2016/07/13

THIN LIZZY 「Thunder and Lightning」

Thin_Lizzy_-_Thunder_and_Lightning.jpg ★★ JP盤

アイリッシュHRバンドの12thアルバムにして、最後のスタジオアルバム。

ギタリストのスノーウィ・ホワイトが抜けて、新たに新進気鋭のジョン・サイクス(G)をメンバーに迎えて制作されたもので、フィル・ライノット(Vo/B)としてはこれが遺作となってしまうことになる。

ジョンといえば、TYGERS OF PAN TANGで勇名をはせて、THIN LIZZYからWHITESNAKEへとスターダムを駆け上り、ソロに転身した成り上がりスーパーギタリストなのだが、今、一体何をしているのだろうか?
フィルのトリビュートバンドとして再結成もどきTHIN LIZZYを頑張ってはいたが、彼の実力からすれば、闇に埋没してしまうなんてことは非常に勿体ない。

そんなジョンが参加した唯一のアルバムがこれなんだが、おっさんの第一印象は、ジョンがうるさい、ってことなんだよなぁ。
あー、メタラーたちのお叱りを受けそうで怖い。

フィルの作曲センスは相変わらずにピカイチ。
でも、ジョンのメタリックかつアグレッシヴなギターワークがうるさく感じるんだよなぁ。音質が悪いから、ギター音がザラついて余計にうるさく聴こえるのかなぁ?

①Thunder and lightning⑥Someday she is going to hit back、けっこうキーボードが活躍してるんでビックリ、で、こういう音ってけっこう苦手だったりするんだな。②This is the one、終盤のギターバトルにニンマリ。③The sun goes down、お得意の哀愁ソング。⑤Cold sweat は、アルバム中唯一のジョンフィルの共作曲、意外にオリジナルではジョンは静かですね、ライブでのジョンはギュインギュインもっとやかましいんだよね。⑧Bad habits はリジ―特有のUKポップ。