個別記事の管理2017-04-29 (Sat)
220px-Acstoo.jpg ★★ JP盤

米国産ショックロッカーの19thアルバム

直前ではQUEENSRYCHEやRUSHのアルバムを手掛けていた職人ピーター・コリンズをプロデューサーに迎え、前作「Trash」同様、有名ミュージシャンを多数使って仕上げたビッグプロダクションのアルバムがこれだ。

基本的な録音メンバーは元Y&Tのステフ・バーンズ(G)、今やBON JOVIの影のバンドメンバーであるヒュー・マクドナルド(B)、ヴェテランミュージシャンに人気のセッションドラマー・ミッキー・カーリー(Drs)だったみたいです。

参加ミュージシャンは、オジー・オズボーン(Vo)スラッシュ(G)ジョー・サトリアーニ(G)スティーヴ・ヴァイ(G)ヴィニー・ムーア(G)ミック・マーズ(G)ニッキー・シックス(B)などなど、超豪華。
それだけアリス・クーパー(Vo)をリスペクトするミュージシャンが多いってことでしょう。

ほとんどの曲でデズモンド・チャイルドジム・ヴァランスなどのヒットメイカーや若手ミュージシャンやケリー・キーリングアル・ピトレリスティーヴ・ウェストなどのどっかのバンドで名前のあるミュージシャンとの共作がなされており、ヒット作狙いだったのが一目瞭然だ。

ピーターの音作りもピカイチだ。実にクリアな音世界が広がっている。
ポップな仕上がりだった前作よりもよりハードになってます。キャッチ―さで言えば、前作に引けを取ることはまったくないのでご心配なく。

ただ、時代はバブルがはじけ、湾岸戦争以降の大不況時代へと突入し、アメリカ市場ではオルタナ/グランジブーム真っ只中。どれほど人気が出たか覚えていないが、Operation Rock N' Roll Tourと題してJUDAS PRIEST、MOTORHEADMETAL CHURCHDANGEROUS TOYSなどとのカップリングツアーが評判になってたんで、メタルもあの手この手で元気だったみたいだ。

おっさんもこのゴージャスロックに歓喜してヘヴィーローテーションしていたのは言うまでもない。

① Hey Stoopid
② Love's a Loaded Gun
③ Snakebite
④ Burning Our Bed
⑤ Dangerous Tonight
⑥ Might as Well Be on Mars
⑦ Feed My Frankenstein
⑧ Hurricane Years
⑨ Little by Little
⑩ Die for You
⑪ Dirty Dreams
⑫ Wind-Up Toy
⑬ It Rained All Night


祝!LOUD PARK 17参戦!!
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by 某音楽馬鹿
これってヒュー・マクドナルドさんも参加されてましたか、クレジットあんまり読んでなかったんで気付きませんでした、それにゲストで有名な人達が沢山参加してるし賑やかな作品ですよね。

それにしてもこのアルバムの時点で19作目っていうのが凄いです、今現在何作目くらいなんでしょうか(笑)。

* by フライヤーズポンタ
アリスは本来、魔女なんですけどね。

ロック野郎全開で、ロックが大好きなんですよーーー、きっと。

新作は同窓会メンバーでやってるんで、どんな音になるのか興味津々です。