個別記事の管理2016-03-30 (Wed)
220px-Black_Sabbath_Sabotage.jpg ★★★ 96リマスターJP盤

英国HMバンドの6thアルバム。

前作「Sabbath, Bloody Sabbath」まで上り調子でチャートを駆け上がっていたサバスであったが、このアルバムから転落の憂き目にあい、ついにはリードヴォーカルが脱退するという事態にまで発展する。
そんな岐路のアルバムであるが、聴いてみると音自体は充実している。

オリジナル・サバスの最高傑作は、じゃあ、何だ?って話にもなるかもしれないが、この作品まではどれも引けを取らずにいい出来だと思っている。
ただ、次作「Technical Ecstasy」はおっさんのツボにはまらずにリストラしちゃったし、「Never Say Die」については、聴いてもいない。
そう考えると、オリジナル・サバスの分岐点となったのはやっぱり今作だったんだろう。

2016年、オリジナルもどき・サバスのさよならツアーが世界各地で繰り広げられている。
このツアーのセットリストを見ると、2nd「Paranoid」からのチョイスが多く、今作からの選曲は皆無。
そもそも、再結成後のライブでは、唯一、③Symptom of the universe が選曲されたことがあるみたいだが、インストゥルメンタルとしてプレイしているみたいなので、ヴォーカルが唄ってないとすると、ほとんどやってないに等しい。

バンド自体もヒットしていないアルバムについては、重要視していないみたいだ。

ただ、何度でも言おう。決して悪くない、捨てがたいアルバムだと思います。

ヘヴィーロックンロールとでも言おうか、①Hole in the sky の重々しくもキャッチーな作風は“Paranoid”と同等の破壊力を持つ。②Don't start はこれまでの作品にもあった小曲インスト。そして、ちょっとしたスラッシーなザッキザキなリフで畳み掛ける③、この邪悪ぶりに悶絶。プログレ的陰鬱さで攻める④Megalomania は、9分強もある大作。⑤Thrill of it all は徹底的なヘヴィーさでゆっくりと進んでいくんだが、途中からキーボードで色付けをしていって、場面展開の妙が光る曲だ。⑥Supertzar は合唱団がひたすらコーラスを繰り返すインストソングなんだけど、この荘厳さと言ったら、鼻血ブーですよ。⑧The writ の美しさと言ったら、もう、筆舌に尽くしがたく、Dio Yearsを想起させる様式美です。
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

私は * by グラハムボネ太郎
一曲目をとてもとてもかっこいいと思いますね(笑)
ただ、全体的にはちょっと地味かも。いいアルバムだと思う気持ちに嘘はありませんね

* by フライヤーズポンタ
オジー時代に誇大好奇心を抱かない方の貴重なご感想だと思います。

流石です!!

* by 某音楽馬鹿
サバスに重さだけを求める人はこの作品はどうかと思いますが私は大好きですよ~、今でも時々聴いてます。

ちなみにテクニカル・エクスタシーは評価低いですが、そうとは知らずに昔、聴き倒してました、このアルバムくらいからアイオミさんのギターソロが凄くメロディアスになってくるんですよね。

* by フライヤーズポンタ
某音さん、さすがです。

なるほどねぇ~。
アイオミ先生のギタープレイに注目して各時代を比較しつつ聴くって手段もあったんですねぇ。

畏れ入ります。

個別記事の管理2016-03-26 (Sat)
とうとう、やっちまった。

IRON MAIDENの両国国技館公演に行きたくて、チケットキャンプでチケットを購入してしまった。

今更、メタルのチケットなんて余裕を持って購入できる時代だが、大物でしかも、2016年問題のあおりを受けた形での両国国技館。
発売当日、おっさんの電話がつながったのが、チケット発売開始から約10分後。すでに、完売していた。
会場が小さい上に、先行予約等で多くをさばいていたであろう、そりゃ、すぐ完売するわな。

メイデンを諦めてROYAL HUNTで我慢しようと思ったが、どうしても行きたい。
二度と国技館でライブを観る機会なんてないんだろうから、当日のダフ屋とも頭によぎったが、そこまでする金銭的余裕はない。

そこで、思いついたのが、転売屋。当然、今まで使ったこともないし、考えたこともない。

転売屋ってのは合法的なダフ屋ってな感じなんだろうか?
サイトを見ると、単純に行けなくなったんで、定価で譲りますっていうピュアな売り手も当然存在する。
となると、宙に浮きそうな勿体ないチケットを取引しあう場所を提供するのが転売屋ということだ。

