個別記事の管理2017-02-25 (Sat)
poslightday.jpg ★★ US盤

スウェディッシュ・プログレメタルバンドの9thアルバム

最初に断っておきますが、おっさんはこのバンドに造詣が深いわけでもありませんし、3rd「The Perfect Element Ⅰ」と4th「Remedy Lane」しか所持しておりません。

5th「Be」がまったくダメで、それを手放してからそれ以降のアルバムにも食指は伸びずに今に至ります。
だから、どういう背景でこのアルバムが世に出てきたのかもさっぱりわかりませんし、では、なぜ買ったか?

それは、周囲の評判に他なりません。
発売前から売り手の宣伝もプログレメタルが帰ってきた云々で売り出してたし、発売後のカスタマーの反応も良かった。
そして、BURRN!のクロスレビューで最終確認することとしたわけだが、藤木先生(だっけ?)が75点をつけていて、一瞬買うのを躊躇った。

ダメだったら、すぐに手放せばいいやと思いつつ、アマゾンで買う好機を探していたが、輸入盤の割に2000円越えでしかも、ボーナスCD付きの2枚組しか流通していない。
ボーナスなしの通常盤が出るのを待ってたが、一向に出る気配がなさそうなので、タワーレコードを見たら、セール期間ということでアマゾンよりも安く、しかもCD1枚組と記載されているので、ようやく買えた。

手元に届いてビックリ。2枚組のスペシャルエディションじゃんよぉー。
まあ、配送料もなく、ほんのちょっと安く買えたんで良しとしよう。

聴いた第一印象は、藤木先生が75点を付けるのも是非に及ばずって感じでした。「ボクにはキツイです。」と文末で述べていたが、よーくわかります。

①On a Tuesdayの小刻みにリズムをつくりだすギターリズムが始まるや歓喜に包まれるわけだが、聴き進めていくうちに浮き沈みの小さいドラマに胸躍らない自分がいるんです。
PoSの魅力ともいうべき、圧巻の演奏力と突拍子もないリズム変換とスネアやタムかトムかどっちかわからんものとバスドラのリズムが合っていないかのような摩訶不思議なドラミングなどに新進気鋭のプログレメタル魂がこれでもかってくらいに展開するんですが、すべてが暗い。暗すぎる。

聞いた話によると、バンドのオーナーとも言えるダニエル・ギルデンロウ(Vo/G)が感染症によって入院を余儀なくされ、死の淵を彷徨った経験からダークネスアルバムが誕生したということだ。
健康に勝るものはなし。
それにしても暗いんですよ。バンド活動が再開でき、再度ツアーを廻れるという喜ばしい経験を踏んだ次作は逆に明るすぎる作品になるんかなぁ?期待しちゃったりして。

「Road Salt」シリーズ後にドラム以外のメンバーを一新して臨んだリメイク作品「Falling Home」からバンドメンバーは替わっていない。
ギルデンロウの絶望感をバンドメンバーは共有してるはずで、そのケミストリーは今作で発揮されていると思います。
だって、この陰鬱感をバンドアンサンブルで表現しますよってリーダーに言われたところで、なかなか着いていけないと思いますよ。

3rdと4thにあったような鳥肌が立つようなドラマ感はないかもしれないが、時間を忘れて聴き続けて71分も収録時間があったなんて思わせないマジックが存在します。

もう、ヘヴィロテですわ。

① On a Tuesday
② Tongue of God
③ Meaningless
④ Silent Gold
⑤ Full Throttle Tribe
⑥ Reasons
⑦ Angels of Broken Things
⑧ The Taming of a Beast
⑨ If This Is the End
⑩ The Passing Light of Day


で、ボーナスCDなんですが、どうも曲解説をしつつデモが収録されてるみたいなんですが、英語がまったくわかりませんので、全部聞いてません。
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by 某音楽馬鹿
前に言われてたコレ買われたんですね、試聴した感じではかなり良さそうなんで中古で出てないか探し始めました。

私も初期作品をBURRN!の当時のレビューにつられて買ったくらいで最近はスルーしてましたが、本当にこれは良さそうですよね~。

* by フライヤーズポンタ
どなたかのレビューでは、マリリオンの「Brave」並みに凄いらしいですよ。