2016/07/30

RUSH 「Fly by Night」

220px-Rush_Fly_by_Night.jpg ★★ GER盤

カナダ産プログレバンドの2ndアルバム。

ここからプロデューサーにテリー・ブラウンを迎え、ドラマーもニール・パート(Drs)が新加入してバンドの形が決まった記念すべき第一弾となっている。
前任者のジョン・ルトセイは聞くところによると、自身の糖尿病が原因で脱退を余儀なくされたみたいだ。
おっさんも血糖値が気になる生活習慣病一歩手前のお馬鹿さんなんで、皆さんも気を付けましょう。

テリーとは、元々イギリス人エンジニアだったようで、JIMI HENDRIX「Axis: Bold as Love」でもエディー・クレイマーの下でアンディ・ジョンズとともにクレジットされている。
けっこう、古くから大物と創作活動で腕を磨いていたようだ。

このバンドにとって、ニールの加入は大きかったみたいで、デビューアルバム「Rush」ではテクニカルなHR路線なのか、プログレバンドなのかまだ焦点が定まってなかったようだが、ここから組曲なども作るようになって、新世代のプログレバンドとして方向性が定まった様な感じだ。
音楽性もさることながら、ニールが大きく担う役割が作曲という楽器部門ではなく、歌詞作りにあるとは彼が単なる凄腕ドラマーとしての加入ではないってことがおわかりいただけると思います。

いきなりの①Anthem、このバンドはトリオ編成であるからして、イントロでのギター、ベース、ドラムがギンギラギンにさりげなくリフの畳み掛け合戦のようなものをやっていて、なんじゃこりゃ?ってね、そして、ゲディ・リー(Vo/B)の線が細いんだけど腹の底から高音の咆哮をあげるかのような歌唱に張り手を食らわされるような衝撃、1曲目で疲れるじゃ~ん。④By-Tor and the snow dogは8分強の組曲で、次作「Caress of Steel」以降のRUSHの色がよくわかる曲となっている。⑥Making memoriesのイントロはクラシックギターでジャカジャカやりながらゲディが弾き語る、第二弾シングル曲だが、ぜんぜんラジオ受けするような曲じゃありません。今まで吠えていたゲディがしっとりと唄う⑦Rivendell は子守唄のような深みがある。⑧In the end は最後の曲だし、目まぐるしいほどの曲展開に悶絶させられるのかと思いきや、ミドルテンポの曲が淡々とその速さを変えることなく正確なリズムを刻みつつしんみりと終わっちゃいます。うーん、インテリジェンス。

改めて聴くと、ニールのドラミングの凄さは言わずもがなだが、他の二人のプレイも尋常じゃないし、曲構成も完全にプログレメタルだねぇ。
2016/07/23

KANSAS 「Point of Know Return」

220px-Kansas_-_Point_of_Know_Return.jpg ★★★ JP盤

米国産プログレバンドの5thアルバム。

2nd「Song for America」から続いたプロデューサーのジェフ・グリックスマンとの蜜月はここで終わることになる。

ここまで成長させてくれたジェフに感謝しつつ、完成されたバンドの姿をこのアルバムで示すことができ、今後は自分たちの力だけでやっていこうという感じだったのだろうか?ただの推測ですけどね。

前作「Leftoverture」までは音の洪水と呼ぶにふさわしい心躍らすプレグレ曲で形作られてきたものの、とっつきにくい要素は皆無で聴き疲れないキャッチーな作風であった。
ここでもプレイは相変わらずテクニカルで、大幅に変わったことはなく、強いてあげるなら、歌メロを重視してさらに大衆受けするような感じになったのであろうか。

さらに、今までになくキーボードとヴァイオリンが楽器アンサンブルの主役を握っており、ギターの音が聴こえてこない曲すら見受けられる。その辺はリマスター盤で聴こえてきてるのかは確認してないんで、不明ですが...。

