもどおり(本当にいつもどおり)のガンマ・レイの作品でした、パート1が好きな人ならいけると思いますし、持ってても損する事はないでしょうけど得する事もあんまり無い?、そういう作品だと思います。

* by フライヤーズポンタ
某音さん、ありがとうございます。

こういったおススメの声がないと、なかなか踏み切れなかったんです。
どっかで安く見つけたら、買っちゃおっと。

個別記事の管理2015-12-09 (Wed)
ソウルフードインディアでナン食べ放題。

KC3H0005201511034.jpg

おっさんが食べたのは、Bランチセット。

サラダにドリンク、カレー2種とナン食べ放題。


ランチはカレーの種類が少ないが、これで980円だから、お得だ。

しかも、うまい。

でかいモチモチのナンは2枚半でギブアップ。


ごちそうさまでした。
Theme : こんな店に行ってきました * Genre : グルメ * Category : グルメ/旅
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-12-05 (Sat)
220px-TheGloriousBurden.jpg ★★ JP盤

アメリカンパワーメタル・バンドの7thアルバム。

過去の戦争をテーマとしたアルバム。
コンセプトアルバムではなく、テーマアルバムであって、戦争逸話を歌詞に取り上げているが、各曲はそれぞれ独立している。

ここから、元JUDAS PRIESTティム・オーウェンズ(Vo)がヴォーカリストとなる。
プリーストでのティムをけっこう気に入っていたおっさんは、このアルバムを待ちわびた。
ティムの歌唱を聴きたかったのと、戦争活劇が繰り広げられるアルバムということで、早く聴きたくてしょうがなかった。
どんなドラマティックなアルバムになるかが気になったわけである。

結果から先に言うと、手に汗握る展開の壮大なドラマ性はなく、淡々としたものだったなぁー、って感じです。
そうは言っても、曲構成のこだわりは相変わらずのもので、ブランドイメージを壊すことなく、曲中に起伏はちゃんとある。そこは、素晴らしい。
でも、もっと派手にやってほしかったなぁ、って気分。

アメリカ盤の1曲目は“The Star-spangled banner”から始まるらしいが、邦盤は①Declaration day からスタート、1曲目にしては淡々とした流れなんだよね、分厚いコーラスもあるんだけどなぁ。②When the eagle cries もアコギで静か目にイントロが始まるもんだから、エンジンに火がつかないんだよなぁ、曲単体でみるとムード抜群の曲なんだけどねぇ。③The reckoningでファストチューンが炸裂、ティムの歌唱はロブ・ハルフォードが高音域を唄う時みたいな感じ。④Attila のイントロでは、大仰なコーラスが聴かれるが、曲に入るとオーソドックスなHMソング。⑤Red baron/Blue maxでは、このバンドらしいスラッシュ寄りのリフを多用。⑥Hollow manでは、アコギとエレキの対比による静と動の振幅が見事。⑧Waterloo は、米盤には入ってないな。⑨The devil to pay から⑪High water mark は組曲大作“Gettysburg (1863)”で、通しで31分もある、ここのイントロがアメリカ国歌なんだな、オーケストラを大々的に使って壮大な曲作りをしてるが、あんまハラハラしないんだよね、不感症なのかなぁ?途中で“When johnny comes marching home”や“Dixie”などお馴染みの曲が挿入されていきます、米軍人が聴くと悶絶しちゃうのかもね。⑫Greenface⑬When the eagle cries (Unplugged) は邦盤ボーナスで、⑫は米盤では5曲目に組み込まれています。

米盤の方がきっと、印象が違ってくるはず、本当か?
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by 某音楽馬鹿
えらくマニアックなアルバムですよね〜。
このバンドのファンはかなり戸惑ったと思うんですが、リッパーさんが歌ってるんで私も持ってます。
完成度は高いんですが、なんとなくこのバンドを聴いてる気がしないと言う不思議な感じでした、個人的には。
この際プリーストでロブさんとツインVoとかやってほしかったり?。


* by フライヤーズポンタ
ロブとデュエット、名案Death!!
で、ロブ役はどっちがやります?

個別記事の管理2015-12-02 (Wed)
馬車道ってご存知ですか?
お洒落なストリートのことではない。

ピッツェリア 馬車道のことだ。

こどもがピザをしこたま喰いたいと言うので、シェーキーズ以外の店を探して、行ってみた。

初めてのことで、色んなことに驚いた。

まず、セルフサービスの食べ放題とは違い、出来立てのピザを店員が配って歩くというスタイルをとっているということだ。

バラエティピッツァセットというものを頼むと、ピザ食べ放題、サラダ、メイン料理(スパゲティ・グラタンなど)、ドリンクバーがついてくる。
おっさん的には、ピザ食べ放題だけでいいのだが、メイン料理を食わなきゃ食べ放題とはならないらしい。
ステーキ&ハンバーグのけんのサラダバーみたいなもんだ。

KC3H0001201510311.jpg

メイン料理をいやいやドリアにした。

肝心のピザだが、これがイライラするんじゃな。

何せ、店員が運んでくるまで、何のピザなのか、いつくるのか、わかったもんじゃない。
シェーキーズのように自分のタイミングで、自分の好みで食いたい。

KC3H0002201510312.jpg

これは、デザートピッツァの一例。

約15種類あるピザがほぼ順番通りに運ばれてくるもんだから、いきなりデザートピッツァにぶちあたる不運な客もいるんじゃないだろうか?

おっさんは、タイミングよく、ツナカレー→マルゲリータ→3種のチーズ→きのことベーコン→ミートクリーム→ウインナーバジル→ガーリックトマト→などなど、あまり覚えていない。

大体2周半ローテがまわったところで、飽きてギブアップ。

けっこう、おいしかったですよ。

でも、シェーキーズの方が好きだなぁ。
Theme : こんな店に行ってきました * Genre : グルメ * Category : グルメ/旅
* Comment : (0) * Trackback : (0) |