ちょっと見方を変えると、あぶく銭を稼げる場でもありそうだ。
例えば、各プロモーターやファンクラブに有料で入会しといて、チケット発売時に買える限度までチケットを先行して買い占める。
そして、転売屋に出品する。

おっさんが譲り受けたメイデンのチケットは二階スタンド席。
定価12000円のところを17000円で譲ってもらった。単純に売り手は5000円弱のもうけとなる。
弱というのは、チケットを入手するにあたっての発券手数料等と買い手への郵送費を差し引けば、弱ということになるので、5000円まるまるもうけたわけではない。これに関しては、なんとも良心的な方なんだろうって思うけどね。

で、こういう例を国内に限らず海外のアーティストも含めて毎日のように取引が成立していたとしたら、年間いくら稼げます?
ファンクラブとかへの入会金等に投資したとして、ジャニーズのチケットをプレミア価格で売りさばいてみ。
だから、純粋にライブに行きたくて、発売当日、電話を独占して時間を無駄に過ごしたファンたちにチケットが届かない。

おっさんは転売屋(あるいはダフ屋)は必然悪だと思ってるし、買い手と売り手が納得・合意した上で成立する取引なんで、文句は言えないと思うし、実際、利用してしまった。

だって、行きたいんだもん。
便利な世の中になったんだから、使わない手はないでしょ。これで、追加公演が出たら、ちょっと後悔するけどね。
過去、ブルースとエイドリアンが復帰した「Brave New World」ツアーでは、ZEPP TOKYOで再々追加公演なんていうサプライズをやってのけたこともあるだけに、何とも言えないが、今回は、USツアーから中3日、中国公演まで中2日なんで、あり得ないよね?

チケットキャンプでチケットを譲ってもらうと、もれなく、取扱い手数料(取引代金の5%)850円と決済システム使用料(クレジットカード使用時)540円が取られて、しめて18390円でチケットを獲得できました。
なんだよ、一番儲かってんのは、転売屋そのものか?

アリーナ席(定価17000円)をプレイガイドから購入して、背が低いからダフ屋にスタンド席と交換してもらったっていうテイで、メイデンに行ってこようっと。

KC3H000520160202.jpg
Theme : おすすめ商品案内 * Genre : ライフ * Category : 暮らしの日記
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

* by 某音楽馬鹿
人気が凄いですよね~、楽しんできてくださいませ。
チケ代の他に交通費とツアーグッズ(やっぱり買わないと!)とかで結構痛そうです。

ダフ屋さんは私も必要悪だとは思います、最近の悪質な転売屋さんはちょっとあれですが、一昔前は十分便利な存在でしたもんね。

* by フライヤーズポンタ
某音さん、ありがとうございます。

大相撲を観る機会がまったくないので、国技館とやらを拝見してきまっす。

* by Yas
無事に入手できて良かったですね。
(かなり高くついたようですが。。)
私も21日に参戦予定です。
お互い愉しみましょう!

* by フライヤーズポンタ
Yasさんも参戦できましたか。
きっと、歴史的な一夜になるに違いありませんよ。
いざ、出陣じゃぁーーー!!

個別記事の管理2016-03-24 (Thu)
Relayer_front_cover.jpg ★★★ JP盤

プログレ四天王バンドの7thアルバム。

これまで、YESの色を特徴づけていたリック・ウェイクマンがソロ転向のために離脱し、パトリック・モラーツ(Key) が新加入したアルバム。
って、言っても、次作「Going for the One」ではリックが戻ってきちゃうんで、まあ、よくあることで...。

おっさんにとって、プログレは完全にかじり虫なんで、YESの歴史は正直わからないが、傑作と言われている5th「Close to the Edge」よりもしっくりくる。

なんでも、評論家の話を読む限り、ファンク/ジャズフュージョンが垣間見られるっていうんですけど、本当ですか?
そもそも、技巧派プログレ集団であって、長い大作を作曲すれば、自ずとフュージョンちっくな部分が出てくるのも当然と言えば、当然だろう。

