2015/12/30

今は亡き DIO に捧ぐ

2016年2月、DIO黄金期のメンバーが新作を発表!!

その名もLAST IN LINE

LOUD PARK13で、すでに雄姿を見せた黄金期メンバー。
すなわち、ヴィヴィアン・キャンベル(G)ジミー・ベイン(B)ヴィニー・アピス(Drs)が組んだトリビュートバンドだ。
ラウパでは、ジミーの姿はなかったみたいだが、今回制作された新作には参加しているみたいだ。

なんでも、ギターをとことん弾きまくりたくなってしまったヴィヴが、発案者らしいが、そこにロニー・ディオがいなくとも大いに期待を寄せるバンドの登場である。

ヴォーカルは、ロニーと声質がまったく異なるアンドリュー・フリーマン(Vo) となっているが、ラウパでの熱唱振りはすこぶる好評価だったみたいなので、問題なし。



ところどころに初期DIOのフレーバーを感じさせる骨太なHMに仕上がりつつ、80年代のゴージャスさも垣間見られるいい曲じゃん。

単発プロジェクトになるかもしれませんが、大いに期待しましょう。

今年一年、本当にありがとうございました。
皆様の応援のおかげで、一年間楽しくブログを運営することができました。

おおみそかは、紅白観賞をしている家族と離れたところで、ひとりメタル三昧で過ごしたいと思います。

よいお年を!!