アルバムタイトル曲の①Point of know returnで除幕、なんともさわやかな曲だ、キーボードがメロディを奏で、ヴァイオリンが味をつける、ギターはどこだ?②Paradoxでのインストパートになると複雑な曲展開となって今までと何ら変わらないKANSASに安心、ギターのソロパートもしっかりあったけど今までのように主役になることはなさそうだ。③The spider のテクニカルなイントロに悶絶、いつになったら歌メロが入んのかと固唾を飲んで待っていると④Portrait が厳かにスタート、インスト曲だったのね。チャペルでオルガンの音を聴いているような錯覚に陥る⑤Closet chronicles、シンセの音が雄大さを演出する、中盤のインストパートでは音楽のショッピングモール状態でいかにものプログレだ。⑥Lightning's hand、あー、やっとギターが主役の曲がキターーーー、と思ったんだけどそんなに自己主張が激しいものじゃないのねん。⑦Dust in the wind はコメント不要ですよね。⑧Sparks of the tempestでは、スティーヴ・ウォルシュロビー・スタインハルトが交互にヴォーカルをとるところがカッコいい。⑨Nobody's homeは完全に歌モノだね、アメリカン歌謡曲って言っても通じるんじゃね?最後はプログレ大作⑩Hopelessly human
2016/07/21

初めてのサイクロン掃除機

愛用していたオンボロ掃除機が壊れたので、掃除機を買うことにした。

安くて単純なものでいい。

リサーチのため、ヤマダに行くと、一番安いので7000円弱。けっこうすんじゃん。

コジマのチラシに限定5台のサイクロン掃除機を見つけたので、早速整理券をゲットした。

KC3H000420160717120160719.jpg

メーカーは、聞いたこともないツカモトエイムというやつ。

調べてみると、「カラダと環境に優しい製品で、快適で豊かな生活づくりのお手伝いをします。」をキャッチフレーズに生活家電のほかに美容器具、浄水器なども手掛けているらしい。

KC3H0006201607172.jpg

KC3H0005201607173.jpg

安いんで、重厚感はないが、それなりに使えるんじゃないだろうか。

手荒に扱うと、すぐに壊れそうなんだけどね。
2016/07/19

BABYMETAL じゃダメですか?

KC3H000320160716.jpg

チョー暇だったんで、BURRN!2014年10月号、創刊30周年記念・超特大号を眺めていた。

その中のスペシャル対談、「日本のメタル・ゴッドが振り返る、この30年間」を速読していて気が付いた。

記事は、メタル絶頂期に向けて創刊された時から30年間を振り返っているわけなんだが、M・伊藤先生のバンドとの思い出が語られた後、メタルが生活に密着する欧米と隠れメタルが多い我が国との差についてボヤク記事で完結している。


伊藤先生のボヤキ
  「海外では、親父がIRON MAIDENのレコードを持ってて、それ聴いて自分もカッコいいなってIRON MAIDENのファンになったとか、そういう話って聞くけど、日本ってそういうの、あんまり聞かないんだよね。(苦笑)」


たしかに少ないかもしれませんが、先日(2016年4月)の両国メイデンライブで父と高校生くらいの息子を連れた親子を見かけましたよ。
これ見て、おっさんは感動しましたよ。日本もまだこの先があるなってね。

そして、欧米ではメタルがごくありふれた普通の音楽形態なのに対し、日本は完全にアンダーグラウンド化していることを嘆き、こんな願望を抱いていることを仰っている。


広瀬先生:音楽Pとか作曲家とか、実はHMが凄く好きで、そういうのをJ-POPとかJ-ROCKに入れてる人もいますよね。
伊藤先生:入ってるよ。だから耳のいいM・フリードマンが、「これは何!?」って思う訳だよね。メタルの要素が入ってるから。海外ではありえないことなんだよね。
(中略)
伊藤先生:隠れメタルファンが一人ひとり社会的に“メタル好き”オーラを出していってほしいね。そして、社会全体を巻き込むバンドに出てきてほしいね。
広瀬先生:アイドルが欲しいですよね。
伊藤先生:そう、アイドル。社会現象化しちゃって、っていうのが欲しいよねぇ・・・。


これって、BABYMETALのことでいいんですよね?違う?SABATONのこと?

対談を読むと、先日NHKで放送されたBABYMETAL特集そのまんまのボヤキなんだよね。
マーティがインタビューアとして出てきて、おんなじような感想を3人にぶつけてたもんな。

この号が書店に置かれた時、BABYMETALはメタルレジスタンス第二章として海外ツアー中で、販売2ヵ月前にはソニスフィア・フェス・UKのステージに上がっている。
で、発売から1年半後、2枚目のアルバムが全米チャートトップ40入りを果たし、大事件として普通のニュースで取り上げられていたのは記憶に新しいところだ。

まさに社会現象化してないだろうか?