いきなり22分弱にも及ぶ大作①The gates of delirium がアルバムの冒頭を飾る、全体が機械音で埋め尽くされているのだが、クリス・スクワイア(B) の人間味あふれる超絶ベースがキーボードの荒波に負けることなくウネリを構築してるところが素晴らしい、息をもつかせぬ一大絵巻となっている。②Sound chaser、なるほど、これはフュージョンちっくですな、スティーヴ・ハウ(G) の狂気じみたギターワークに目がテン、ライブで堪能したい曲です、日本には来てないみたいですけど、Relayer Tourでは、ライブの1曲目にこれを持ってきてたみたいですね、ノッケカラこれ聴かせられちゃったら疲れるだろうな。そして、最後にしっとり系の③To be over、アルバム全体の構成が見事でしっくりくるんですな。
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by 某音楽馬鹿
渋いアルバム選びますね。
YESは嫌いな人はとことんダメなんでしょうが、ハマると結構夢中になるバンドです。
フュージョンかどうかは私にも分かりませんが、ロックの範疇でややこしい事をやってる感じでしょうか、逆にジャズの方がこれより聴きやすいですぜ。

* by フライヤーズポンタ
プログレの大御所たちも居なくなっていく寂しいご時世になりましたが、彼らが残した遺産は賞賛すべきものばかりですよねえ。

個別記事の管理2016-03-22 (Tue)
JethroTullAqualungalbumcover.jpg ★★ US盤

英国プログレバンドの4thアルバム。

おっさんにとって、難解、いや、とっつきにくい、つきあいにくいと思ってしまう3大バンドというものがある。
ただ、すべてのバンドを隅々まで聴いているわけではないので、偉そうなことは言えませんが...。

それは、JETHRO TULL、RUSHDREAM THEATERである。
3つともプログレ系にカテゴライズされるバンドたちですね。
そもそも、プログレって単純じゃない曲構成だから、プログレなんですもんね。

難解とは、別にアーチスト自身が意図的に曲を難解なものにしてるつもりもないんだろうけど、聴き手に「何が言いたいの?」と言わせてしまうものが難解な曲として印象付けられるような気がしてます。
作曲は自己表現の一種なんだから、他人に理解し難いロジックでもって構成したとしても、作り手のアイデンティティーなわけだから、小難しいという理由で無視するのもリスナーの努力が足りないような気がする。

では、おっさんはどうなんだって話なんだけど、完全に努力不足というか、実力不足なんだな。
JETHRO TULLは2枚しかアルバムを持っていないくせに、知った気になり、わからないなら捨てりゃあいいのにって言っても、歴史的価値のあるアルバムを捨てる気になれない。
じゃあ、完全に聴かないかっていうと、たまに、集中して聴いている。
でも、耳に残るものもあるんだけど、何か釈然としない。なんだろ?この感覚。きっと、歌詞世界に入り込んでいないからJETHRO TULLの世界観がつかめていないんだろう。

よく、IRON MAIDENスティーヴ・ハリスが心酔するバンドとして紹介されることが多いわけだが、おっさんが聴いても、メイデンの礎となったものが見えてこない。
土台となっているものがアコースティックギターやキーボード系だからなんだろうか?
その上でセリフ調に歌詞を紡ぐイアン・アンダーソン(Vo/Flu)の歌唱も別に超絶ヴォーカリストでもないし、感情を煽るのはあくまでフルートなわけで。

なんとも牧歌的なストーリーアルバムである。
これが、オーケストレーションで派手にやってくれていたら、大きく印象も替わってくるんだろうが、JETHRO TULLの切り口はこの類なんだな。

きっと、このアルバムが全カタログ中聴きやすいから傑作として紹介されることが多いんだと思いますよ。

【Aqualung】
①Aqualung
②Cross-Eyed Mary
③Cheap Day Return
④Mother Goose
⑤Wond'ring Aloud
⑥Up to Me

【My God】
⑦My God
⑧Hymn 43
⑨Slipstream
⑩Locomotive Breath
⑪Wind-Up
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by 某音楽馬鹿
これは私も何度挑戦しても分かんないバンドなんですよ。
昔、グラミー賞のメタル部門で賞とった時に挑戦しましたけど「メタルちゃうやん」って。
ちょっと聴いただけでアルバム買っても無理!って思ったのはこのバンドくらいでしょうかね。
好きな人には至上の音なんでしょうけど・・・。
ラッシュは好きですよ(笑)。

* by フライヤーズポンタ
同感、同感。

メタルの定義なんて無いに等しいんだけど、自分はもうちょっと劇的なものを求めちゃうんですよねぇ。

個別記事の管理2016-03-19 (Sat)
shpicturereco.jpgWham.jpegnarimasu.jpg
seikima2.jpg220px-Aerosmith_-_Permanent_Vacation.jpg220px-Megadeth-SoFar.jpg
IronMaidenNoPrayerForTheDying.jpg220px-Louder_than_hell.jpg220px-Accept-stalingrad-2012.jpg

①スタン・ハンセン・ピクチャーレコードLP
 1983年/小5
  初めて、自分の小遣いで買ったレコード。本来、テリー・ファンクのファンだったんだけど、何でこれ買ったのか憶えてない。テリーの引退試合はテレビのスピーカーにラジカセのMIC部分を押し付けて必死にカセットテープに録音したもんね。まだ、VHSビデオも小市民には届いていなかった時代なのだ。




②WHAM ! 「Make It Big」
 1984年/小6
  初めて、洋楽というものに真剣に接していったきっかけとなったようなアルバム。ワム!に限らず、シンディ・ローパーマイケル・ジャクソンカルチャークラブもその類だね。


③とんねるず 「成増」
 1985年/中1
  初めて、貸レコード屋で予約してまで借りたアルバム。そして、針を落として、静寂が包む緊張感の中から衝撃的な一言を聴いてぶったまげたのを鮮烈に覚えている。


④聖飢魔Ⅱ 「The End of the Century」
 1986年/中2
  この時はまだHR/HMに出会っていない。姉のカセットラックに入っていたのをこっそり盗み聞きしていたのを憶えている。その時はこんなドラマチックな音楽があるんだなとしか思ってなかったんだよね。


⑤AEROSMITH 「Permanent Vacation」
 1987年/中3(高1)
  すべてはここから始まった。実は、高校に入学して出会った友人から借りたカセットテープからなので、ほんのちょっと後追いということになる。HR/HMの入り口となったアルバムがこれ。


⑥MEGADETH 「So Far, So Good... So What?」
 1988年/高1
  スラッシュの破壊力に衝撃を受けたアルバム。テクニック、アグレッシブさ、曲構成、すべてにおいて度肝を抜かされた。そして、“In my darkest hour”のMVを何度も喰い付くように観ていたのを憶えている。




⑦IRON MAIDEN 「No Prayer for the Dying」
 1990年/高3
  正統派HMの洗礼を受けて、メイデン復活を今か今かと待ちわびたアルバム。周囲の評価は決して良くないが、大好きなアルバムだ。


⑧MANOWAR 「Louder Than Hell」
 1996年
  これぞHMというものを教えてもらったアルバム。当時、プー太郎2年目だったおっさんは、夢に向かってひたすら我慢をしていただけに、“Courage”には大いに励まされた。




⑨ACCEPT 「Stalingrad」
 2012年
  ACCEPTが大復活してることをまったく知らなかったので、これをCDショップの視聴機で聴いた時の衝撃度といったら超ド級だった。そして、HR/HMとの接し方を見直すよう大いに反省させられたアルバムだ。ブログを始めようと思い立ったきっかけとなったアルバムでもある。
Theme : 音楽的ひとりごと * Genre : 音楽 * Category : 諸説明
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

うん、わかるなぁ〜 * by グラハムボネ太郎
ボネさんは、テリーの引退試合を蔵前国技館で観ました。
ボネさんは、木梨サイクルが最寄りのチャリンコ屋で、当たり前に自転車を買ってました。
ボネさんは、オールナイトフジにワムが出て、口パク出て歌ったのを見ました。
ボネさんは、マノウォーのこのアルバム大好き
ボネさんは、ハードロックとプロレス大好き!
まだまだお互いブログ頑張りましょう(笑)

* by フライヤーズポンタ
同世代あるある、Hail!!

分かります * by 某音楽馬鹿
思わず「おぉぉぉ」ってなりました、これ全部分かったら同世代ですよね(笑)。
懐かしいのが入ってますが、とんねるずをチェッカーズに、スタン・ハンセンPレコードを太陽にほえろソノシートに変えたらそのまんま私ですやん。

* by フライヤーズポンタ
「太陽にほえろ!」かぁーーーー。

「なんじゃこりゃぁーーー」世代ではないですが、ロッキーとスニーカーが大大大好きでしたよーん。