個別記事の管理2016-08-10 (Wed)
Dio_InfernoLastInLive.jpg ★★★ US盤

96-97年のワールドツアーから日本公演も含むライブ音源。

7th「Angry Machines」ツアーということになるが、おっさんは初期3枚の黄金時代しか知らない。

そういえば、DIOのライブは行ったことないし、ライブ盤も持ってないなってなった時に、このライブ盤にいきついた。
Dio at Donington UK」はロニー・ディオ(Vo) の死後に出されたものなんで、そん時までは選曲もまあまあいいのはこれくらいしかなかったからだ。

メンバーは、トレイシー・G(G)ラリー・デニソン(B)ヴィニー・アピス(Drs)スコット・ウォーレン(Key) となっている。

ツアーメンバーも特に興味をそそるようなものではなかったが、いざ、聴いてみるとこれが凄くエネルギッシュに溢れたライブを展開していて、実にビックリする。
音も悪くないし、会場の熱気もビンビン伝わってくる。
日本公演は、関東ではクラブチッタでやってたみたいだから、行っときゃよかったなって思えるライブアルバムだ。

D1-① Intro
D1-② Jesus Mary & The Holy Ghost
D1-③ Straight Through the Heart
D1-④ Don't Talk to Strangers
D1-⑤ Holy Diver
D1-⑥ Drum Solo
D1-⑦ Heaven and Hell
D1-⑧ Double Monday
D1-⑨ Stand Up and Shout
D1-⑩ Hunter of the Heart

D2-① Mistreated
D2-② Guitar Solo
D2-③ The Last in Line
D2-④ Rainbow in the Dark
D2-⑤ The Mob Rules
D2-⑥ Man on the Silver Mountain
D2-⑦ Long Live Rock and Roll
D2-⑧ We Rock


なんといっても、ベース音がはっきりくっきり丸みを帯びて聴こえてくるのが素晴らしい。
実際のライブでもオーディエンスがそのように聴こえていたかは疑問だが、録音技術が向上したことによるもんなんでしょうね。

D2-①には“Catch the Rainbow”のくだりが聴けるんだが、ロニーの歌声も衰えなんかなく、哀愁タップリで聴きごたえ抜群ですよん。
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by 某音楽馬鹿
この時期のディオさんは色々と批判されてました。
でも昔の曲はちゃんと歌ってたんで、声が劣化したわけではないんですよね~。

このライヴ盤は持ってないんですが、選曲結構良いですね。

↓この曲が一番好きなんですが、あんまりライヴでやってくれないという・・・。
https://www.youtube.com/watch?v=hkZyu6DsBPA

* by フライヤーズポンタ
アルバム発表時の87-88年のツアーでは、やってたみたいですねぇ。

音源はオフィシャルではなさそうですね。

個別記事の管理2016-08-07 (Sun)
220px-WorldWideLive.jpg ★★★ 01リマスターEU盤

84から85年に行われた「Love at First Sting」ツアーの模様を捉えたライブアルバム。

お恥ずかしながら、つい最近までウリ・ロート時代以降のSCORPIONSはまったく眼中になかった。
というよりも、「Blackout」に進んだ時に、ピンと来ずに一度はリストラしてしまった経緯があるからなんだが、再度、挑戦してストライクゾーンに入ったというのが正しい。

それでも、やっぱり黄金期であるはずのこの時代がどうも熱くなれない。
そんな時にご紹介いただいたこのライブ盤が気になった。
黄金時代のベスト選曲であり、しかも、一枚組で一気に聴けるという利点がある。これで、事足りるってわけだ。

この時代はいいねぇ。
アリーナロック全盛時代であり、ビッグプロダクションのステージが手に取るようにわかる音が洪水をなしてやってくる。
オーディエンスの歓声も凄いね。これってアメリカでの録音なのかな?
調べてみると、サンディエゴ、ロサンゼルス、コスタメサ、パリ、ケルンでのライブであったらしい。