おっさんだって、こどもに西野カナさんとかJ-POPのマイベストCDを作ってとせがまれたら、必ずBABYMETALの曲を黙って挿入しちゃっている。怒られたことはないが、嫌な顔はしている。

ただ、CDは持ってない。手を伸ばそうとする瞬間は何度もあるんだが。
だって、進化形を想像できないんだよね。アイドルって、若い時分にしかできないから寿命が短いじゃん。
BABYMETALⅡとかになるんだろうけど、おっさん的にはANIMETALブームに似てなくもないような気がして...。でも、そうなると、海外での人気を捨てることはできないしなぁ。
山口百恵さんのようにステージにマイクを置いて、スパッと去れるかなぁ?あの美学はメタルだったよね。

プロデューサーさんはこれからが勝負時として悩ましいですね。

で、何が言いたいんだっけ?
2016/07/16

KISS 「Hotter Than Hell」

220px-Cover_hth_large.jpg ★★ 96リマスターUS盤

アメリカンHRバンドの2ndアルバム。

アルバムジャケットに日本チックなものをデザインとして使用する洋物アーティストって意外と多い。
メタルバンドにもそういうことをやるバンドも少なからずある。
アルバムタイトルに日本語を使ったり、ジャケットアートに日本の風景やシンボリックデザインを使ったり、日本のイメージ写真を使ったり様々あるだろうが、このアルバムは翻訳した日本語をそのまま印字している摩訶不思議なデザインだ。
日本人が見れば、日本で買ったものなんだから、邦盤じゃなくても当然って思えなくもないが、英語圏の人間から見ると、きっと、お洒落なデザインに見えるんだろうな。

見た目はかなりチープじゃないだろうか?
原体験してないから発売当時のインパクトなんて知る由もないんだが、コンサート会場の違法露店で売ってるアーチストステッカーのように見えなくもない。どう!?

じゃあ、なぜ日本語を使ったんだろうか?
この当時はロック御三家として、QUEEN、AEROSMITH、KISSが持て囃されていたと聞くに及ぶ。
それぞれの初来日を見ると、QUEENは75年4月、いきなり武道館。AEROSMITHは遅れること77年1月にこれまた武道館。そして、KISSは御三家で最後の77年3月でこれも武道館となっている。
その後、QUEENはほぼ毎年のように連続で来日することになるが、AEROSMITHは初来日から11年後の「Permanent Vacation」での復活時に再来日を果たす。
肝心のKISSの再来日は初来日後にすぐ訪れるが、そこから間が空いたりしてコンスタントには来ていない。
いかに、QUEENがアイドル的な扱いを受けていたかがわかるだろう。

そもそも、それぞれのバンドが絶頂期に初来日となるわけで、そこからバンドの解散危機を迎えるエアロと迷走状態に入るキッスを見れば、そこから毎年のように来日できるはずもなく、音楽の多様性を備えたクイーンが戦略的に見れば勝ち組といったところだったのだろう。
じゃあ、キッスが日本贔屓的なことをしたのはなぜだ?このアルバム発表の3年後に初来日のはずなのになぜだ?

ちょっと調べてみたんだが、単純に、アルバムデザインを手がけた人がジャパニメーション・オタクだったんだそうです。
なんだよ!!
ちなみに、底辺中央の「カ」はカタカナではなく、漢字の「力」(ちから)だそうです。チープだねぇ~。

外見はチープかもしれんが、中身は気合漲るHR曲が並ぶ秀逸なアルバムとなっている。
ゴージャスなコーラスはデビューアルバム「Kiss」と変わることなく、むしろ、プレイ面がさらに磨きがかかったかのような自信に満ち溢れる作品となっている。

①Got to choose から④Hotter than hell までミドルテンポのわりかし暗めなヘヴィーHRで攻めてきたのに、いきなりロックンロールパーティー⑤Let me go, Rock 'N' Roll になるところがこのバンドらしさか。⑦Watchin' youでのダブルギターによる重めのリフの応酬なんて、すんげぇカッコいいよん。⑧Mainline⑩Strange waysピーター・クリス(Drs/Vo)が唄ってるんだが、この人の声って、ポール・スタンレイ(Vo/G)ジーン・シモンズ(Vo/B)を足して2で割った声だなぁっていつも思うんですけどね。