個別記事の管理2017-03-18 (Sat)
CradleofFilthCruelty_and_the_Beastalbumcover.jpg ★★★ JP盤

英国産エクストリームブラックメタル・バンドの3rdアルバム

ジャケットの絵は、貞子がバスタブに浸かっているわけではない。

今作は、血の伯爵夫人と呼ばれたハンガリー王国の貴族、エリザベート・バートリ(バソリー)を焦点にあてたコンセプトアルバムとなっている。バートリに関しては、ここでは詳細を書かないが、自身が犯した猟奇事件の裁判後に幽閉された部屋で死亡したのが1614年のこと。そのころ、日本では江戸幕府が開かれた後、徳川vs豊臣の戦端が切られた大坂冬の陣の時代である。

時代的なものを妄想するに、淀殿が大坂城の暗黒世界でトチ狂ってて、日々、侍女や誘拐してきた町人の娘たちをなぶり殺していたという感じだったのでしょうかね。

どなたか、バートリ夫人伝説を淀殿に置き換えて、エロチック・変態・耽美・官能映画として制作していただけませんか~?
淀殿を○蜜さんにと言いたいところですが、意外性で、石○さとみさんと綾○はるかさんを強く推します。真○よう子さんは既に脱いじゃってるんで、面白みがまったくないもんね。おっと、いけね。

2nd「Dusk... and Her Embrace」で日本デビューを飾り、堅物なおっさんをも魅了したCoFは、1997年12月に初来日を果たす。
行ってないのでその様子はわかりませんが、きっと興奮の坩堝と化した会場の様子を容易に想像できる。その余韻に浸る間もなくこのニューアルバムが届けられたという当時の状況だったんでしょう。

2ndでこのバンドがどういった進化を辿るのかを気にしていたおっさんは発売と同時にCDショップで手にしたのを今でも覚えている。
ジャケットのアーティスティック性といい、IRON MAIDENのカヴァーを聴いてみたいというのがオプショナルとして心を動かせたひとつのアイテムとなっていました。

前作よりも耽美性が強調され、作曲センスも磨かれていることは間違いなし。
月明かりの少ない真夜中に聴くのにもってこいの激烈音楽がここにある。

① Once Upon Atrocity
② Thirteen Autumns and a Widow
③ Cruelty Brought Thee Orchids
④ Beneath The Howling Stars
⑤ Venus in Fear
⑥ Desire in Violent Overture
⑦ The Twisted Nails of Faith
⑧ Bathory Aria:
    Benighted Like Usher
    A Murder of Ravens in Fugue
    Eyes That Witnessed Madness
⑨ Portrait of the Dead Countess
⑩ Lustmord and Wargasm (The Relicking of Cadaverous Wounds)
⑪ Hallowed Be Thy Name
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by 某音楽馬鹿
これは今でもファンの人の間で人気の作品ですよね~。
ブラックメタルにしてはシンフォニックな新感覚の音で後から登場するバンドに影響を与えたと思います。

これの発売が1998年なんでもうすぐ20年という事実に気付くと驚きでジャケの人みたいな表情になってしまいそう(笑)・・・。

シンフォニックなのが苦手でもこれはホラーというか恐怖映画っぽいのとスラッシュ的な激しさがあるんで気持ちよく聴けます。

* by フライヤーズポンタ
20年ですか!
時が経つのは早いですね。

単なるデスヴォイスと違う独特な歌い方が好きですね。

ただただグロール一辺倒のデス系にはついていけません。

個別記事の管理2017-03-11 (Sat)
220px-Jawsodeath.jpg ★★ JP盤

独産パワーメタルバンドの2ndアルバム

マット・シナー(B)が自身のバンドSINNER以外で息抜きするサイドプロジェクトとして始動したんだと思うんだけど、デビューアルバム発表から間隔を開けずに2枚目が制作された。
ラルフ・シーパース(Vo)とやってみて、よほど手ごたえがあったのだろう。

前作「Primal Fear」では、ギタリストが一人だったので、GAMMA RAYのカイ・ハンセンに手伝ってもらっていたが、今作からは新たなギタリストが加入してダブルギター編成となっている。

だからってわけじゃないんだろうけど、ソリッド性が増してこれぞHMというアンセムソングをこれでもかってくらいに叩き付けられる。
SEも適材適所に効果的に使われてゾクゾクすること間違いなし。

① Jaws of Death
② Final Embrace
③ Save a Prayer
④ Church of Blood
⑤ Into the Future
⑥ Under Your Spell
⑦ Play to Kill
⑧ Nation in Fear
⑨ When the Night Comes
⑩ Fight to Survive
⑪ Hatred in My Soul
⑫ Horrorscope
 日本盤ボーナス

前作では、“Speedking”のカヴァーをやっていて、今作の洋盤ではRAINBOW“Kill the king”のカヴァーをやってるみたいです。
誰のチョイスか知らないが、リッチー・ブラックモアが大好きって音楽をやってないような印象なんだけど、リッチーってやっぱカリスマなんだろうなぁ。

そっちを聴いてみたい人は輸入盤をゲットした方がいいでしょう。
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2017-03-04 (Sat)
220px-Primalfear1998.jpg ★★ JP盤

独産パワーメタルバンドの1stアルバム

GAMMA RAYを脱退したラルフ・シーパース(Vo) とSINNERの親分マット・シナー(B)が組んだプロジェクトバンド。

ロブ・ハルフォードが脱退したJUDAS PRIESTのオーディションをラルフが受けていたことはあまりにも有名な話。

そのオーディションに落選した結果生まれたプロジェクトなのかどうかは知りませんが、この後もコンスタントにアルバム制作を続け、マットもこっちに本腰を入れるようになっちゃうんだから、二人のケミストリーは良好に作用し、相思相愛の絆みたいなのがこの時から芽生えていたんでしょう、きっと。

ただ、ライナーノーツを読む限り、実はラルフが接近したのはトム・ナウマン(G) の方であって、ついでにマットを誘ったというのが実話だったらしい。
想像とは勝手に解釈されるもんで、それを活字にしたものがインターネットで曝されるわけだから、実に信憑性がないものだとわかりますね。
他人の戯言を鵜呑みにするのは実に怖い。とくに、おっさんのこのブログ、ウソだらけだったりして...。

ラルフの元さやと独産バンドであるということで、いわゆるHELLOWEENフォロワー的なジャーマンメタルを想像しちゃいますが、どちらかというとACCEPT型の鋼鉄メタルです。

① Primal Fear
② Chainbreaker
③ Silver & Gold
④ Promised Land
⑤ Formula One
⑥ Dollars
⑦ Nine Lives
⑧ Tears of Rage
⑨ Speedking
⑩ Battalions of Hate
⑪ Running in the Dust
⑫ Thunderdome


なんと、ゲストミュージシャンとしてGAMMA RAYのカイ・ハンセン(G) がギターソロをプレイしている曲があります。

みんな、仲いいですね。
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by 某音楽馬鹿
私が知ってる感じだとプリーストに落ちたラルフさんを見かねてマットさんが声をかけた~みたいな事言ってるインタビュー読みましたけど、正確なところはちょっと分かりませんね。

ついでと言うには作曲能力あり過ぎなミュージシャンなんで大物が釣れたっていう感じでしょうか?。

そういえばシナーの方ももうすぐ新作が出るんで楽しみです。

* by フライヤーズポンタ
何れにせよ、マットもラルフもメタル界には居なくてはならない存在ですよね。
その二人が今後も鋼鉄魂を世に送り出し続けてくれることを願ってやみません。

さすが某音さん、SINNERの方もご所望とは。
SINNERはACCEPTの次にジャーマン鋼鉄軍団としては古い存在ですからね。
って、自分は1枚も持ってないんですが...。