個別記事の管理2016-12-31 (Sat)
220px-Dream_Theater_-_Awake.jpg ★★ JP盤

米国産プログレメタル・バンドの3rdアルバム

90年代に突入すると、メタル界では、へヴィーさ(暗さかも)を追求するような動きがあった。
大物ヘアメタルバンドでさえ、アイデンティティーを否定するかのようなアルバムを世に送り出し、世間を騒がせていた。

前作「Images and Words」で新たなメタル像を世に問うて、信者を世界中に形成していたDTも例外ではなかった。
このアルバムの世間評は「DT、お前もか?」っていうものだったと記憶する。

そんな評判を耳にしては、おっさん手を出すはずもなく、つい最近までスルーしてきたわけだが、DTの歴史を知るには、ケヴィン・ムーア(Key) が在籍している最後のこのアルバムも重要だろうとういうことで後追いさせてもらいました。

一聴するに、たしかに暗いが、圧倒的な演奏力は前作を上回っているように感じます。
暗い中にもハッとする美しいメロディーも存在するし、曲構成を練った感じは前作以上に感じられて、より一層、緻密さを感じ取れるんだよね。
じゃあ、前作よりこっちの方が好きかと言われたら、それは別の話であってね。
HM寄りになるのは、彼らの原点というか、HM好きがやってる音楽であるからして、HM寄りになるのは当然な成り行きのような気もします。
HM寄りな分、ジョン・マイアング(B) のベース音が際立ってきて、こういうの好きです。

①6:00で聴かれるジェイムズ・ラブリエ(Vo) の歌声が別人に思えるほどにダーティーなもんだからビックリしちゃうんだけど、この1曲で諦めてはいけませんぞよ。③Innocence fadedのイントロは明るいからね。④Erotomania⑤Voices⑥The silent man は組曲なんだが、この世界観に浸るときの陶酔感と言ったら、ハンパないですよ。⑦The mirror のリズムはへヴィーだねぇ、みんなPANTERA旋風を無視できないんだよね。この後は聴き流してしまうほどに特筆すべきことはないんだけど、⑪Space-Dye vest の暗いピアノが始った途端、絶望感に苛まされます、なんですかこの重苦しくも美しさが同居するような陰鬱状態は?聴いてみそ?
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by 某音楽馬鹿
そういえば批判された作品でしたよね。

逆に言えば前作がメロディアス過ぎたんでこういう評価になったのかもしれません。

私もマイアングさんのベースは大好きです。

* by フライヤーズポンタ
色んなことやってくれるのがDTの魅力なんでしょうけど、今じゃ複雑怪奇なバンドがいっぱいいて、当たり前すぎてきてDTも埋もれてきちゃう世の中になりつつありますねぇ。

個別記事の管理2016-12-24 (Sat)
220px-Dream_Theater_-_Images_and_Words.jpg ★★★ JP盤

プログレメタル・バンドの2ndアルバム

バークリー音楽大学で前身バンドのMAJESTYを結成したのは1985年。
当初は、ジョン・ペトルーシ(G)ジョン・マイアング(B)マイク・ポートノイ(Drs) による3人編成だったらしい。
新たにケヴィン・ムーア(Key) とヴォーカリストを加えて、1986年には早くもデモテープを作り上げている。

そして、ヴォーカリストを交替させて1989年には「When Dream and Day Unite」でデビューしている。
ここまでトントン拍子に事が進んでいるんで、ビックリだ。
当時、BURRN!のクロスレビューで、酒井康氏が90点という高得点を付けているので、只者ではない新人が登場したことがデビュー時から知られていたことになる。
ちなみに、おっさんはまったくのノーマークだったのは嗜好によって明らかだ。

で、このアルバムが出たときは、注目せざるを得ない何かがあった。
時代は、ヘアメタルの隆盛が終わって、メタル細分化が進められた結果、好き嫌いがはっきり分かれるような音楽が乱立していた。
おっさんが進んだ方向はメタルオペラものであったわけだが、そんな折に紹介されたのがこのプログレメタルである。
BURRN!のクロスレビューで、広瀬先生は95点を付けていた。当然、なんじゃ、そりゃってことになる。

