個別記事の管理2016-05-03 (Tue)
220px-Alice_Cooper_-_Goes_To_Hell.jpg  US盤

ショックロックの帝王による9thアルバム。

しっかし、アリス先生は息が長い。
何かのアルバムに心を打たれて、じゃあ、全カタログ揃えようかと思ったところで果てしない旅路へと迷い込む。
ほんなら、ベスト盤だけ持ってればいいかと思えど、アリス先生は時代ごとの流行に反映したアルバムを作っちゃうんで、ベストだけでおいしいところをつまみ食いしても、アリス先生のバカバカしいまでのエンタテイメント性を享受できたとは完全に言えないような気がしてならない。

そうは言っても、アリス先生だって浮き沈みの激しい歴史を辿っているし、俗にいう駄作シリーズなるものの存在も確かにある。
おっさんは、駄作という言葉は使いたくない性質だ。
アーチストたちは、その時代に感じたものをアルバムとして提供しているのであって、聴き手がつまらないと感じたら、それは単純に共有できなかったというだけの話だ。

おっさんもアリス先生のアルバムはそこそこ持っているが、自分が好きと感じても、メタルの歴史からすれば、評価を下げずにはいられないものってやっぱりあるわけで...。
自分はプロのレビュアーじゃないし、上から目線で評価しているつもりは毛頭ないが、自分が所有する他のバンドと比較して、このアルバムは好きでも「あれ」よりは下のランクだろってなるのが、アリス先生には多いのである。

たしか、このアルバムを買った動機って、名バラード⑤I never cryのスタジオヴァージョンが聴いてみたいなって思ったのがきっかけだったんだろうな。

何も期待せずにスタートボタンを押すと、ライブヴァージョンよりも何十倍もクールな仕上がりだったと気付かされる①Go to hell の素晴らしさに一発KOさせられた、これほどまでにSEを曲になじませて装飾することは今までのアルバムにはなかったので驚くことしきりだ、ヘッドホンで聴きたくなる代物だ。②You gotta dance は闇のダンスミュージックといったところか。③I'm the coolest は、アリス先生が囁くように唄う大人のムードソング。⑦Guiltyは「Killer」に収められてても良さそうなハードドライヴィングソングなんだけど、2009年の“Theater of Death Tour”でプレイされていてビックリしちゃうほど、ごくごく普通のHRソングです。⑧Wake me gentlyはアリス流しみじみソング。リズミカルなパーカッションにつられてギターが鳴らされる⑨Wish you were here、ギターワークのカッコいい曲です、これも、スタジオヴァージョンの方が断然魅力的です。⑩I'm always chasing rainbows は、アメリカ大衆演劇の劇中歌のカヴァーだそうだ、アメリカ人なら慣れ親しんだ曲みたいですよ。メドレー形式に⑪Going home にいつの間にか突入してるんだけど、これも劇中歌のようなドラマ性がある。

悪くはないんだけど、総じてゾクゾクするか?って言ったら...、ねぇ?

話は変わるが、2016年のツアーがアメリカより始まった。
そのセトリをのぞくと、

① The Black Widow
② No More Mr. Nice Guy
③ Public Animal #9
④ Under My Wheels
⑤ Is It My Body
⑥ Billion Dollar Babies
⑦ Long Way to Go
⑧ Poison
⑨ Halo of Flies
⑩ Feed My Frankenstein
⑪ Cold Ethyl
⑫ Only Women Bleed
⑬ Guilty
⑭ Ballad of Dwight Fry
⑮ Killer~I Love the Dead
⑯ Pinball Wizard (The Who cover)
⑰ Love Me Two Times (The Doors cover)
⑱ Fire (Jimi Hendrix cover)
⑲ Suffragette City (David Bowie cover)
⑳ I'm Eighteen
㉑ School's Out

㉒ Elected

なんともスリリングなセトリじゃあーりませんか。
いい加減、カヴァーショウは勘弁って思うけど、注目は13曲目の“Guilty”なのだ。

このアルバムからの選曲として、“Go to hell”や“I never cry”ではなく、“Guilty”なのである。
ぜひ、このツアーを観てみたい。DVDじゃ嫌だ。
10/8, 9はアメリカツアー第二クールの真っ盛りだ。なので、LOUD PARK 16 には来れない。
9月と11月はまだ何もブッキングされていない。
こうなったら、OZZFEST 2016でBLACK SABBATHと一緒に来てくだされやーーーーー。
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

* by 某音楽馬鹿
アリスさんは時期によって違った魅力があって楽しいです、ハードロックだったりメタルだったりプログレだったり。
あと80年代の低迷期はクイズ番組の司会者やってた時期もあったそうで(それは見てみたいですが)。

一貫してるのは歌詞が素晴らしいんで凄く大変だったですが全部日本盤で集めました。

メタル時代(笑)のお気に入り、ケイン・ロバーツさんが色んな意味でヤバいです。
https://www.youtube.com/watch?v=mL1kQQbhmY8

* by フライヤーズポンタ
全アルバム持ってるとは驚きです。

そういうコアなアリスファンって、日本に数人しかいないんじゃないですかね。

ケイン・ロバーツはヤバすぎて手を出しづらいんです。
MANOWAR以上のインパクトですな。

ケイン ロバーツは * by グラハムボネ太郎
ケイン ロバーツのソロアルバムはおすすめですよ!
実はデズモンド チャイルドと組んでまして、かなりポップでコマーシャルな楽曲ですよ。
身体に似合わず(笑)

* by フライヤーズポンタ
ボネさん、ありがとうございます。

へぇー、ソロあるんですか?
ボネさんはとことんまで追求して凄いですよね。
機会があったら、チェックしてみます。