2016/01/13

IRON MAIDEN 「The Book of Souls」

Iron_Maiden_-_The_Book_of_Souls.png ★★★ EU盤

ブリティッシュHMバンドの16thアルバム。

今度は、マヤ/インカ文明とかがモチーフになってるんでしょうか?
最近のメタルシーンを見渡すと、熱いのはヨーロッパと南米であって、昨今の南米での熱狂ぶりを見るに、この辺をチョイスするのも頷ける気がします。
これからのツアーには中国も含まれるらしいが、中国が大きなマーケットとなるなら、赤旗チックなものやカンフー的なエディが現れる日が来るんだろうか?
過去に「Somewhere in Time」で日本チックなイメージのジャケットがあったもんなぁ。

バンド初の2枚組スタジオアルバムということで、どんなアルバムになるのか非常に興味津々でアルバムを聴いてみたが、2枚組の疲労感はまったくない。
JUDAS PRIEST初のコンセプトアルバムとなった「Nostradamus」とはまったく趣が異なる2枚組となっている。
出来上がった曲を無理やり2枚にぶっこむのではなく、たまたま2枚組になっちゃいました、ってな感じだろうか?

メイデンは正統派HMであることに間違いはないが、ここ最近のプログレッシヴ的な作風は変わらずにこのアルバムでも同じような曲調が展開されています。この路線はもう変わりようがない気がするな。

「必殺仕事人」のテーマにそっくりなフレーズでミステリアスに始まる D1-①If eternity should fail、いきなり8分強もある曲が冒頭を飾ることになり、いつもと何かが違うって想わせるには充分な出だしです。疾走感漂うD1-②Speed of light がいつもなら1曲目になってたんだろうな。D1-③The great unknownは、「The X Factor」から聴かれるようになった、リズムが小刻みでかつ起伏がなく流れる大河のような曲です。ベース版フラメンコのようなイントロを持つD1-④The red and the black は13分もあり、いかにもスティーヴ・ハリス(B)作って感じの曲で、雄叫びコーラスがあるからライブではマストでプレイしてくるだろうな、でも、曲としてはちょっと冗長かもしんないんで、ライブじゃダレまっせぇ。D1-⑤When the river runs deepは、エイドリアン・スミス(G) が考えたであろうギターリフが特徴的。D1-⑥The book of souls は、オーケストレーションが響く壮大な曲、後半で「Powerslave」色のフレーズが聴こえてきます。D1の収録時間は50分でした。
そして、最後にビックリするのはD2-⑤Empire of the cloudsでのピアノとストリングスの音だろう、メイデンとかけ離れているわけでもなく、ごくごく普通に聴くことが出来る大作となった、これライブでやらないよね?

前作「The Final Frontier」はちょっと印象に残らないアルバムで、ライブもスルーすることを決めていただけに、今回のツアーには絶対に行きたい。ただ、さいたまスーパーアリーナだけは勘弁してほしい。
以前、BURRN!の編集後記でM伊藤先生が意味深な記事を残していたが、まさか、両国国技館になるとは、想像もつきませんでした。
バンドのツアー発表から、日本だけが詳細の発表が出ず、武道館なのかなぁと想像を膨らませてたところに超ド級のサプライズ。

後世に語り継がれる歴史的瞬間が両国で繰り広げられるに違いない。
チケットも即完売だろうから、武道館で追加公演があんのかな?っと、待てよ。
メイデン来日前後にはエリック・クラプトンとGLAYが武道館使ってるし、4/24 と26 は中国で、4/29 からオセアニアツアーに突入しちゃうじゃん。
4/16のロス公演を終えてから日本入りして、4/20, 21が国技館。ぜんぜんタイトスケジュールじゃんよー。
こりゃ、地方も追加もないと見た方がいい。
もし、チケット争奪戦で敗れたら、国内最大キャパを持ってる(本当?)ZEPP TOKYOで追加入れちゃってよねーーー!!
4/27, 28 は○ッ○ーとの軽率行動で話題の下衆なバンドがライブやってますが、その前はぜんぜん空いてるみたいよー。