個別記事の管理2015-12-16 (Wed)
行ってきました、1996/05/12、日比谷野音。

KC3H002920151023.jpg


オープニングアクトとして、ノルウェー産バンドのCONCEPTIONがプレイしてましたが、仕事終わりに行ったので、観てません。

待てよ。
ってことは、KAMELOTへ加入して有名になる、あのロイ・カーンを観そびれたってわけか?まあ、いいや。

この頃のGAMMA RAYの快進撃は凄かった。
福岡→広島→名古屋→大阪→札幌→川崎2daysで終わるはずだったところに舞い込んだ、野音でのライブ、行くっきゃないでしょ。

既に引退してたかもしれないが、ボクシング世界チャンピオン鬼塚が行進曲として使用していた“Heading for tomorrow”を生で聴いてみたくてしょうがなかったんだもん。

この日の天気予報は、夕方から豪雨。
えー!?野音なのにーーーーー!!

仕事が終わって、最寄駅へ向かう頃はまだ曇天。
会場へ到着するとCONCEPTIONがいなくなった後の小休憩状態で、無事に本チャンには間に合った。
まだ、雨は落ちてこない。

1stアルバムの序曲“Welcome”が大音量で流れると、ショウがスタート、①Land of the freeへと雪崩れ込む。
カッチョイイーーー、カイ・ハンセン(Vo/G)の歌唱も問題ないじゃん。

②Man on a Mission
③Rebellion in Dreamland

④One With the World
カイの歌唱が若干ヨレルが、いいじゃないの。

⑤Heaven Can Wait
⑥The Saviour ~ Abyss of the Void
⑦Time to Break Free
と、ここまでは天気はもっていた。

幻想的なライティングが会場を彩り、妖しい雰囲気の⑧Dream Healerが始まると、ポツリポツリと雨が落ちてきた。
演出なんじゃないかと想えるようなタイミングでも、外だからして不安感しか生じない。
しかも、雷鳴が遠方から聞こえてくる始末。それはもう、曲調と相まって効果抜群なんだけどね。
そして、とうとうやってきた豪雨。

⑨Heal Me
⑩Future World
と、これで本編終了、うそでしょ?

コンサートは中断することなくアンコール1曲目は⑪Fairytale
さっさと終わらせる感でもって⑫Tribute to the Past⑬Ride the Sky を続けざまにプレイして終わり。

えーーーー!?
何の脈略もなく「オニヅカーーーー」なんて叫んでしまったおっさんがそこにいた。

後々、調べてみると、前日の大阪公演も同じ内容ということなので、雨だから曲数が少なかったというわけではなかったみたいです。

オーラスの川崎公演では、STRATOVARIUSのティモ・コティペルトティモ・トルキがゲスト参加して、“The silence”も“Heading for tomorrow”もプレイしてたそうな、トホホ。
そん時のブートも買ったが、今はリストラしちゃったなぁ。
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : ライブレポ
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by 某音楽馬鹿
海外ミュージシャンはお値段の割にあっさりした時間で終わりますよね〜、’70年代とかみたいに3時間延々インプロされても辛いでしょうけど・・・、2時間はやってほしいと思ってみたり。
野外はやっぱり雨とかありますし、広告にも「雨天決行」ってあるし、運が悪かったと。
そういえばガンマ・レイって新Voさんが加入されたんでしたっけ?。
個人的にはカイ・ハンセンさんの声好きなんで新作どうなんでしょうか。

* by フライヤーズポンタ
あくまでサブ的なVoみたいですよ。

新作をおっていくほどに熱狂してないってのが正直なところです。