Lovedrive」からもけっこう選曲されてるんで、本当に便利なライブ盤ですね。

① Countdown
② Coming Home
 (Love at First Sting)
③ Blackout  (Blackout)
④ Bad Boys Running Wild  (Love at First Sting)
⑤ Loving You Sunday Morning  (Lovedrive)
⑥ Make It Real  (Animal Magnetism)
⑦ Big City Nights  (Love at First Sting)
⑧ Coast to Coast  (Lovedrive)
⑨ Holiday  (Lovedrive)
⑩ Still Loving You   (Love at First Sting)
⑪ Rock You Like a Hurricane  (Love at First Sting)
⑫ Can't Live Without You  (Blackout)
⑬ Another Piece of Meat  (Lovedrive)
⑭ Dynamite  (Blackout)
⑮ The Zoo  (Animal Magnetism)
⑯ No One Like You  (Blackout)
⑰ Can't Get Enough", Pt. 1  (Lovedrive)
⑱ Six String Sting
⑲ Can't Get Enough", Pt. 2

ここまで後追いしたくせに、2015年話題の最新作「Return to Forever」には見向きもしなかったんだよなぁ。
やっぱり、肌に合わないんだろうなぁ。
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

すこぴー * by 某音楽馬鹿
すこぴーは人によって好きな時期が違うんで、どの時代が好きでも大丈夫だと思います。

ひょっとしたらデジタルっぽい時のが好きな人も居たりするし?(私ではないです)。

70年代丸出しのハードロックからグランジっぽいのやデジタル風なものまで、バンドの歴史を追うと結構面白いです。

マイケルさんのここ最近の発言で一気に漢を下げたルドルフお兄ちゃんですが、ギターのリフは一貫して鬼ですよね。

https://www.youtube.com/watch?v=0755SXCTCN0

* by フライヤーズポンタ
シェンカー弟もそろそろ言わなきゃ気が済まなかったんでしょうね。

言わなくとも周知の事実として囁かれていたので、このタイミングでゲロったのは、どういう意味があるんでしょうね?

シェンカー兄がロック界に残した功績はそんなことでは消せない偉大なものですよね。

個別記事の管理2016-08-05 (Fri)
大学準硬式野球部時代に先輩から譲り受けたグラブに穴があいた。

KC3H0004201606171.jpg

もう、20年以上も使っている愛用のグラブだ。
こうなると、DIYで直しようもないので、新調することにした。

おっさんは根っからの外野手であり、サイズの大きいグラブが欲しい。

店で見つけたコイツに一目ぼれ。

91dMoOcnPiL.jpg

サイズ15インチともなると、軽く2万超えだ。
単なる草野球に2万も手が出せない。父の日ったって、買う理由にもならん。

そこで見つけたのがMIZUNO 軟式VS プレノカーサRV(サイズ14インチ)ってバッタもんみたいな安いやつ。
SPORTS DEPOで9,999円で購入。

現在、型づくり中。

KC3H0005201606172.jpg

早く使ってみたい。イッヒッヒ。
Theme : 野球 * Genre : スポーツ * Category : 暮らしの日記
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2016-08-03 (Wed)
マヤレストランでインドカレーを食べた。

KC3H0008201604291.jpg

ランチタイムはナンがお替り自由だ。

今日はシーフードカレーセットにして、ラッシーを飲んだ。
240円でドリンクバーがあったので、そっちが良かったな。ラッシーもチャイもソフトドリンクも飲み放題なんて、魅力的じゃね?

KC3H0009201604292.jpg

でかいナンがモッチモチで超美味しい。

一人で3枚も食べちゃったよ。

カレーも大皿に波盛りだし、大満足です。

また行きますねぇ~。ごちそうさま。
Theme : カレー * Genre : グルメ * Category : グルメ/旅
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by 某音楽馬鹿
ナンは美味いですよね。

うどん県のインド料理店にはカレーうどんが!。

http://tabelog.com/kagawa/A3702/A370202/37007739/

* by フライヤーズポンタ
うわぁー、ご当地インド料理ですか。

おもしろい。

大阪のインド料理屋には、お好み焼きカレーとかあんのかな?

