個別記事の管理2016-11-26 (Sat)
220px-Gutterballlet.jpg ★★ JP盤

米国産パワーメタルバンドの6thアルバム。

SAVATAGEって、一体どのようにして出てきたのだろうか?

ライナーノーツを読んでみると、こんなことが書いてある。

彼らの地元フロリダのラジオ局が1982年に制作したコンピレーションアルバムに2曲を提供したことからすべてが始まったようだ。そして、インディーズデビューを果たしたのは1983年のことである。

この頃っていうのは、NWOBHMがイギリス以外にも影響を及ぼし、アメリカではLAメタルと呼ばれることもあるように、ロスを中心にグラムロックのメタルヴァージョン的なバンドが大いに流行っていた。
その陰で、スラッシュバンドがコアなHMファンに支持されて世界へ繰り出そうとする時期であり、死にかけていたヴェテランたちの蘇生をも促し、メタル業界全体が潤い始めていた時代である。

ただ、SAVATAGEの音楽性を考えると、彼らが契約を得られるような下地はないように思えるのだが、どんな奇蹟があったのだろうか?
それを紐解くヒントは、1st「Sirens」後に出したEP「The Dungeons are Calling」(おっさんはこれを2ndとしてます)の契約先がCOMBAT RECORDSであるということだ。

COMBAT RECORDSっていう会社は、MEGADETHの1st「Killing is My Business… 」を契約しているように、どちらかというとコッテコテのスラッシュバンドと多く契約していたレーベルである。
どうも、SAVATAGEはスラッシュバンドと思われていた節があるようだ。
古参の熱狂的なファンもデビューアルバムをスラッシュ創世期のバイブル的作品として捉えていたとライナーノーツには書いてある。ホンマかいな?

そして、ここ日本で彼らが初めて紹介されたのがこのアルバムって訳なんだが、時は1989年。ジャーマンメタルがピークを迎え、メタルの細分化が今まさに始まらんという時期である。
なので、デビュー当時こそ母国アメリカでジャンルの焦点が掴めなかったバンドであったのかもしれないが、日本では多様性の順化ができつつあったし、細分化で先鋭されるメタルバンドに嫌気を指していたおっさんのような人は、正統派HMであるこのバンドの出現をすんなり受け入れることができたんではないだろうか?

アメリカらしからぬ美旋律の詰まったドラマチックなパワーメタル。日本人が敬遠するわけないでしょーに。

①Of rage and war の歌メロが始まると、どことなく声質がキング・ダイアモンドに似ていて、ヤバイって思ったが、キングみたいに妖怪じみてないので安心しましょう。ピアノの響きとバンドアンサンブルのコントラストが見事な②Gutter ballet、名曲です。③Temptation revelationもピアノの上でエモーショナルなギターフレーズが羽搏く心躍るインストソングとなっています。⑤Silk and steel はアコースティックのインストソング。⑦Houndsは映画音楽のような物語る曲だ。⑨Mentally yoursはメランコリックだったり、HMだったり振れ幅が大きい曲だ。⑩Summer's rain のギターソロでは、美旋律に酔いましょう。
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by 某音楽馬鹿
私も最初はスラッシュ系のバンドとして聴いてましたよ~。

このバンドやメタルチャーチ、サンクチュアリやデビュー当時のレイジやハロウィンもスラッシュ扱いされてたと思います、確かサヴァタージはVoがおどろおどろしいって評価されてた気がします。

この作品は大好きで、当時は凄く聴いてました、今はクリスマス時期に元メンバーさん総出のトランス・サイべリアンオーケストラ名義でボロ儲けされてますけど、いい加減でサヴァタージ名義の新作出してほしいです。

https://www.youtube.com/watch?v=JChUApPcUb8&t=1700s
https://www.youtube.com/watch?v=4gFz4DwPAaI

* by フライヤーズポンタ
ヴァッケンにこの間出てたんで期待したんですが、それから何の情報もないですね。

是非復活してほしいです。