個別記事の管理2016-05-15 (Sun)
行ってきました、新木場スタジオコースト、2008/03/25。

KC3H000820151208.jpg

これは、何の前触れもなく突然発表された不思議な出来事だった。

不死鳥の如く「Trash」で復活したアリス先生は、1990年に初の日本ツアーを実施し、それ以来ということになるから、実に18年ぶりということになる。
この時、まだHR/HM歴が短かったおっさんは、行きたいけど恐いなという誇大妄想によってスルーしてしまったが、今回見逃す理由はまったくない。
だって、これが最後の日本公演になるかもしれないのだから...。

2005年に「Dirty Diamonds」を発表し、精力的にツアーを行った後、2007年6月より「Psychodrama Tour」なるものをスタートさせていた。
もちろん、その当時、そんなことに関心を寄せる日本人なんて皆無だったんじゃないだろうか。おっさんだって、情報がないんだから、知る由もない。
そして、2008年3月のオセアニアツアーのついでに日本/韓国公演が組まれたというわけだ。ちなみに、日本の後の韓国公演はキャンセルされちゃってます。

会場に入るとすごい熱気、皆、これを待っていたに違いない。
ステージには幕が張ってあり、これから始まるシアトリカルショウに寄せる期待感を増幅させる。

会場が暗転すると、幕にアリス先生のシルエットが浮かび上がる。すんげぇカッチョイイーーーー!!
幕が開いて①It's Hot Tonight がスタート、たぶん、1ヴァースしかプレイしてないと思うんだけど、ステージの幕開けにはぴったりの曲だ。
ここから、怒涛の代表曲ラッシュへ!!

②No More Mr. Nice Guy
③Under My Wheels
④I'm Eighteen
⑤Is It My Body
⑥Woman of Mass Distraction
⑦Lost in America
⑧Feed My Frankenstein
⑨Be My Lover


⑩Dirty Diamondsでは、アリス先生がステージからネックレスをぶちまける。
⑪Muscle of Love

⑫Desperado が始まると、真っ赤なチャイナドレスに身を包んだキャリコ嬢が登場、もう、鼻血ブーですよ。
そこからギターソロタイムとなり、そのまま⑬Halo of Flies に雪崩れ込み、エリック・シンガー(Drs)のドラムソロとなる。ぜんぜん、飽きないソロタイムだった。

で、ここからキャリコ嬢が大活躍するアリス劇場の第二幕がスタート、⑭Welcome to My Nightmare
⑮Cold Ethyl
⑯Only Women Bleed
⑰Steven
⑱Dead Babies
⑲Ballad of Dwight Fry

⑳Devil's Food が始まると、絞首刑台がステージに準備され、/ Killer でアリス先生の首を落とし、/ I Love the Dead の大合唱だ。
本編最後は、㉑School's Out

アンコール1曲目の㉒Billion Dollar Babiesで偽札をバラマキ、ヒット曲㉓Poisonと続いて、大団円は㉔Elected

こんな楽しいショーが今まであっただろうか?
これを楽しいと思えるのは、アリス先生の醍醐味がわかってないと理解しづらい部分もあると思うが、これがエンターテイメントなんだ。

次はいつ来てくれるんでしょうか?
もう、単独は無理そうだから、ラウパですかな?
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : ライブレポ
* Comment : (3) * Trackback : (0) |

* by 某音楽馬鹿
アリスさんのライヴは楽しいですよね~、私はまだ生では観れてませんが映像作品からも伝わってきます、映像付きで観ないと魅力半分、みたいな感じでしょうか。

でも来日公演が8,400円ですか、思いっきり楽しませてもらえると思ったら安いですね。

アリスのライブ * by グラハムボネ太郎
みんな見たい
お父さんも見たい
お母さんも見たい
チチチ ハハハ・・・

* by フライヤーズポンタ
迷わず行けよ!!
イチ、ニ、サン、ダーーーーー!!