個別記事の管理2017-01-27 (Fri)
行ってきました、2017/01/25、パシフィコ横浜。

KC3H0004201701272.jpg

いやぁー、懐古趣味にもほどがあるってもんで、今更なんだよって感じだが、おっさんにとってはジェフ・ベック(G)初体験である。死ぬまでに観ておきたいレジェンドをこの機に観に行ったっていうお話。
ジェフは過去に何度も観る機会があったんだろうけど、多くのレジェンドの死が毎年のように報じられるご時世、これを逃したらっていうのがあったのさ。

バンドメンバーは、ロージー・ボーンズ(Vo)、過去作「Flash」に参加経験のあるジミー・ホール(Vo)カーメン・ヴァンデンバーグ(G)、黒人ベーシストロンダ・スミス(Vo/B)、黒人ドラマーのジョナサン・ジョセフ(Drs)となっているが、誰も知らない。
最新作「Loud Hailer」で演奏している人はロージーカーメンのみで、この二人は前回2015年の来日時にはいなかったみたいですね。

この日は横浜アリーナでGUNS N' ROSES with BABYMETALがライブをやってるんで、帰りにJRで大群衆にぶつかったら嫌だなって思いつつ会場に向かうと、これからコンサートに行きますっていう雰囲気がまったくなくて、パシフィコで堅物の学会でもあるんかいなって感じ。
そりゃそうだろ、平日だし、ロック野郎丸出しのアダルトがそんなにいるとは思えなかったんで、その通りだった。

会場に入ると、意外にもファン層がかなり幅広いのに驚く。
階段を昇り降りするのもつらそうなお婆様が単独でいたり、20代と思われるカップルがいたり、中学生くらいの息子を連れた親子もいたりで、ほのぼのとした健全なオーディエンスにホッとする。圧倒的に50代以上の先輩方が多かったのはご想像どおりです。

ただ、後方を見渡すと空席が目立つ。8割くらいしか埋まってなかったんではないでしょうか?首都圏は東京2デイズだけで良かったんじゃない?

KC3H0003201701271.jpg

定刻を10分くらいすぎると、ステージ下の袖にタンクトップ姿の外人のお姉さまがサーチライトのような物を担いで仁王立ちしているが、専属のカメラマンなんだろうと思って特に気にせずステージを見てると、メンバーがおもむろに定位置について何の前触れもなく①The Revolution Will Be Televisedがスタート。
すると、仁王立ちしていたお姉さんがゆっくりと会場内を歩き始めサーチライトを四方に照らし始める。
なんだ、コイツは、いまどき不法録音の取り締まりでもやってんのかと思いきや、サーチライトだと思ってたものが実はメガホンであって、それで唄い始めやがった。
あ!?あなたが、ロージー嬢ねって、きっと誰も気づかなかっただろうな。近くに来ても歓声をあげれずにゴメンね。知らないっていうのはアーチスト殺しだな。

何の飾りもなく1曲目がスタートしたが、誰も立ち上がらない。よかったぁー、大人ロックはいいなぁ~。
座ってじっくり聴き惚れてれゃいいんだなんて最高ーーーーー!!

そして、名作「Blow by Blow」からの曲②Freeway Jamがスタート。このツアーでは、「Blow by Blow」からは2曲しかやってくれないみたい。「Wired」からはなし。だから、キーボディストがいないのかもね。でも、この曲ってキーボード必要だったような気が。
セカンドギタリストのカーメンがその辺はフォローしてるんだけど、セカンドであっても音がデカい。ジェフ・アニキって優しいね。
で、このカーメンってたぶん女性なんだろうけど、超ショートヘアで容姿からだとイケメンのヤングガイにしか見えない。もしかしたら、海外で多い男役ですか?

ジャムセッションのような③Lonnie On The Move。ドラマーのジョナサンは手数が多いんだけど、腕だけで叩いてるんでHRしてないんだよなぁ。まあ、ジェフもそれは望んでないんでしょうから、これでいいんでしょう。でも、図体デカいんだから、全身で叩けよーーーって、ね。

④Live In The Dark⑤Thugs Clubロージー嬢の再登場。おっさんは、鼻が詰まったような歌い方をするアメリカンポップス系のオネエチャンの歌って苦手なんだけど、小さいカラダ(ぽっちゃりだけどね)で振り絞って唄う姿がかわいらしい。アニキの孫を応援するような微笑ましさがあるよね。

「Flash」から⑥You Know You Know。もう、じっと聞き惚れるしかないでしょ。
遠目でわからないんだけど、ジェフって、ピック使ってないみたいね。指だけであのアタック音を出せるって強靭な指してんなぁ。それにしても音色が綺麗だ。

きました、⑦Morning Dewジミーの登場。
ロッド・スチュワートの歌声に慣れてるものとしては、物足りないけどジミーも野太いいい声を持ってました。ただ、出で立ちがビューティフル・サンデイの田中星児みたいで、ぜんぜんロッカーじゃないんだよね。ま、いいか。
⑧A Change Is Gonna Comeジミータイム。

「JEFF BECK'S Guitar Shop」から⑨Big Block
「Blow by Blow」から⑩Cause We've Ended As Lovers

⑪O.I.L.では、ジェフが弁当箱ギターに持ち替えてのボトルネック奏法が聴ける。
⑫The Ballad of the Jersey Wives、こんな暗い曲、この歳でまだ演れるなんて、どんだけ若い気でいるんだ、アニキは。
全身でリズムをとって、はじけてみせるロージーもガンバレ――!!
⑬Scared for the Childrenでは、座り込んだロージーが物哀しげに唄うんだけど、後ろから抱きしめてあげたい。初めて聴く曲なのにジェフが奏でる音色の美しさと相まって涙が出そうだよ。

さあ、終盤へと至り、終わりが近づくよ。⑭Beck's Bolero

⑮Little Brown Birdから再度のジミータイム。
「You Had It Coming」から⑯Rollin' And Tumblin'
「BB&A」から⑰Superstition

最後はロージーキメてくれ、⑱Right Now。新作からの曲で締めくくるもんだから、あっさり終わりました。

アンコールは、⑲A Day In The Life。アンコールであっても、誰も立ちません。
これで終了、ドラマーも席を立ち、セカンドギタリストも肩からギターをおろす。でも、ジェフが演奏をやめない。バンドメンバーがジェフに視線を配り慌ててドラムに座り、ギターを肩にかける。そのまま⑳Going Downに雪崩込んで、ジミーもステージに急ぎ現れて歌い始める。
きっと、日本初日はこの曲をやるつもりなかったんでしょう。でも、調子が良かったんで、ジェフもプレイしてくれたんじゃないでしょうか。

最後はスタンディングオベーションになってました。

たまには、大人ロックもいいよね。

記憶が曖昧なんで、セトリが間違っていたら、どなたかコメントしてくださいね。
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : ライブレポ
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by 某音楽馬鹿
ジェフ・ベックさんのライヴ参戦お疲れ様です。

この人のファン層は幅広いんでどういう人が集まるのか予想できなかったんですが、そうですか~「ロック野郎丸出しのアダルトさん」居ませんでしたか~。

何よりお客さんが立たないんだったらこういう広い会場でもちゃんと見れて良いと思います、逆に還暦過ぎたような人に立てって言っても酷だと思うんで。

ガンズと被ってたのもロックなアダルトさんが分散した原因だったり?。

私も観てみたいんですが、田舎には来ないんで無理でしょうね~。

* by フライヤーズポンタ
インストでギター漬けになるライブより、歌ものがあるジェフ・ベックの方が自分にとって飽きなかったりするかもしれません。
だからこそ、今回のツアーに行ってみたくなったんだと思います。

新作出して攻めの姿勢のジェフもいいんですが、次はマイケル・シェンカーみたいにジェフ・ベック・フェスでもやってくんないですかねぇ?

もちろん、ロッド帯同でね。

個別記事の管理2017-01-25 (Wed)
220px-Jeffbeckgroupalbum.jpg ★★★ JP盤

通称「オレンジアルバム」として知られる第二期JEFF BECK GROUPの第二弾アルバム。

前作「Rough and Ready」はセルフプロデュースで制作されたが、今回はインストR&B、ファンク/ソウルバンドとして有名なBOOKER T. & THE M.G.'sのギタリストであるスティーヴ・クロッパーをプロデューサーとして雇っている。
このことからもジェフの本気度がわかるってなもんだ。

そうは言っても、全9曲中5曲がカヴァーソングという異色作でもある。
そんなアルバムなのに、今作をJEFF BECK GROUPの最高傑作として挙げる人も少なからずいるはずである。
それは、なぜか? わかりません。 ご自身の耳でお確かめください。 としか言いようがない。

一聴するに、美しいという言葉が浮かび上がります。

カヴァーだらけのアルバムとはいえ、それらを自分のものとして消化しきっている音がここで聴けるんだなぁ。
この後にBB&Aというジェフのやりたかったバンドの夢が叶い、道草を食うものの、その後やってくるフュージョン路線の布石がこのアルバムで既にやっているのである。

ただ面白いことに、このアルバムを高く評価する傾向にあるのはもしかしたら日本だけかもしれないってことだ。
おっさんも日本人としてこのアルバムの凄さを日本人に教えてもらったんで、好きなアルバムとしてお気に入り度も当然高くなる。
おそらく、欧米人のお気に入りは圧倒的に第一期の方みたいだ。

それは否ことを仰せになりますな、親方様。
だって、「Blow by Blow」のセールスは欧米でこそ高いじゃないですか。このアルバムは「Blow by Blow」のプロローグみたいなもんでっせ。
え!?白人以外がロックをやるな!!って? オイオイ、冗談はここまでにしましょう。

曲調は前作とほぼ変わることがないんだけど、プロデューサーを起用したことで、より実験的になってきたところもあるかなって感じです。

③Tonight I'll be staying here with youボブ・ディランのカヴァーなんだけど、オリジナルを聴いたことないから比較しようがないな、けっこうムーディーに仕上がってますけどね、ジェフが奏でるギター音は彼独特のもので、カモメが咽び鳴くって絶対あり得ないんだけど、そんなことができるならこんな表現もできるっていう唯一無二の凄さですね。④Sugar caneはプロデューサーのスティーヴとのコラボ作なんですけど、唄ってるのはボブ・テンチ(Vo) じゃなさそうだな、スティーヴジェフってことはないでしょ?⑤I can't give back the love I feel for youもカヴァーで、元ネタには歌メロもあるんですけど、それをギターで唄っちゃってます。⑥Going down はアメリカンサウザンドロックのカヴァーで前作に入っててもおかしくないよね、リズミカルに繰り返されるベースリズムが腹に響く。⑦I got to have a songスティーヴィー・ワンダーのカヴァー、和田アキ子を思い浮かべちゃうよね。⑨Definitely maybe は「Blow by Blow」に直結するインストソング、今アルバム中では浮いた存在になっちゃってるかな。

さて、これが最後になるかもしれないジャパンツアー(きっとあと数回はあるんでしょ?)にでも馳せ参じましょうかいな。
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (1) * Trackback : (0) |

* by 某音楽馬鹿
第二期は泥臭い音ってよく言われてると思います、確かにコテコテの黒っぽいジャズ風だったりR&Bみたいな雰囲気がしますよね。

これも持ってない作品でしたが動画サイトで聴いたら結構好みでした、安く売られてたら探してみようと思います。

そういえばほとんど第一期かフュージョン時代ばかりが人気でこの辺の話題が少ないのは不思議です。

個別記事の管理2017-01-21 (Sat)
Jeff_Beck-Rough_and_Ready.jpg ★★ US盤

第二期JEFF BECK GROUPの第一弾アルバム。

バンドメンバーが大きく替わった。

ヴォーカルにTHE GASSというバンドでファンク/ソウルミュージックをやっていたボブ・テンチ(Vo)、ベースにトリニダード・トバゴ出身のクライヴ・チャーマン(B)、ドラムに当時ほぼ無名のコージー・パウエル(Drs)、キーボードにこれまたほぼ無名のマックス・ミドルトン(Key)を迎えた。

まあ、無名とはいえ、イギリスなんていう小さい島国のミュージシャン界隈なんかみんなどこかでつながってるか、名前は知ってるっていうコミュニティなんだろうから、世間で無名とは言っても、凄腕ミュージシャンが集うんだからイギリス音楽文化のレベルってのはやっぱり恐れ入る。

ジェフとの活動を背に、ボブはCREAMのジンジャー・ベイカーフレディ・キングヴァン・モリソン、HUMBLE PIEなどとの活躍で知られるようになるし、コージーについては皆が良く知るところだ。

第一期はスーパーバンドとしてもてはやされたのかもしれないが、第二期はジェフの攻めのバンドっていうか、好きなことをやろうとした結果なのだろうか、それでも技術は第一期に劣らずにテクニシャン連中だ。

音楽性はバンドメンバーのバックグラウンドに反することなく、ファンキー要素が強くなります。
ただ、マックスというキーボードプレイヤーを擁したことで、ジェフのフュージョン色が開花していく過程がこの第二期で見え隠れしてくる(第一期にもあるにはありましたが)んで、当時としては面白いバンドだったんだと思います。

ドラムカウントのような小気味よいハイハットのリズムからバンドアンサンブルに雪崩込む①Got the feelingはノリノリのファンキーソング、曲終わりにピアノソロとギターソロが交互にやってきてけっこうアグレッシヴだ。②SituationもR&Bソングで、ボブの歌唱を聴いてるとジェームス・ブラウンの顔をいつも思い浮かべてしまう。④Max's tuneはタイトル通りマックス作曲によるインストソングなんだけど、鍵盤楽器をひけらかすようなものではなく、8分という長い曲中にちゃんとドラマが存在します。⑤I've been used はスリリング感あふれる重めの曲で、コージーのドラムのズッシリドッシリ感がたまらなく心地よい。おっさんのフェイヴァリットソング⑥New ways train trainの主役はジェフのギターかな、ソロが凄いっていうんじゃなくて、七変化していく展開をリードギターが終始引っ張っていくっていう凄さです。ソフトAORソングの⑦Jodyで聴こえるジェフのギター音はどんなエフェクトを使ってんでしょうか?キーボード音に聴こえるんだよなぁ、ファズだけでこんな風になるかな?

こんなにファンク色の強いアルバムなのに、ほとんどの曲がジェフひとりによる作曲っていうんだから驚くばかり。

同じテイストでも、おっさんはDEEP PURPLE「Come Taste the Band」よりもこっちの方が好きです。
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by 某音楽馬鹿
ジェフ・ベックさんとコージーさんっていうのは豪華ですよね。
ファンキーなジェフさんも良さそうです、このアルバムは聴いた事無いですけど。

* by フライヤーズポンタ
某音さんは、ロッドずきですもんね。
自分はどっちも好きだったりします。

で、次回もジェフで~す。

だって、...。その答えは週末にわかるはず。

個別記事の管理2017-01-18 (Wed)
映画鑑賞という趣味はない。

でも、時間つぶしにもってこいなのが映画館だ。

連れがくだらんイベントに参加するということで、別行動をとることになり、思案の挙句に映画鑑賞と相成った。
で、何を観る?

過去に3DIMAXを観たことはあったが、4DXは未体験だっていうことで、スターウォーズ・ローグワンでも観ようかと思ったら、上映後で終わってた。

しょうがないので、バイオハザード・ファイナルを3D4DXで観ることにした。

今までバイオハザードシリーズは一度も観たことがなかったのでいきなりファイナルかよって気がひけたが、ただの時間つぶしだからってことでチケットを購入。

KC3H0002201701131.jpg

席に座ってシートベルトを締めてとんでもない世界が待ってるのかと思いきや普通の椅子で期待感が半減。


映画が始まると、そこはもうホラーアクション映画にもってこいの振動やら効果音、水しぶきなどがたっぷりで期待通りの展開に。

水しぶきは尋常じゃないほどに顔面にヒットするので、たまらずにカップホルダーに設置されているボタンでOFFにしちゃいました。

KC3H0003201701132.jpg


映画の内容も面白い。ハリウッドって、脚本がいいよね。

無理やりのストーリー展開はハリウッドの十八番ってことでお約束で納得できるし。

ローラのハリウッド進出ってどんなものか興味あったが、単なるチョイ役じゃん。美人は得だな。

あ、それから、観るなら2Dの方がいいような気がします。

3Dって画面の動きにぜんぜんついていけてないような気がします。
だから、バイオハザードの細かい描写がぜんぜんイメージできないし、アクションなんかただの画面のちらつきでしかないように思うなぁ。
おっさんの動体視力が劣ってるってことなのかなぁ?


