個別記事の管理2016-03-16 (Wed)
Led_Zeppelin_-_The_Song_Remains_the_Same.jpg ★★★★★ 07リマスターJP盤

73年7月ニューヨーク公演をとらえたライブアルバム
本来は、ライブ映画として発表されたもので、サウンドトラック的扱いです。

つい最近まで、ゼップのライブ(オフィシャル)と言えば、これしかなかった。
そして、ファンとしては当然持つべきライブ盤だったんだけど、聴いてみると、「どこがあの怪物バンドなの?」っていう出来で、何か煮え切らないものが脳裏をずっと掠めていたのも事実だ。
各曲がやたら長くてダラダラ感があって、緊張感すら感じ取れなかった。

音質の方は非常によく、不満を抱くことすら失礼にあたるくらいの高品質なライブ録音だった。
曲数が少ないということも、煮え切らなさを感じさせる一要因だったように思います。

そこに突如、コンプリート盤が再発されるということで、店頭に買いに走った。

一聴して、印象がガラッと変わってしまった。
それまで、ごくごく普通のライブ盤だったのが、リイシュー盤となって、自分の評価を名盤扱いとして変えてしまったくらいだ。

追加された曲もあるが、中には、オリジナルより短く、あるいはより長く編集された曲もあるようだが、昔のものと比べて、違和感はないんじゃなかろうか。

D1
① Rock and Roll
② Celebration Day
③ Black Dog 
追加
④ Over the Hills and Far Away 追加
⑤ Misty Mountain Hop 追加
⑥ Since I've Been Loving You 追加
⑦ No Quarter
⑧ The Song Remains the Same
⑨ The Rain Song
⑩ The Ocean
 追加

D2
① Dazed and Confused
② Stairway to Heaven
③ Moby Dick
④ Heartbreaker
 追加
⑤ Whole Lotta Love

ちなみに、D1-③、⑤、⑥、⑩は「DVD」にも映像が収録されています。

聴いてみてビックリするのは、ロバート・プラント(Vo) の歌唱力の低下が挙げられるだろう。
このライブパフォーマンスは、それこそゼップの絶頂期を捉えてあるものだからして、老化ではない。だって、この時、25歳でっせ。
ロバートの歌唱力の衰えは、意外と早くやってきている。
どこが境界線かはゼップマニアではないので、定かではありませんが、明らかに高音が出なくなっています。
結成当初から飛ばし過ぎたためでしょうか?

このバンドって、人間の限界ギリギリのところでやってきたんだろう、ってのがよくわかりますよね。
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (6) * Trackback : (0) |

* by へべれけ
こんにちは!
ロバートプラントは73年頃にのどを痛めてしまってますね。このライブ盤の映像は私も観ていますが明らかにプラントの歌唱おかしいです。

* by フライヤーズポンタ
へべれけ様、ご無沙汰してます。

貴重な情報ありがとうございます。
補足的コメント、いつも助かってます。

そういえば、へべれけさんはメイデン取れました?
小生は見事に撃沈して途方に暮れてますよ。

* by へべれけ
ご返信ありがとうございます。

MAIDENは2日間取りました!
今回のためにクリマンの3A会員になってしまいました…ヾ(;´▽`A``

* by フライヤーズポンタ
へべれけさん、ナイスな選択肢ですーーー。
羨ましい。

自分はスーパーアリーナだったら、絶対行かなかっただろうし、今回は何かいつもと違うんですよね。
メイデンはツアー中にセトリは変えないし、特別なことをやろうともしないし、普通のツアーの一環のはずなんですけど、国技館ってのがスペシャル感を煽るんですよねぇ。

へべれけさんのようなメタルウォリアーがきっと多くいたんでしょうね。
2日とも行くなんて、真のメタルウォリアーですな。

* by 某音楽馬鹿
プラントさんは全盛期が人間離れしてたんで損してますよね~、調子悪いって言っても普通のシンガーさんの絶好調な時くらい歌ってますし。
25歳だったんですか、プラントさん、なんか凄いです。

* by フライヤーズポンタ
単純に老化で衰えるんでなくて、自分の限界ギリギリで怪物バンドと渡り歩いてたってのが凄いですよね。