2016/02/27

BECK, BOGERT & APPICE 「Beck, Bogert & Appice Live」

220px-Beck,_Bogert__Appice_Live_In_Japan_albumcover ★★★ JP盤

スーパートリオバンドの73年、大阪でのライブアルバム。

今でこそではあるが、若かりしジェフ・ベック(G) のライブ盤は非常に少ない。
これが自身初のライブアルバムになるんで、フュージョン界に行っちゃう前の貴重なライブ音源であって、かつ、日本公演というオマケもつく。
そして、ジェフファンにとっては、ある種の神格化されたライブ盤ともなっている。

おっさんは、ジェフのギターは凄いってことは聴いてて理解できるが、熱く語れるほどにギタープレイに精通しているわけではない。
BECK, BOGERT & APPICEのスタジオアルバムは1枚しかないわけだが、このライブ盤を聴いてもイマイチ曲の魅力が伝わってこないので、1stアルバムをコレクションしようとは思えない。
じゃあ、このライブって、何がそんなに凄いんだろう?

アメリカの凄腕バンドとして知られる VANILLA FUDGE/CACTUS とジェフとの合体バンドであるだけに、さも凄技の応酬かと想われるかもしれないが、おっさんにはエモーションのぶつかりあいのように聴こえてくるんだよね。
弱点はヴォーカル不在ってとこだろうな。
ドラムが唄っちゃダメでしょ。C-C-B じゃないんだから...。

スティービー・ワンダーの曲D1-①Superstitionでスタート、音質の良さに超ビックリ、カーマイン・アピス(Drs) のドタバタ感といい、ティム・ボガート(B) のボヨンボヨンのベースといい、ジェフ のラフなギターといい、目の前でプレイしてくれてるかのように耳に飛び込んでくる、凄いとしかいいようがない。D1-②Lose myself with youでのインストパートでのバトルはやっぱ凄いな、派手ではないが、各自インタープレイをしてくれてますな、たぶん、色んな曲からちょっとずつ拝借してると思うんだけど名前が出てきません。D1-⑤Boogie は、本来はアンコール曲だったんじゃないかな、40thアニバーサリーエディションでは最後に入ってますよ。
中でも、JEFF BECK GROUP時代の曲として、「Jeff Beck Group」からD1-④Going down、「Truth」からD1-⑥Morning dew(曲中にドラムソロあり)、「Beck-Ola」からD2-⑦Plynth/Shotgun が聴かれるのはうれしい限りだ。ソウルフルだったこれらの曲も硬質なHRとしてゴリゴリにプレイしてくれてますよ。
D2-①Sweet sweet surrenderでのコーラスハーモニーは頑張ったね、ジェフの音量を操る奏法も泣けるなぁ。D2-④Ladyでの演奏はスーパートリオの名にふさわしい鬼気迫る息の合ったプレイが聴けますね。D2-⑤Black cat moanで唄うのはジェフ、ここでも他の曲が入ってきます、トーキングボックスを操るジェフが凄く楽しそう。

なんだ、やっぱ、凄技の応酬じゃん。
ただ、3人ともひけらかすんじゃなくて、サラリとやってのけるんだよね。まるで、数十年一緒にプレイしていたかのような阿吽の呼吸でね。
2016/02/24

どんなもんだか試してみた

おっさんは、ブックオフ愛好家であり、購入・買い取りともども大変お世話になっている。

ただし、今までは店舗で買うことしかなかったが、ブックオフオンラインで検索をかけていると、欲しいものがいくつか手ごろな価格で在庫されていることに気が付いた。

ブックオフでは、店先でレジに持っていき、中身を確認してから買うようにしている。

通販だと中身の確認ができないし、注文後に待たされるのも嫌なので、絶対手を出したくなかったが、他の店を当たってもなさそうだったので、試してみることにした。

注文後、3日で届いた。
期待してなかったので、届いていたのが気づかなかったくらいだ。

KC3H0002201601301.jpg
包装は、ただの紙袋を折りたたんだ安っぽいもの。


KC3H0003201601302.jpg
梱包はちゃんと緩衝剤にくるまれていた。


うん、見た目は大手にしては安っぽいが、こんなもんでしょ。

中古なんだから、商品については、文句は言えまい。


多用はしないが、また使わせてもらいま~す。
2016/02/20

SCORPIONS 「Lonesome Crow」

220px-LonesomeCrowOriginalFront.jpg  US盤

ジャーマン・HRバンドのデビューアルバム。

マイケル・シェンカー(G) の足跡を知るがために、彼のデビュー作を聴いてみた。
周囲の評判からすると、到底SCORPIONSとは想えない音像だが、良作というものが大半を占めている。

なるほど、良質なのは間違いないが、なんじゃコリャー!!