音大出身ということで、小難しい音楽を想像するわけだが、聴いてみると意外にもすんなり聴き込める。
テクニックが凄いだけで難解さなんか微塵もない、って思うんだけど...。

おっさんの好きな音楽ではありませんが、よく聴いたアルバムです。

ドラムも含めまろやかな音作りでメタルっぽくない印象の①Pull me underジェイムズ・ラブリエ(Vo) の高音もどことなく上ずってるが、まあ、許容範囲。キーボードの伴奏で歌い上げる②Another dayでは、ラブリエの良さが最大限に引き出されてます、サックス演奏がムードを盛り上げてます。場面展開の著しい③Take the timeで彼らの超絶テクを満喫。④Surrounded でのメロディーの美しさは爽快です。⑤Metropolis-part 1では、音数の多いプレイとそのドラマチック性に酔いしれよう。⑥Under a glass moon のリズムは変拍子なのかな?ノリにくい曲なんだけど、歌メロは普通に流れてるんで不思議な曲だ。⑦Wait for sleepでのピアノは映画「エクソシスト」を思い出すんだけど、曲が進むとなんてことはない、すごく朗らかな曲です。⑧Learning to live は11分もある大作なんだけど、長さをまったく感じさせません。
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by 某音楽馬鹿
ドリームシアターのアルバムの中では聴きやすいポップな作品ですね、最近のは聴く人を置いて斜め上に突っ走る曲が多いんでこのバンド好きな人でもアルバム聴くのに体力が要る状態です(そこまでして聴かなくても・・・)。

人それぞれダメなジャンルは確かにあると思います、私はヴァイキング・メタル的な過剰に勇壮で壮大なやつが苦手です。

* by -
そうそう、自分もSABATON旋風についていけてません。
あのVoさんがエリック・アダムス並みにうまかったらきっとマストバイなんでしょうけどね。

RHAPSODYでぶったまげて、そういうサブジャンルにゾッコンになったはずなんですけど、なんか飽きちゃってね。

オリジネイターたちを聴いてりゃいいやってなっちゃいました。

だから、聴くCDが減ってっちゃうんですよね。

個別記事の管理2016-12-21 (Wed)
親子の何気ない会話。


父 「サンタさんに何もらうの?」

子 「スケボー」

父 「冗談じゃない、技も極められずに物置で腐らすだけだろ!!ダメに決まってる」

子 「CDプレイヤーが壊れちゃったんだよね、ヘッドフォンとCDラジカセがいい」


そういえば、ダイソーでヘッドフォン売ってたな。

KC3H0001201612161.jpg

electricaというメーカーのやつを108円で買ってきてやった。

<商品仕様>
  形式:ダイナミック型
  再生周波数帯域:20Hz~20KHz
  インピーダンス:32Ω
  音圧感度:79.3±3dB
  定格入力:0.25W
  最大許容入力:0.5W
  コード:約1.0m
  プラグ:3.5mmL型ステレオミニプラグ

小学生なんか、これで充分だろ。すんげぇー喜んでやんの。

音はやっぱおもちゃみたいな音だね。

出力をマックス近くまで上げないと聴こえやしないし、かすみがかって曇りきった音で高音も低音もボヤけてる。

ドラムの音が最悪でポコポコとしか鳴らない。

でも、片側コードでLプラグなのが気に入った。

KC3H0002201612162.jpg

ダイソーも馬鹿にできんよ。

あとは、本物のサンタさん(母親)にウォークマンでも頼んでね。飽きたらお父さんにウォークマンだけ頂戴ね。


おっさん自身へのクリスマスプレゼントは、DENON AH-D1100Creative Aurvana Live! のどっちかにしよーっと。
Theme : クリスマス * Genre : ライフ * Category : 暮らしの日記
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by 某音楽馬鹿
ヘッドフォン買われますか、デノンのはやたら低音が出るやつですね、10Hz以下まで出るとか?。

ダイソーのヘッドフォンは見た感じちゃんとしてますね(笑)、帯域はアレですけど。

あと、ヘッドフォン大音量は耳を傷めるんでご注意下さいませ。

* by -
大音量じゃなきゃ感じなくなっちゃいました~。

個別記事の管理2016-12-17 (Sat)
220px-Buckcherry_-_15.jpg ★★ JP盤

アメリカンHRバンドの3rdアルバム

90年代、LAメタルの栄華が終焉を迎え、ロサンゼルスからスターが出なくなった。
そこへ、彗星のごとく毒のあるロックスターが20世紀ミレニアムにロスから現れた。

メタルバブル時代を懐かしむおっさんとしては、熱狂するに決まってる。
とにかく、デビューアルバムBuckcherry」を聴きまくり、2ndアルバムを待ちに待った。
そして、2nd発表前には、BURRN!が巻頭カラー15Pくらいの特集号で大プッシュした。
ところがどっこい、その「Time Bomb」は期待を大いに裏切る内容で、おっさんも数回聴いただけでリストラしてしまった。

バンドも解散状態となり、元GN'Rのスラッシュらと新バンドを組むとかなんとか話題にはなっていたが、おっさんとしてはもうどうでもよかった。

完全に一発屋のレッテルを貼って無視していたが、またしてもアメリカからバンド復活の知らせがフワフワと届くようになった。
ほんでもって、今作発売2か月前にサマーソニック05でNINE INCH NAILSがトリを張るステージにSLIPKNOTやDEEP PURPLEとともに出演して新曲を披露していたらしい。そんなことまったく知らなかった。

意外以外の何物でもない驚きで、そんな情報を何気なく聞いていたラジオから曲を聴かされたわけなんだが、これがいい、ってことになって初めて手にしたのがこの3rdなんです。

今作では、AEROSMITHとのコラボで有名なマーティ・フレデリクセンと共作をするようになった。
そりゃ、もう、アメリカン青春群像絵巻としてパワー、エネルギッシュ、躍動感、頽廃、甘美、恋愛、なんでもござれ、これがBUCKCHERRYだ。

① So Far
② Next 2 You
③ Out of Line
④ Everything
⑤ Carousel
⑥ Sorry
⑦ Crazy Bitch
⑧ Onset
⑨ Sunshine
⑩ Brooklyn
⑪ Broken Glass
⑫ Back in the Day
 (日本盤ボーナス)
⑬ Pump it Up (日本盤ボーナス)
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by 某音楽馬鹿
バックチェリーはBURRN!さん一押しでしたよね~、デビュー作は聴きましたけど「これ」っていう曲が私的には見つけられなくてそのまま優先順位が下がり続けて今に至ります。

この3作目は聴いてません、良い曲ありますか~。

* by -
デビュー作と何ら変わりません。

デビュー作がダメなら間違いなくダメかも。

個別記事の管理2016-12-14 (Wed)
music_heavy_metal_guitarist.png

やったぜ!!

今度は永遠のメタルギターキッズ、ヴィヴィアン・キャンベル(G)からうれしいお知らせが伝えられた。

LAST IN LINE のセカンドアルバムを制作するだってよーーーーー!!

LAST IN LINEとは、ロニー・J・ディオ亡き後に、DIO黄金期メンバーのジミー・ベイン(B)ヴィニー・アピス(Drs)が再集結して、アンドリュー・フリーマン(Vo)をフロントマンに据えて2016年に「Heavy Crown」でデビューしたバンドだ。

DEF LEPPARDではメタル熱が物足りないと感じていたヴィヴによる肝いりのバンドだ。

よっ、メタルオヤジ!!待ってました。

ジミーが志半ばで亡くなってからヴィヴの消極的な発言しか聞こえてこなかったので、期待していなかったが、ようやく重い腰を上げてくれましたか。

ベースはツアーで助っ人として呼ばれていたフィル・スーザン(B)がそのままバンド入りするらしい。



うっほーい!!またLOUD PARK 17の候補者が浮上しましたな。
Theme : 最新音楽ニュース・音楽情報 * Genre : 音楽 * Category : 暮らしの日記
* Comment : (0) * Trackback : (0) |