個別記事の管理2016-08-01 (Mon)
220px-Rush_ATWAS.jpg ★★★★★ US盤

1976年6月、トロントで行われた「2112」ツアーの模様を捉えたライブ盤。

バンドの地元でのライブだから、当然気合が入ってたでしょうに、プレイが凄いんだから。

メタル史に残るライブアルバムの名盤というのはいくつかが知られているが、その中にこのアルバムの名を見ることは滅多にない。なんでだろ?
そもそも、ライブアルバムが名盤になる基準みたいなものはあるのだろうか?
そんなの人それぞれだろうし、おっさんがこのアルバムに5スターを打ったのも単なる主観でしかないし、同感の方も少ないかもしれません。

おっさんがライブ盤に何を求めるかは、(1)ライブの臨場感が伝わってくるか、(2)サウンドプロダクション、(3)プレイ、(4)セットリストなどから全体の印象で好み度を判断する。
でもって、そのすべてが満点なこのアルバムはおっさんにとっては名盤以外の何物でもない。

① Bastille Day
② Anthem
③ Fly by Night/In the Mood
④ Something for Nothing
⑤ Lakeside Park
⑥ 2112
⑦ By-Tor & the Snow Dog
⑧ In the End
⑨ Working Man/Finding My Way/Drum solo


DEEP PURPLE「Live in Japan」を超えないまでも、それに肉迫する鬼気迫るプレイが聴ける珠玉のライブ盤だと思っている。
80年代以降のRUSHしか知らない人がいたとしたら(実はおっさんはその逆なんでエライこと言えません)、70年代はこれで済ませてしまえばいいので、ぜひ聴いてほしい。ぶったまげます。

こんなノリでもって、「Exit... Stage Left」を買ってみたんだが、これとは趣がぜんぜん違ってて、アグレッシヴさがまったくなくて穏やかなRUSHだったんで、そっちはリストラしてしまいました。

いやー、この音がトリオバンドだなんて想像できません。
ゲディ・リー(Vo/B)の歌唱はオリジナルよりヒステリックでバンドの音にぜんぜん負けてないし、なおかつブリブリのベースをこれでもかっていうくらい鳴らしまくってる、凄すぎる。
M・伊藤先生が日本公演がないことを嘆くのも無理はなかろうて。
ただ、今のRUSHを知らないおっさんとしては、渇望するほどではありませんが...。

バンド紹介アナウンスの直後に始まる①Bastille dayのリフに、この後繰り広げられる3人の妖怪たちによるミサを想像しつつ飛び込んでくるゲディの歌声、うへぇー、すげぇー、しかもベースがメロディを担当してるようだよ。④Something for nothingでのアレックス・ライフソン(G)もリズムやってソロやってって忙しすぎるギターを難なくやってのける、尋常じゃないな。そして、⑥2112、ここでSEが聴こえてくる、たしか、ゲディがシンセサイザーもやってるはずなんだが、本当に全部3人でできんのか?スタジオ盤より若干テンポが速くなってるかな、これをアグレッシヴさを増して完璧にやりきるバンドって妖怪でしょ!? 畳み掛けるように⑦By-Tor & the snow dogだよ!! 固唾を飲んで聴くことに集中すること間違いなし。⑨Working man/Finding my wayの最後にはニール・パート(Drs) のドラムソロも組み込まれてるんだけど、そんなに鳥肌立つもんではありません、でも、手さばきが凄そう。

リマスター盤にはデビューアルバム「Rush」からの“What you're doing”が追加収録されてるので、買うならリマスター盤をおススメします。
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |