2017/02/04

BLIND GUARDIAN 「A Twist in the Myth」

220px-Twistinmyth.jpg ★★ JP盤

独産パワーメタルバンドの8thアルバム。

ブラガといえば、これまでファンタジックなメタルドラマを演出してくれて、常に聴くものに感動を与えてくれていたわけだが、おっさんは前作「A Night at the Opera」はまったくダメだった。
何も感動できないし、とにかくアルバムそのものがつまらなかった。
ごめんなさい。そんなことない!!って仰るファンも多くいるとは思うんですけどね。

時代はとっくにメタル多様化の様相を呈し、この手の音楽はRHAPSODYが更なる派手さを増してやってくれていたので、ブラガを熱心に追いかける必要もなくなってきていた。

だから、前作からブラガへの熱は完全に醒めきって、今作が出てもまったく気にならなかった。

おっさんが完全無視を決め込んでいる時、日本のリスナーは好意的な反応を示していたようで、今作に伴う日本ツアーでも全国を廻り、LOUD PARK 07で再上陸を果たすという離れ業をやってのけている。
そんなことはまったく知らなかったんです。

ほんでもって、次作「At the Edge of Time」が発表されるタイミングで、ブラガ完全復活という巷の評判を聞くに至り、そういえば、「A Twist in the Myth」ってアルバムも出てたよな?って感じで次作を買う前に今作を手にしたというわけだ。

聴くと、自分の無視ぶりを恥じる力作で、ブラガそのものの音だった。もっと早く知るべきだったな。

イントロに大仰なSEなどなく、勢いよく①This will never endがスタート、1曲目からこれでもかってくらいにクワイアだらけです。②Otherland の壮大さと言ったら、もう。③Turn the page は古代のフォークダンスミュージックのようなリズミカルソング。④Fly は先の展開がまったく読めない面白い曲だ。⑤Carry the blessed homeでは、バグパイプが聴けるが、あくまでチョイ役、吹いているのは新加入となったフレドリック・イームク(Drs)だそうです。ブラガの真骨頂⑨Skalds and shadowsでは、フルートが鳴っちゃって、いかにもです。最後⑪The new orderもクワイアが壮麗ですが、あっけなく幕を閉じます。
静かめの曲⑫All the king's horsesは日本盤ボーナス、こっちの方がアルバムの最後を飾る曲って感じだなぁ。
2017/02/01

腰痛克服のために

慢性的な腰痛は20代のころからあったような気がするが、最近は体幹すべてが痛い。

首の付け根から股関節にかけて背骨から付属する部位は関節を動かしただけで痛い。

脊柱管狭窄症だか、坐骨神経痛だかよくわからんが、病院や接骨院に行く気にもならん。

TVで知った改善法として枕を使わないで、全身を伸ばした状態で寝る方法を試してみた。

改善どころか、ますます痛みが増した。


通勤時、電車待ちをしてる時、背筋を伸ばすと腰が痛い。

ほんじゃ、寝るときに腰をそり返して寝てみようってことで背中に枕を置いて寝ることにした。

背中枕

これがかなり効く。立ちっぱなしの通勤が少しは楽になった。


おっさんは姿勢が悪いし、極度の猫背だ。将来、腰が曲がるのは確実だ。

そうなりたくなければ、筋肉の衰えを阻止しなければならないらしい。


子供の誕生日に何が欲しいか聞いても、悩んでたのでワンダーコアを勧めてやった。

マインドコントロールが成功し、自宅にワンダーコア/スマートが届いた。

KC3H0001201701201.jpg

KC3H0002201701202.jpg


子供に負けずに使用頻度を増やして体幹を鍛えることにしよう。