おっさんも聴かず嫌いは、身体に毒と思う性質なので、色々漁ってみるが、こんなに後悔したアルバムも珍しい。
名を伏せて、イカしたプログレバンドがドイツにいたんだよって紹介されたら、きっと好きになっていたでしょう。
だって、この音はBUDGIEじゃん。
マイケルもまだマイケル節が花開いてないように聴こえるんだが...。

これでも、SCORPIONSの大切な歴史の1ページなんだろうから、ファンなら文句言わずに聴かなきゃならんかもね。

なんともアフリカンなドラミングからBUDGIE風のねちっこいギターリズムがまとわりつく①I'm going mad、ここで停止ボタンを押すのはまだ早い、そんなあなたは早漏です、マイケルの空間を埋め尽くすリードギターがいいんだから我慢して聴いてちょんまげ。②It all dependsのインストパートでは、インプロヴィゼーション的なプログレジャズみたいなことになってます。③Leave me は、SEを使ったサイケ的なプログレ、この頃はこういうのが流行っていたんでしょうね。そして、名曲④In search of the peace of mind、これを聴くためにこのアルバムを持つなら、ライブアルバムでこの曲を聴いた方がいいんではないでしょうか。⑥Actionなんか、リズムだけ聴くとジャズっぽいよね。⑦Lonesome crowもSEを使ったスペーシーなプログレで13分もの大作、それぞれの楽器に見せ場があるんだけど、弾きまくりたいであろうマイケルのための曲だな。

ウリ・ロートが加入して正解だったと心底思える歴史的瞬間です。
2016/02/17

メタル喰い in 茂原

圏央道茂原長南ICから降りてすぐのところに金曜日という定食屋がある。

KC3H0014201601081.jpg

佇まいは目立たないが、砂利敷きのバカデカイ駐車場を備え、看板も目立つがすぐにわかると思います。

ランチ定食は何を食べてもオール800円。

ボリューム満点、生卵とキムチがフリー。
ちょっと前までは、生卵ではなく納豆だったんだけどね。

KC3H0019201601082.jpg

何を食べるか迷っちゃうメニューでしょ。どれも満足できちゃうよ。

KC3H0018201601086.jpg ネギトロ丼

KC3H0017201601085.jpg サイコロステーキ

KC3H0016201601084.jpg 焼き肉丼

KC3H0015201601083.jpg 鳥カラアゲチリソースとハムカツ

副菜もついて、ごはんは何も言わずに大盛りでくる。

これ、食べられません。

ごはんは半ライスでお願いするのが得策だと思います。
2016/02/13

JIMI HENDRIX 「Electric Ladyland」

220px-Jimi_Hendrix_-_Electric_Ladyland.jpg  93リマスターUS盤

天才ギタリストの3rdアルバム。

ご存知の通り、ジミヘン(Vo/G/B) はその才能を惜しまれつつ急逝した。
このアルバムは死後に発表されるものなので、どこまで本人の意向が反映されているかはわからない。

ジミヘンがメタル界にもたらしたものが何なのかは、正直よくわからない。
ただ、彼を尊崇するメタルギタリストが多くいるというのは、事実だ。
だから、おっさんもコレクションしてるわけだが、嗜好的には遠い音楽性だ。

ジミヘンがインパクトを放つのは、やっぱり、プレイスタイルなんだろう。
ギターを自分の身体の一部のように操り、繰り出す音が唯一無二の境地に達しているオーラ。ぜひ、映像で堪能することをおススメするわけであります。

このアルバムは?というと、ちょっと寄せ集め的な印象を持ってしまうんだよね。
ジミヘンの死をもって、これ以上彼の音楽が創造されなくなるんだから、彼が残した音源すべてをアルバムにぶち込むのはよくわかるが、ちと、長い。
大ファンではないおっさんにとっては、忍耐を要する傑作なんだな。

①... And the gods made love は前作「Axis: Bold as Love」路線のSE。②Have you ever been (to Electric Ladyland) は陶酔感を煽る音作り。③Crosstown traffic はノリノリのビートが心地よい。④Voodoo chileでは、JEFFERSON AIRPLANEのジャック・キャシディがベースを弾き、TRAFFIC/BLIND FAITH のスティーヴ・ウィンウッドがオルガンを奏でる、インストパートのインタープレイが聴きどころ、たぶん、ライブ録音一発録り、曲中でAEROSMITHの名前の語源となったフレーズがあるのは有名な話。軽快カントリーソングのような⑤Little miss strangeでヴォーカルをとるのは、ノエル・レディング(Drs)ミッチ・ミッチェル(B)⑥Long hot summer nightでのピアノはアル・クーパー⑦Come on は、アール・キングのカヴァー、手首のスナップが大きいストロークを想像できる弾きまくりあり。⑨Burning of the midnight lampはサイケ調の最たるもので、実験的な音でもある。⑩Rainy day, dream away⑪1983...では、TRAFFICのクリス・ウッドが管楽器で活躍、この辺がプログレ的で眠気を起こすんだよね。⑭House burning down は、③タイプの軽快ソング。⑮All along the watchtowerボブ・ディラン のカヴァーで、THE ROLLING STONES のブライアン・ジョーンズがパーカッションで参加し、TRAFFIC のデイヴ・メイスン が12弦ギターをプレイしている。最後は、代表曲⑯Voodoo child

プログレソングで終わるUKヴァージョンと有名曲で終わるUSヴァージョン、どっちの方が曲順的にしっくりくるアルバムなんでしょうか?