うーん、それでも大満足の時間つぶしでした。
Theme : 映画感想 * Genre : 映画 * Category : 暮らしの日記
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by 某音楽馬鹿
4DXっていまだによく分からんです、水とか出ると聞いても???って(笑)。
一度は行ってみたいと思ってるんで参考になります。

それにしてもバイオハザードお好きなんですか、最近のは観てないんですが1~2作目まではDVDで見てました。

スプラッタ映画で「血」が出てきたら遠方でも行くかも?。

* by フライヤーズポンタ
ゲーマーでもないんで、バイオハザードの世界観はまったくと言っていいほど知らないんですが、おどろおどろしいゾンビ映画とはまた違ってましたよね。
アクション映画に近いんですかね。

血もそんなに強調されてなかったような。

そうそう、血が飛び散るシーンなんかで、ライフルで吹っ飛ばされる瞬間に顔面にスプレーがかけられるとかいう特殊効果が使われるのが4DXみたいですよ。

次はVR映画へと進化するんでしょうから、追いついていくのがやっとですね。

個別記事の管理2017-01-14 (Sat)
220px-Warriors_of_the_World_(Manowar_album)_cover_art.jpg ★★★ JP盤

アメリカンHMバンドの9thアルバム。

前作「Louder Than Hell」発表から6年、実に待たされたアルバムだ。

前作発表後、精力的にツアーを廻って、ライブアルバムも発表し、絶対日本にも来てくれるもんだと信じていたが、それが叶わずに今作発表と相成ったわけだ。
だからこそ6年の月日がやたら長く感じ、アメリカ同時多発テロ事件が起こるなど、世界情勢も大きく変わっていた。

でも、MANOWARはブレナイ。

前作に引き続き、トンデモナイ名作を世に送り出してくれたもんだ。

発表当時は、前半に感傷的な曲調の曲を並べる曲順に難癖をつけたがる輩が多くいたもんだが、おっさんは気にならない。
むしろ、前半で思いっきりウエットな気分で心を揺り動かされておいて、後半から怒涛のフルスロットルでMANOWAR節でノックアウトされる形で良かったんだと思うんだけどね。

いきなりレクイエム行進曲のような①Call to armsでManowarの何たるかを叩きつけてくるところが流石だ。そして、ピアノの調べで語りかけてくる②The fight freedom、中盤からリズムマーチで小気味良く進むが、ちょっと尻切れトンボで終わるのが残念。③Nessum dormaは、オペラ「トゥーランドット」のアリアだ。⑤Swords in the windの壮大さと言ったら、もう鼻血ブーなんだけど、これも尻切れなんだよねぇ。⑥An american trilogyはカントリーソングをエルヴィス・プレスリーが唄って有名にした曲だそうですが、原曲もこんなに大仰なのかいな?⑦The march は重厚なオーケストレーションが美しい賛美歌なんだけど、合唱団のコーラスはあれども歌メロはありません、思わせぶりで終わっちゃうところがなぁ...。雰囲気が一変して男気メタルの世界へと突入、序章はゆったりとしたリズムで重々しく語る⑧Warriors of the world united だ。そして、イントロからギターが暴れまくる⑨Hand of doomでメタル魂を覚醒させられる。⑫Kill with power(Live)は日本盤ボートラで、1999年6月のミラノで録音したものだそうだ。

おススメは、“I believe”と“Dawn of battle”のボートラが収録されたGold Editionです。
買い直したいくらいだ。
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

このアルバム! * by グラハムボネ太郎
私はこれと『KINGS OF METAL』がマノウォーの最高傑作だと思います。何より修行しなくてよいアルバムですから(笑)

* by フライヤーズポンタ
一緒、一緒!!
感性だいぶ近いですよ。

ただ、間口が狭い自分はボネさんに到底及びません。

ガンバレ、ボネさん!!
もう少しでSILVERWINGに肩を並べられる位置まできてますよ。

Hail!!